日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.270
冷菓(2018年5月版)
SUNAO、ベン&ジェリー、特徴あるアイスがリピート意向上位に



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2016年度の冷菓市場の規模は前年比106.3%の4,939億円、2017年度も微増が見込まれており、6年連続で過去最高を更新する予想だ(一般社団法人 日本アイスクリーム協会)。

 今回は、当社が任意に選んだ33ブランドの冷菓について、「知っている(認知率)」「3ヶ月以内に広告を見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭でみた(店頭接触)」「買って食べたことがある(購入経験)」「3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」「今後(も)買って食べたい(利用意向)」「購入経験者ベースの今後の購入意向(再購入意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、前回前々回と同様に、「ハーゲンダッツ(ハーゲンダッツ ジャパン)」が複数の項目で首位を獲得した。「ハーゲンダッツ」は、認知率こそ首位と6.4ポイント差の5位にとどまったが、その他の6項目はすべて首位もしくは2位で、うち4項目は首位だった。とくに今後の意向では2位の「雪見だいふく(ロッテ)」に6.9ポイント差をつけるなど、根強い人気を誇っている。

 「ハーゲンダッツ」以外にも、「雪見だいふく(認知、購入経験で首位)」、「ジャイアントコーン(江崎グリコ)(認知、広告接触で2位)」、「チョコも中ジャンボ(森永製菓)(3ヶ月内購入、今後意向で3位)」などのロングセラーブランドが上位を占めた。

 ところが、再購入意向では上位のブランドは異なっている。首位は糖質コントロールなどを謳う「SUNAO(江崎グリコ)」、2位はハーゲンダッツが獲得したものの、3位には個性的なネーミングと大きなチャンクが特徴の「ベン&ジェリーズ」といった特徴のはっきりした冷菓がランクイン。ローソン、ファミリーマート、セブンプレミアム、セブンゴールドなどのCVSのPBも10位内に入っている。

 ここ数年の冷菓の市場の伸びは、夏以外にも濃厚、リッチなアイスクリームが食べられるようになってきたことや、新規性のあるフレーバーや仕立てなどでヒットを作り出してきたことに支えられている。それでも最大の需要期は夏であり、「アイスクリーム博覧会」などの専門イベントや、各社の新製品発売も相次いでいる。底堅い市場であり、今後も成長が期待できるだけに、競争の行方が注目される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示28ブランド】
  • SUNAO(江崎グリコ)
  • 牧場しぼり(江崎グリコ)
  • ジャイアントコーン(江崎グリコ)
  • アイスの実(江崎グリコ)
  • パナップ(江崎グリコ)
  • 明治エッセルスーパーカップ(明治)
  • 明治ゴールドライン(明治)
  • 爽(ロッテ)
  • クーリッシュ(ロッテ)
  • レディボーデン(ロッテ)
  • 雪見だいふく(ロッテ)
  • モナ王(ロッテ)
  • ピノ(森永乳業)
  • パルム(森永乳業)
  • MOW(モウ)(森永乳業)
  • アイスボックス(森永製菓)
  • パリパリバー(森永製菓)
  • チョコモナカジャンボ(森永製菓)
  • ビスケットサンド(森永製菓)
  • ヨーロピアンシュガーコーン(クラシエ)
  • 豆乳アイスソイ(クラシエ)
  • ガリガリ君(赤城乳業)
  • ソフ(赤城乳業)
  • あずきバー(井村屋)
  • やわもちアイス(井村屋)
  • ハーゲンダッツ
  • ベン&ジェリーズ
  • ファミリーマートコレクションのアイスクリーム
  • ローソンセレクトのアイス(ローソン)
  • セブンプレミアムアイスクリーム(セブン&アイ)
  • セブンゴールド金のアイス(セブン&アイ)
  • トップバリュのアイス(イオン)
  • ミニストップフローズンヨーグルト


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年4月17日~19日
調査対象者:インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,000サンプル
サンプル構成(%)



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

「アタックZERO」、全項目でトップに
「アタックZERO」、全項目でトップに

今回の調査では、「アタックZERO(花王)」が全項目で首位を獲得した。2位とは広告接触で13.3ポイント差、店頭接触で13.7ポイント差となっており、積極的な広告出稿や店頭露出が発売後1年半にして68.8%という高い認知に結びついていると考えられる。「アタックZERO」の2020年9月中旬までの累計出荷本数は、1億5,000万本以上(本体ボトル換算)と大ヒットを記録しており、高い洗浄力や、1プッシュが1回分など、わかりやすい特徴が受け入れられているとみられる。

「UNIQLO TOKYO」「和光本館」「SEIKO MUSEUM」...新名所登場で賑わい取り戻す銀座の今
「UNIQLO TOKYO」「和光本館」「SEIKO MUSEUM」...新名所登場で賑わい取り戻す銀座の今

銀ブラの象徴、ホコ天が再開したのは6月中旬。徐々に賑わいが戻ってきたところに相次ぎオープンしたのが「UNIQLO TOKYO」と「和光本館」「セイコーミュージアム」でした。今回はそんな新スポットを訪ね、活気を取り戻した銀座の"今"をお伝えします。

「ラックス」「パンテーン」「メリット」、盤石の定番ブランドを追うのは?
「ラックス」「パンテーン」「メリット」、盤石の定番ブランドを追うのは?

今回の調査でも、前回と同様、再購入意向を除く6項目で、「ラックス」、「パンテーン」「メリット」の3ブランドが上位を独占した。3ブランドの差は小さく、ほぼ横並びの状況だ。シャンプー市場では、次のトレンドとして、オーガニック、ヴィーガン、スカルプケア、パーソナライズなどのキーワードが挙げられているが、まだ明確な潮流としては現れていないようだ。今後大きなヒットとなる商品が登場するかが注目される。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.