日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.268
飲むヨーグルト・乳酸菌飲料(2018年4月版)
強いロングセラー、固定ファンつかむ機能訴求型商品





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2017年度の飲むヨーグルト市場は前年度比5%程度、乳酸菌飲料市場は4~7%程度の伸びがみこまれている。

 今回は、当社が任意に選んだ28の飲むヨーグルト・乳酸菌飲料について、「知っている(認知率)」「3ヶ月以内に広告を見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭でみた(店頭接触)」「買って飲んだことがある(購入経験)」「3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月以内購入)」「今後(も)買って飲みたい(利用意向)」「購入経験者ベースの今後の購入意向(再購入意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、来年発売100周年を迎える乳酸菌飲料の「カルピス(アサヒ飲料)」が、認知、店頭接触、購入経験、3ヶ月内購入、今後の購入意向など7項目中5項目で首位を獲得、特に、購入経験で53.1%と過半数の人が「買って飲んだことがある」と答えるなど、ロングセラーらしい強さをみせた。

 飲むヨーグルトでは、「明治ブルガリアのむヨーグルト」が、店頭接触、購入経験、今後の意向で2位、3ヶ月内購入でも2位との0.8ポイント差の3位となるなど、こちらもヨーグルト市場のトップブランド(プレーンなどを含む「明治ブルガリアヨーグルト」全体でヨーグルト市場の3割を占める)の強さをみせた。

 一方、ユーザーのロイヤリティの指標である再購入意向では、機能性を訴求した「明治プロビオヨーグルトR-1」ブランドの飲むヨーグルトである「明治プロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプ(明治)」が首位を獲得した。「明治プロビオヨーグルトR-1」は、消費者調査No.267 ヨーグルトでも再購入意向で首位を獲得しており、はっきりした特徴が固定ファンをつかんでいるとみられる。再購入意向の2位以下をみても、「胃で働く乳酸菌」をコピーにした「明治プロビオヨーグルトLG21 ドリンクタイプ」、特定保健用食品の「NEWヤクルト(ヤクルト本社)」、機能性表示食品の「恵megumi ガセリ菌SP株ヨーグルトドリンクタイプ(雪印メグミルク)」など健康志向の商品が上位を独占した。

 乳酸菌の効果への関心を背景に拡大したヨーグルトの市場では、より手軽に乳酸菌をとることができることから、飲むヨーグルトへのシフトが起こっている。同じ理由から乳酸菌飲料も市場が拡大してきている。乳酸菌のさまざまな効能への期待は依然として高いとみられ、各社も積極的に飲むヨーグルトを市場投入する考えだ。今後も市場の牽引車としての役割が期待されている。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示28ブランド】
  • New ヤクルト(ヤクルト本社)
  • カルピス(アサヒ飲料)
  • 森永マミー(森永乳業)
  • コーラスウォーター(森永乳業)
  • 日本ルナのスムージー(日本ルナ)
  • ラブレ(カゴメ)
  • 生きて腸まで届くビフィズス菌(カゴメ)
  • ピルクル(日清ヨーク)
  • 明治ブルガリアのむヨーグルト(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトLG21 ドリンクタイプ(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプ(明治)
  • 明治プロビオヨーグルトPA-3 ドリンクタイプ(明治)
  • ビヒダスのむヨーグルト(森永乳業)
  • ラクトフェリンドリンクヨーグルト(森永乳業)
  • ドリンクヨーグルトおなかへGG!(タカナシ乳業)
  • 恵megumi ガセリ菌SP株ヨーグルトドリンクタイプ(雪印メグミルク)
  • 恵megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト ドリンクタイプ(雪印メグミルク)
  • ジョア(ヤクルト本社)
  • ミルミル(ヤクルト本社)
  • チチヤスのむヨーグルト(チチヤス)
  • 小岩井 iMUSE(イミューズ)のむ生乳ヨーグルト(小岩井乳業)
  • ぜいたく果実 のむヨーグルト(オハヨー乳業)
  • 十勝のむヨーグルト(日清ヨーク)
  • メイトーのむヨーグルト(メイトー)
  • 生きて腸まで届く乳酸菌のむヨーグルト(セブン&アイ)
  • ローソンのドリンクヨーグルト(ローソン)
  • トップバリュの乳酸菌飲料(イオン)
  • みなさまのお墨付き のむヨーグルト(西友)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年3月9日~13日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,010サンプル
サンプル構成(%)



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>無糖茶<br>緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか
消費者調査データ
無糖茶
緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか

2017年の茶系飲料市場は、無糖茶が市場の伸びを牽引している。今回の調査でも伊藤園の「お~いお茶 緑茶」が複数項目で首位を獲得、僅差でサントリー「伊右衛門」が続く結果となった。しかし、再購入意向ではコンビニPB3商品が上位に入るなど躍進。18年夏の記録的な猛暑が影響し、熱中症対策として安価なPBが選ばれた結果だと考えられる。

消費者調査データ<br>レトルトカレー<br>強い定番、ロイヤル層を掴む複数パック
消費者調査データ
レトルトカレー
強い定番、ロイヤル層を掴む複数パック

カレールウの市場規模を抜いたとされるレトルトカレー。今回の調査では、7項目中5項目で「ククレカレー」が首位を獲得した。だが2位との差は小さく、「銀座カリー」「ボンカレー」などロングセラーブランドが激しい闘いを繰り広げている。一方再購入意向では「インドカリー(新宿中村屋)」などのプレミアムブランドが上位にランクインするなど様相は異なる。単身世帯の増加や少子高齢化でますますの需要増が見込まれるレトルトカレー市場。今後の行方に注目したい。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>伸びるレトルトカレー 品質向上がカレールーを脅かす
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
伸びるレトルトカレー 品質向上がカレールーを脅かす

レトルトカレーの需要が伸びている。店頭には様々なブランドが並び、幅広い価格帯の商品が揃っている。今回の調査では、1年前と比べてレトルトカレーの喫食率が上がっている一方、カレールーは減少傾向にあることがわかった。なぜレトルトが好まれるようになったのか、その背景を探る。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.