日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費経済レビュー Vol.14
家計調査を用いた食支出の分析

 近年、景気悪化の影響や、人口の減少、そして少子・高齢化、そして、核家族が増加していることなどを受けて食生活のあり方が変化してきているようにみえる。また、個人個人の趣向の分化とともに食の多様化も進んでいるように思われる。
 そこで、本章では家計調査のデータの分析を行い、家庭における食事の変化と今後についてとらえていく。特に、食に関する支出について「内食」「中食」「外食」という観点から、それぞれの現状や時系列推移、その変化の要因の特定、そして今後の予測について扱った。
 結果として、三つのことがわかった。
 まず、現状については二人以上世帯における食への支出金額の増減をみると、一見、内食や外食はやや減少しているようにみえるが、すべての世帯の総額でみた場合にはやや増加、また実質でみた場合には中食が最も増加傾向にあることなどがわかった。
 またこれらの変化をもたらしている要因として、コウホート分析を用いてそれぞれ加齢、時代、世代のいずれの効果が強いのかについて検証した結果、中食は世代、外食、内食は、加齢による違いが大きいことがわかった。
 最後に今後の傾向については、コウホート分析の結果および世帯数の時系列データを用いて予測した結果、二人以上世帯では、今後支出金額の減少傾向があることなどがわかった。
 このように様々な観点から、食に関する分析を通じて、その移り変わり、そしてそれらの要因について把握することができた。特に、世代をはじめさまざま要因が内食、中食、外食などの違いを生み、現代における食の変化を生んでいるといえるだろう。そして、このような変化の要因は、今後二人以上世帯における内食の支出金額の減少など日本人の食の構造変化をもたらすと考えられる。
(2010.06)


消費経済レビューの本文をご覧になるには、プレミアム会員にご入会下さい。
消費経済レビューは、プレミアム会員限定コンテンツとなっています。
プレミアム会員は、当社メンバーシップサービスの全てのコンテンツに加えて、
「情報家電産業のリバイバル戦略 -エンド価値志向の多層化戦略-」ほか、
当社のオリジナル研究レポートのご利用が可能なプレミアムサービスです。
この機会に是非プレミアム会員へのご入会をご検討ください。

会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.