日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.302
レトルトカレー(2019年10月版)
咖喱屋カレーがククレカレーを逆転、6項目で首位に





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください..

 2018年のレトルトカレー市場は前年比2.6%増(箱数ベース 日本缶詰びん詰レトルト食品協会)で、3年連続で過去最高を更新した。

 今回は、当社が任意に選んだレトルトカレー36ブランドについて、「知っている(認知率)」、「買って食べたことがある(経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事を見たことがある(広告接触)」「店頭などで見たことがある(店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月内購入)」、さらに「今後(も)食べたいと思う」(今後購入意向)と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 前回の調査(2018年9月版)では、7項目中5項目で「ククレカレー(ハウス食品)」が首位を獲得したが、今回の調査では、「咖喱(カリー)屋カレー(ハウス食品)」が、再購入意向を除く6項目で首位を獲得した。認知や広告接触や購入経験では2位との差は1~3ポイント程度だが、店頭接触では8.7ポイント、今後の購入意向では6.5ポイント差となった。2位以下には、「ボンカレーゴールド(大塚食品)」「ククレカレー(ハウス食品)」「銀座カレー(明治)」などが並ぶが、どの項目でも差は小さく、激戦だ。

 ユーザーのロイヤリティの指標である再購入意向は、前回(2018年9月版)に続いて「無印良品のレトルトカレー(良品計画)」の68.2%。2位は、前回の4位から順位を上げた「プロクオリティ ビーフカレー(ハウス食品)」、3位は「セブンプレミアムのレトルトカレー(セブン&アイ)」だ。比較的高価格ながらバラエティが多く、流行りのスパイスカレーなども豊富な「無印良品のレトルトカレー」が、安定した人気を得ている。それに続く「プロクオリティ ビーフカレー」と「セブンプレミアムのレトルトカレー」は、コストパフォーマンスの高さが魅力だ。

 東日本大震災以降、災害用非常食として注目を浴びたことなどを契機に、レトルトカレーはユーザーのすそ野を拡大、成長を続けている。近年では、レンジ対応の包材を使った商品が登場し、より一層の簡便化が実現、さらなる需要の拡大にも貢献している。今秋は台風被害への自衛策としても注目されたことなどから、今後も市場の拡大が期待される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示36ブランド】
  • 咖喱屋カレー(ハウス食品)
  • カレーマルシェ(ハウス食品)
  • ククレカレー(ハウス食品)
  • ザ・ホテル・カレー(ハウス食品)
  • こくまろカレー レトルト(ハウス食品)
  • ジャワカレー レトルト(ハウス食品)
  • プロクオリティ ビーフカレー(ハウス食品)
  • ビーフマイスターカレー(ハウス食品)
  • 温めずにおいしいカレー(ハウス食品)
  • スパイスフルカレー(ハウス食品)
  • ゴールデンカレー レトルト(S&B食品)
  • S&B おいしいカレー(S&B食品)
  • カレー曜日(S&B食品)
  • ディナーカレー レトルト(S&B食品)
  • ホテルシェフ仕様 特製ビーフカレー(S&B食品)
  • スパイスリゾート(S&B食品)
  • 5/8カレー(S&B食品)
  • ボンカレーゴールド(大塚食品)
  • ボンカレーネオ(大塚食品)
  • ボンカレー50(大塚食品)
  • 100kcal マイサイズカレー(大塚食品)
  • レストラン仕様カレー(日本ハム)
  • 銀座カリー(明治)
  • 男の極旨/絶品カレー(明治)
  • インドカリー(新宿中村屋)
  • LEE(江崎グリコ)
  • カレー職人(江崎グリコ)
  • ビストロ倶楽部 ビーフカレー(丸大食品)
  • ヤマモリ タイカレーグリーン(ヤマモリ)
  • 無印良品のレトルトカレー(良品計画)
  • みなさまのお墨付きのレトルトカレー(西友)
  • 金のビーフカレー(セブン&アイ)
  • セブンプレミアムのレトルトカレー(セブン&アイ)
  • トップバリュのレトルトカレー(イオン)
  • ローソンセレクトビーフカレー
  • ファミリーマートコレクションのレトルトカレー


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年9月6日(金)~9月11日(水)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,003サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ 衣料用洗剤<br>発売半年、「アタックZERO」が6項目で首位獲得
消費者調査データ 衣料用洗剤
発売半年、「アタックZERO」が6項目で首位獲得

衣料用洗剤の市場は全体では縮小しているが、液体・ジェル状洗剤は拡大を続けている。今回の調査では「アタック ZERO」が7項目中6項目で首位を獲得。2019年4月発売の新商品にも関わらず、積極的なマーケティング展開が奏功し使用経験は2割を超えた。今後の購入以降でも僅差ながら首位を獲得しており、ヒット商品の実力を見せつけたかたちだ。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>健康意識を背景に受容層広がるゼリー飲料
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
健康意識を背景に受容層広がるゼリー飲料

ゼリー飲料市場が伸びている。2018年の生産量は8万5,593リットルと、前年から10.5%増加している。飲用率は世代や性別で差がみられ、高いのは男性、女性ともにバブル後世代であった。飲用理由では全体ではもっとも高かったのは「短時間で栄養を補給するため」であり(27.6%)、次いで「短時間で食事を済ませるため」であったが、ヘビー層とライト層では理由が異なり、ヘビー層ほど具体的なベネフィットを求める結果となった。

成長市場を探せ 中食(2019年版)
成長市場を探せ 中食(2019年版)

拡大する食市場のなかでも、著しい伸びをみせているのが中食だ。中食市場は2018年までに10年連続で成長し、10年間の伸び率は約27%に達する(一般社団法人日本惣菜協会)。拡大の背景には、女性の社会進出や、少子高齢化、少人数世帯の増加などによる食の簡便化、個食化がある。今後もこうした流れは続くとみられ、中食市場もさらなる拡大が予想される。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.