日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.279
コーヒー飲料(2018年10月版)
クラフトボス、ジョージア ジャパンクラフトマン。ペットボトルコーヒー躍進





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2017年のコーヒー飲料市場は前年比2.8%増(出所:全国清涼飲料連合会 生産量ベース)で、なかでも2017年に登場したパーソナルサイズのペットボトルコーヒーの成長が著しい。

 今回は、当社が任意に選んだコーヒー飲料28ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って飲んだことがある(経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事を見たことがある(広告接触)」「店頭などで見たことがある(店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月内購入)」、さらに「今後(も)飲みたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回のランキングでは、前回(2017年10月版)前々回(2016年6月版)と同様に、「BOSS(サントリー)」が7項目中6項目でトップを獲得、それを「ジョージア(日本コカ・コーラ)」が追う展開となった。

 今回の注目は、2017年4月に発売され、1年で1,500万ケースを売り上げるヒット商品となったパーソナルサイズのペットボトル入りコーヒー飲料、「クラフトボス(サントリー)」である。「クラフトボス」は、

            今回    前回
  • 飲用経験   21.7%   9.2%
  • 3ヶ月内飲用  15.3%   6.1%
  • 今後の意向  16.7%   8.0%

と大きく評価を上げ、ユーザーのロイヤリティの指標である再購入意向では、前回の6位から一挙に首位に躍り出た。

 後発のペットボトルコーヒーも健闘している。今年4月に発売された日本コカ・コーラの「ジョージア ジャパンクラフトマン」は、広告接触、3ヶ月内購入で7位、再購入意向では3位に食い込んだ。

 缶コーヒーを中心としたコーヒー飲料の需要期は、従来秋冬が中心であったが、すっきりした口当たりで若年層や女性層の取り込みに成功した「クラフトボス」は昨夏、水や無糖茶に近い動きを示したという。メーカー各社も、水出し抽出ですっきりした味わいを訴求する「ジョージア ジャパンクラフトマン」や、国産茶葉を掛け合わせ、お茶のようにゴクゴク飲みやすさを追求した「ワンダ TEA COFFEE(アサヒ飲料)」など差別化を図った新製品を投入してきている。ペットボトルで新たなターゲットやオケージョンを獲得し、さらなる成長を目指すコーヒー飲料市場から目が離せない。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示28ブランド】
  • BOSS(ボス) 缶コーヒー(サントリー)
  • CRAFT BOSS(クラフトボス)(サントリー)
  • ROOTS(ルーツ)(サントリー)
  • ジョージア(日本コカ・コーラ)
  • ジョージア ジャパンクラフトマン(日本コカ・コーラ)
  • キリンファイア(キリンビバレッジ)
  • 世界のkitchenから 麦のカフェCEBADA(キリンビバレッジ)
  • タリーズコーヒー(缶)(伊藤園)
  • ドトール カフェ・オ・レ(アサヒ飲料)
  • ワンダ(アサヒ飲料)
  • ワンダ TEA COFFEE(アサヒ飲料)
  • ポッカコーヒー(ポッカサッポロ)
  • アロマックス(ポッカサッポロ)
  • がぶ飲みミルクコーヒー(ポッカサッポロ)
  • UCC ミルクコーヒー(UCC 上島珈琲)
  • UCC THE COFFEE(UCC 上島珈琲)
  • UCC BLACK 無糖(UCC 上島珈琲)
  • UCC BLACK COLD BREW PET(UCC 上島珈琲)
  • BEANS & ROASTERS(UCC 上島珈琲)
  • ブレンディ―タグゴー(AGF)
  • ダイドーブレンドコーヒー(ダイドードリンコ)
  • ダイドーブレンドコーヒーギンレイ(ダイドードリンコ)
  • スターバックスディスカバリーズ(スターバックス)
  • マウントレーニア(森永乳業)
  • ドトールチルドカップ(メイトー)
  • セブンプレミアムカフェラテ(セブン&アイ)
  • ウチカフェマイカップドリンク(ローソン)
  • ファミリーマートコレクションのコーヒー


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年9月7日~12日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,018サンプル
サンプル構成(%)



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>キャッシュレス決済(2019年4月版)<br>Suica、WAON、nanaco、上位に満足度で食い込むQRコード決済
消費者調査データ
キャッシュレス決済(2019年4月版)
Suica、WAON、nanaco、上位に満足度で食い込むQRコード決済

政府主導で普及が進みつつあるキャッシュレス決済。市場規模も高い伸びが見込まれている。今回の調査では、多くの項目で交通系の「Suica」、流通系の「WAON」が上位を争う展開となった。QRコード決済では「PayPay」が認知度が圧倒的だが、利用可能チャネルの少なさから浸透度は低い。新たなサービスが続々登場する中、成長市場の覇者となるのはどれか。今後の市場に注目したい。

消費者調査データ<br>飲むヨーグルト・乳酸菌飲料(2019年4月版)<br>接戦のロングセラー、ブルガリアのむヨーグルト、R-1、カルピスウォータ
消費者調査データ
飲むヨーグルト・乳酸菌飲料(2019年4月版)
接戦のロングセラー、ブルガリアのむヨーグルト、R-1、カルピスウォータ

ヨーグルト、乳酸菌飲料ともに市場は堅実な動きを見せている。今回の調査では、「明治ブルガリアのむヨーグルト」などのロングセラーが上位を独占した。高齢化や健康志向を背景に、腸内環境の改善に有効とされる乳酸菌飲料やヨーグルトへの受容性は高止まりしている。ポテンシャルのある市場だけに、再びの伸びの起爆剤になる商品が登場するかが注目される。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>QRコード決済、一過性のブームに終わるのか?
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
QRコード決済、一過性のブームに終わるのか?

100億円還元など大々的なキャンペーンでにわかに注目を集めているPaypayなどのQRコード決済。実際の利用状況はどうなのか、調査した。見えてきたのは、利便性やポイント還元などのメリットの一方、セキュリティ面などが利用の障壁になっているということだ。今後QRコード決済が定着するためには、セキュリティ面での不安や利便性を改善していく必要がありそうだ。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.