日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


A4版 本文42ページ
価格 本体934円+税
 日本経済は回復軌道に乗りつつありますが、その道筋はなお盤石ではありません。現状では、輸出主導での景気回復が続いており、在庫調整もほぼ完了して新たな循環の局面に入りつつありますが、外需からの設備投資への波及効果は相変わらず鈍く、消費支出と設備投資の伸び悩みが本格回復への足かせとなっております。
 2010年度以降の日本経済の見通しについては、2010年度は外需を中心に消費の下支えを得て景気が回復していき、2011年度には設備投資を中心に外需のバックアップを得て景気回復を続けるというのが主流のシナリオであり、景気の腰折れを懸念するシナリオはむしろ少数派です。 消費支出の動きはいまだ方向感が定まりませんが、小売業売上など販売サイドからは明るい材料が出始めています。雇用・所得環境にも明らかな改善が認められるとともに、消費者のマインドも改善傾向を鮮明にしています。雇用、所得、マインドの3点セットの改善が、今後の消費の回復を力強く後押しすることが期待されます。
 今後の景気と消費へのリスク要因として、ギリシャ財政問題に端を発するヨーロッパ経済の動揺が世界経済、ひいては日本経済に及ぼすマイナスの影響が材料視されるとともに、宮崎県での口蹄疫の感染拡大がもたらしたダメージは農畜産業に対する物理的・金銭的なものに止まらず、消費者のマインド悪化に波及しかねないものとなりつつあります。もたつきと不手際を繰り返し世論の支持を急速に失った鳩山内閣が総辞職に追い込まれて後、菅内閣が新たに誕生しましたが、財政再建を含め積み残しとなった政策課題はほとんど今夏の参議院議員選挙後に先送りされており、経済政策運営は今後も波乱が続きそうです。内外の政治的・経済的波乱要素がもたらす下ブレリスクを巧く回避または緩和しつつ、消費者のマインド悪化をいかに抑止できるかが、需要改善の裾野を広げ消費回復の道筋をつける鍵となりそうです。

 今号の概要は以下のとおりです。
 「Economic Outlook for Japan」では、前号が発刊された2010年2月以降の経済情勢を整理し、最悪期を脱し緩やかながらも回復への歩みを進めている、日本経済の見通しと今後の消費の読み方を提示します。
 「家計調査を用いた食支出の変化の分析」では、家計調査データから家庭における食支出の推移を整理した上で、コウホート分析を用いて食支出の変化要因を特定し、今後の傾向の予測も試みている。
 2010年夏至、日本経済の底流で生起しつつある変化の予兆を捉えて、一歩先を見据えた戦略的判断と行動の一助となることを企図して、「消費経済レビュー」第14号を実務家のみなさまにお届けいたします。

「消費経済レビュー」販売開始について

「消費経済レビュー Vol.14 2010年6月号」の販売を開始いたしました。
書籍のお求めは、全国の政府刊行物サービスセンターもしくは、当社サイトの「JMR Books」をご利用ください。
プレミアム会員にご登録の方は、フリーダウンロードにて全文をご覧下さい。


消費経済レビュー Vol.14 2010年6月

Economic Outlook for Japan
 【要旨】
1.日本の経済の現状
2.2010年度の経済と消費の見通し
3.消費者における経済の実態とその見通し
4.2010年度 日本経済のシナリオの分岐点


家計調査を用いた食支出の分析
 【要旨】
1.食の変化を読む
2.食に関する時系列推移-外食、内食、中食
3.世帯における食のコウホート分析による食の消費支出の構造分析
4.今後の食の変化
5.結語


マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.