半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2012.10)
消費者調査 No.160 スマートフォン(2012年10月版)
auとソフトバンク、iPhone 5対決!
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(ZIP形式・会員サービス)
 2012年9月21日に発売されたApple社のiPhone 5は、発売後3日間で世界販売500万台を突破し、2011年秋発売の前機種「iPhone 4S」(同期間で400万台以上)を上回りました。
 今回は、当社が任意に選んだ26のスマートフォンについて、「知っている(認知)」、「広告を見た(広告接触)」、「店頭で見た(店頭接触)」などの項目をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングは、auとソフトバンクから発売された「iPhone 5」が、現在所有を除く全ての項目で首位争いを演じた。
 ソフトバンクの「iPhone 5」は、3ヶ月内広告接触ではauの「iPhone 5」に11.6ポイントという差をつけたものの、3ヶ月内の情報収集や店頭接触、今後の意向などでは差は2~3ポイント程度にとどまり、僅差とはいえ、広告のインパクトを計る指標である3ヶ月内広告接触社ベースの購入意向など、auの「iPhone 5」が首位を獲得した項目もみられる。
 調査時期が「iPhone 5」から約3週間後だったことも手伝い、「iPhone 5」が圧倒的な強さをみせたが、Andoroid陣営では、ドコモの「GALAXY S シリーズ(サムスン電子)」「Xperia シリーズ(ソニーモバイルコミュニケーションズ)」が現在所有、今後の意向などで好順位をキープしている。

 2008年の「iPhone 3G」から「iPhone」シリーズを販売してきたソフトバンクではあるが、今回「iPhone 5」の発売にあたり、高速通信規格「LTE」への対応やテザリングの導入において「iPhone」販売が2011年からのauに先行を許し、2012年9月のナンバーポータビリティによる転入数はauの圧勝となった。
 爆発的な人気となった「iPhone 5」だが、高速通信帯の確保や販売条件などキャリアへの負担も大きい。さらに、携帯キャリア最大手のドコモも、Andoroidスマートフォンへの注力を強め、多彩なモデルを展開するとともに、現行の高速通信規格「LTE」よりもさらに高速なサービスの提供を発表するなどの施策を打ってきている。
 ソフトバンクとauの「iPhone 5」をめぐる競争が、さらにスマートフォン市場のパイを拡大しての成長になるか、Andoroidユーザーを取り込んでの拡大にとどまるか、あるいは双方の「iPhone」ユーザーを奪い合うだけの消耗戦になるのか。目の離せない展開が続くといえる。

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。








【提示26機種】
  • ドコモ GALAXY S シリーズ (サムスン電子)
  • ドコモ GALAXY Note (サムスン電子)
  • ドコモ Xperia S / SX / GX / ac(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
  • ドコモ Xperia ray / mini / acro /(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
  • ドコモ ARROWS シリーズ (富士通モバイルコミュニケーションズ)
  • ドコモ ELUGA シリーズ (パナソニック)
  • ドコモ LUMIX シリーズ (パナソニック)
  • ドコモ REGZA Phoneシリーズ (富士通)
  • ドコモ AQUOS PHONE si (シャープ)
  • ドコモ MEDIAS X (NECカシオモバイルコミュニケーションズ)
  • ドコモ Optimus シリーズ (LGエレクトロニクス)
  • ドコモ Ascend (Huawei)
  • ドコモ らくらくスマートフォン (富士通)
  • ソフトバンク iPhone 4 / 4S (アップル)
  • ソフトバンク iPhone 5 (アップル)
  • ソフトバンク AQUOS PHONEシリーズ (シャープ)
  • ソフトバンク ARROWS A (富士通モバイルコミュニケーションズ)
  • ソフトバンク PANTONE 5 (シャープ)
  • au iPhone 4S (アップル)
  • au iPhone 5 (アップル)
  • au AQUOS PHONE シリーズ (シャープ)
  • au ARROWS シリーズ (富士通モバイルコミュニケーションズ)
  • au Xperia シリーズ(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
  • au GALAXY S II (サムスン電子)
  • イー・モバイル GS03 (Huawei)
  • イー・モバイル Dell Streak Pro (DELL)

【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2012年10月15日~17日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,043サンプル
サンプル構成(%)




お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.05.27

企業活動分析 ゼンショーの23年3月期は主力の外食の生産性向上などで増収増益

2024.05.24

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

2024.05.23

24年3月の「商業動態統計調査」は37ヶ月ぶりのマイナスに

2024.05.22

戦略ケース 三越伊勢丹の復活は本物か

2024.05.22

24年3月の「旅行業者取扱高」は19年比で94%に

2024.05.21

24年4月の「景気の現状判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.05.21

24年4月の「景気の先行き判断」は6ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.05.20

企業活動分析 日清製粉グループの23年3月期は二桁の増収増益

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

週間アクセスランキング

1位 2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

3位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

4位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

5位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area