半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.275
スポーツドリンク・熱中症対策飲料(2018年8月版)
アクエリアス、ポカリスエット、強い定番、追うグリーンダカラ



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2017年のスポーツドリンクの市場は前年比94.9%で、ダウントレンドが続いている(生産金額ベース 全国清涼飲料工業会)。

 今回は、当社が任意に選んだ26ブランドのスポーツドリンク・熱中症対策飲料について、「知っている(認知率)」「3ヶ月以内に広告を見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭でみた(店頭接触)」「買って飲んだことがある(購入経験)」「3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月以内購入)」「今後(も)買って飲みたい(利用意向)」「購入経験者ベースの今後の購入意向(再購入意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、7項目中6項目で「アクエリアス(日本コカ・コーラ)」が首位、僅差もしくは小差で「ポカリスエット(大塚製薬)」追う展開となった。3位以下には、大きな差をつけられているものの、「GREEN DA・KA・RA(サントリー)」と「アクエリアス ゼロ」が続いている。

 「アクエリアス」は、7項目中6項目で首位、唯一首位を譲った再購入意向でも、トップの「アクエリアス ゼロ(日本コカ・コーラ)」との差は1.4ポイントで、スポーツドリンクのシェアNo.1の強さをみせた。

 「ポカリスエット」は、6項目で首位の「アクエリアス」とはおおむね5ポイント以下の2位、再購入意向ではトップと1.8ポイントという僅差の3位で、1980年発売というロングセラーらしい堅実な結果となった。

 上位2位はロングセラーのスポーツドリンクだが、3位グループは熱中症対策を訴求する「GREEN DA・KA・RA」や「アクエリアス ゼロ」などが入った。

 ここ数年は特に、熱中症の周知が進むとともに塩分と水分補給の重要性が浸透し、加糖のスポーツドリンクだけでなく、塩分を含む熱中症対策飲料や、日常生活でも飲みやすい糖類ゼロやカロリーゼロなどの商品の人気が高まっている。記録的な猛暑だった今年の7月に続き、8月も連日の猛暑となったことから、スポーツドリンクをはじめとした飲料市場は活況を呈している。無糖茶飲料やミネラルウォーター類とも厳しい競争が予想されるものの、市場の拡大や、新しいヒット商品の誕生が期待される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示26ブランド】
  • アクエリアス(日本コカ・コーラ)
  • アクエリアス ゼロ(日本コカ・コーラ)
  • アクエリアス クリアウォーター(日本コカ・コーラ)
  • アクエリアス 経口補水液(日本コカ・コーラ)
  • ポカリスエット(大塚製薬)
  • ポカリスエット イオンウォーター(大塚製薬)
  • 経口補水液オーエスワン(大塚製薬)
  • アミノバリュー(大塚製薬)
  • DAKARAフレッシュスタート(サントリー)
  • 塩ダカラ(サントリー)
  • GREENDA・KA・RA(サントリー)
  • ビタミンウォーター(サントリー)
  • キリン ラブズスポーツ(キリン)
  • アミノバイタル(キリン)
  • キリン サプリ(キリン)
  • アサヒスーパーH2O(アサヒ飲料)
  • 塩JOY(エンジョイ)サポート(ポッカサッポロ)
  • スポーツウォーター(ポッカサッポロ)
  • ヴァームウォーター(明治)
  • 明治アクアサポート(明治)
  • miuプラススポーツ(ダイドードリンコ)
  • ライフガード(チェリオ)
  • 熱中対策水(赤城化成)
  • セブンプレミアムスポーツドリンク
  • トップバリュスッキリ飲みやすいスポーツドリンク(イオン
  • みなさまのお墨付きスポーツドリンク(西友)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年6月8日~12日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,031サンプル
サンプル構成(%)




おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.14

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

2024.06.10

企業活動分析 ユニ・チャームの23年12月期は、23年12月期は増収増益、売上高は7年連続で過去最高を更新

2024.06.10

企業活動分析 ポーラ・オルビスの23年12月期は増収増益、主力ブランドがけん引

2024.06.07

消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」

2024.06.06

24年4月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.06.06

24年3月の「現金給与総額」は27ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.06.05

24年5月の「乗用車販売台数」は5ヶ月連続で前年割れに

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2024.05.29

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター なぜ今、若い男性は銭湯にハマるのか?

4位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

5位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area