半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.274
ミネラルウォーター類(2018年7月版)
天然水、フレーバーウォーターともサントリー天然水、い・ろ・は・すが上位に



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2017年のミネラルウォーター類の市場は、前年比2%増で、5年連続で過去最高を更新した(日本ミネラルウォーター協会)。

 今回は、当社が任意に選んだミネラルウォーター類(ミネラルウォーター・フレーバーウォーター)35ブランドについて、「知っている(認知率)」、「飲んだことがある(経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事を見たことがある(広告接触)」「店頭などで見たことがある(店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月内購入)」、さらに「今後(も)飲みたいと思う(今後意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、7項目中6項目で「サントリー 天然水(サントリー)」が首位を獲得。同じく6項目で「い・ろ・は・す(日本コカ・コーラ)」が2位を獲得したが、そのすべてで5ポイント以上の差をつけられており、シェアトップを維持し続ける「サントリー 天然水」の強さが目立つ結果となった。

 ここ数年、ミネラルウォーター類市場の伸びをけん引してきたフレーバーウォーターをみると、上位には、「い・ろ・は・す フレーバーウォーター(白桃、みかんなど)」と「サントリー 天然水 フレーバーウォーター(朝摘みオレンジ、はちみつレモンなど)」が上位にランクイン、接戦を繰り広げている。プレーンの天然水、フレーバーウォーターともに「サントリー 天然水」ブランドと「い・ろ・は・す」ブランドが上位をしっかり固めている。

 また、ユーザーのロイヤリティの指標である再購入意向をみると、「サントリー 天然水」は3位、「サントリー 天然水 フレーバーウォーター」は11位、「い・ろ・は・す 天然水」は8位、「い・ろ・は・す フレーバーウォーター」は7位にランクインしている。すべて、母数は250以上かつ再購入意向が50%を超えており、固定ファンが育っていることがわかる。また、再購入意向上位には母数は少ないながらCVSのPBが2点、「ファミマの天然水(ファミリーマート)」と「ナチュラルウォーター(ローソン)」が入っている。NBに比べて手ごろな価格であることが再購入意向につながっている可能性もある。

 堅調に拡大しているミネラルウォーター類の市場であるが、市場の競争は激しい。メーカー各社は、天然水(プレーン)市場に向けては「厳選された水源、採水地」や「独自のろ過方法」などの価値を訴求するとともに、フレーバーウォーターには、紅茶やラテなどの目新しいフレーバー投入が続く。2018年夏は近年でもまれな猛暑でミネラルウォーター類市場は拡大が期待されるが、どのブランドが市場の牽引車となるかが注目される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示35ブランド】
  • い・ろ・は・す フレーバーウォーター(日本コカ・コーラ)
  • サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA(サントリー)
  • サントリー天然水 フレーバーウォーター(サントリー)
  • キリン 晴れと水 手摘みレモン(キリン)
  • アサヒ クリアラテ from おいしい水(アサヒ飲料)
  • アサヒ おいしい水プラス 「カルピス」(アサヒ飲料)
  • miu のフレーバーウォーター(ダイドードリンコ)
  • レモンの雫(ポッカサッポロ)
  • 北海道余市産白ぶどう&天然水(ポッカサッポロ)
  • サントリー天然水(サントリー)
  • アサヒ おいしい水(アサヒ飲料)
  • ボルヴィック(キリン)
  • キリン アルカリイオンの水(キリン)
  • キリン 晴れと水(キリン)
  • キリンのやわらか天然水(キリン)
  • 富士山麓のおいしい天然水(ポッカサッポロ)
  • 森の水だより(日本コカ・コーラ)
  • い・ろ・は・す 天然水(日本コカ・コーラ)
  • miu おいしい水(ダイドードリンコ)
  • フロムアクア(JR東日本)
  • 天然アルカリ温泉水財宝(財宝)
  • 日田天領水
  • ゲロルシュタイナー
  • ヴィッテル
  • エビアン
  • コントレックス
  • ペリエ
  • クリスタルガイザー
  • サンペレグリノ
  • ボルヴィック
  • セブンプレミアム天然水(セブン&アイ)
  • ファミマの天然水(ファミリーマート)
  • ナチュラルウォーター(ローソン)
  • トップバリュベビーナチュラルミネラルウォーター(イオン)
  • みなさまのお墨付き 天然水(西友)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年7月6日~12日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,044サンプル
サンプル構成(%)




おすすめ新着記事

大きく変貌するサブカルタウン中野に、ビッグなビジネスチャンス到来!
大きく変貌するサブカルタウン中野に、ビッグなビジネスチャンス到来!

サブカルの聖地、中野。最近ではアニメや漫画とのタイアップによって、ブランドづくりに活用する事例もみられ、サブカルへの注目度も高まっている。そんな中、サブカルタウン中野で、かつてない大規模な再開発計画が進行中。多種多様な人種が行き交う"文化の交差点"は、ビジネス機会をうかがう場としても目が話せない注目のエリアだ。

カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ
カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ

2020年のスナック菓子市場は小売金額ベースで前年比1.8%増と、堅調な動きを続けている。今回の調査では、認知、購入経験でカルビーの「ポテトチップス」が圧倒的な強さをみせた。店頭接触や3ヶ月以内購入などでは「かっぱえびせん」「ポテトチップス(湖池屋)」が高い評価を得ているが、再購入意向では流通PBが上位に食い込んできた。

広く浸透する食品PB、高まる品質評価
広く浸透する食品PB、高まる品質評価

近年、多くの流通企業がプライベートブランドを拡大してきた。今回は、食品を中心としたPBが生活者にどのように捉えられているのか調査を行った。その結果、1年以内の購入率が9割を超えるなど生活に広く浸透していること、ナショナルブランドと比較しても品質に遜色がない一方、お得感があるなどの評価を得ていることがわかった。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.