日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2018年06月01日

戦略200+・企業活動分析
京セラ株式会社
17年3月期は減収増益。新体制のもと重点事業の拡大目指す
2017年3月期決算の総括

京セラの2017年3月期の連結決算は、売上高1兆4,228億円(前年同期比3.8%減)、営業利益1,045億円(同12.8%増)、経常利益1,378億円(同5.3%減)であり、減収増益という結果となった。事業セグメント別には、主力の部品事業部門では売上高8,569億円(同1.5%減)、利益859億円(同0.6%増)であった。ファインセラミック部品及び半導体部品の売上は増加したものの、ソーラーエネルギー事業の減収を主因としたファインセラミック応用品の売上減により全体では微減となった。また、円高の影響はあったものの、原価低減により利益は横ばいとなった。機器事業部門では売上高4,697億円(同7.4%減)、利益292億円(29.3%増)という結果となった。売上高は通信機器での製品戦略の見直しに伴う販売台数の減少により減収となったが、利益は通信機器における高耐久モデルへの移行及び生産・開発拠点の集約等の構造改革効果に加え、情報機器でのコスト低減により増益となった。2017年4月より代表取締役に谷本秀夫氏が就任、新経営体制の下、成長ステージに向けて重点市場での事業拡大を図る。そのひとつにソーラーエネルギー事業があり、現在、日本最大の水上設置型の太陽光発電システムの設置など、積極的な投資を展開している。徹底した原価低減による既存事業の拡大と社内外との連携強化による新規事業の創出により、売上高2兆円の早期実現を目指す。

企業活動分析レポートのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
レポートでは企業の戦略や活動を当社独自のフレームに沿って時系列で整理しています。競合比較や業界分析などに幅広くご活用いただけます。

分析レポートのサンプルを見る

分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

市場「アップダウン」期のマーケティング戦略―コロナ後、消費の反発力はどこへ向かう?
市場「アップダウン」期のマーケティング戦略―コロナ後、消費の反発力はどこへ向かう?

コロナ禍で、「ワンランク上」の高級品が売れている。30年ぶりの株高も加わり、「バブル」消費の再来を思い起こさせる。「上」へ昇っていく市場だ。他方でホテルや外食など「下へ」降っていく市場もある。このめまぐるしく「アップダウン」しトレンドが読めない市場を「エレベーター市場」と規定してみる。この市場転換期に、状況を見定めて、守りと攻めを明確にしたマーケティングを展開すべきだ。

料理の強い味方 増加する加工食品の利用
料理の強い味方 増加する加工食品の利用

コロナ禍で内食が増加し、加工食品の需要が伸びている。今回は、実際に加工食品が誰に、どのように利用されているのかを調査した。その結果、在宅時間の増加とともに増えた調理の時間や手間の短縮に、加工食品が貢献している実態がみえてきた。

暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」
暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」

豊島区は「公園が街を変える!」というスローガンのもと、池袋周辺の四つの公園の整備を行ってきました。それが、まるでコロナ禍を予期していたかのように屋外を活かしたものになっているのです。今回は、そんな公園を中心とした再開発にスポットを当てた安心安全な街づくりに注目します。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.