日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
LOHAS




LOHASとは

 「Lifestyles Of Health And Sustainability」の頭文字をとった略語で、「健康と環境の持続を志向するライフスタイル」を意味します。これは、アメリカの社会学者のポール・レイ氏と心理学者のシェリー・アンダーソン氏が15年に渡るライフスタイルに関する調査より発見し、1998年に発表したものです。日本では、2002年開催されたシンポジウムに環境コンサルタント企業代表のピーターD.ピーダーセン氏がポール・レイ氏を招き紹介したことにより、知られるようになりました。
 「LOHAS」は、「グリーンコンシューマー」とは異なり、個人の欲求が満たされることを前提しているところに特徴があります。またスローライフ志向層とは異なり、具体的な消費行動との関連が強く捉えるセグメントとしてさまざまな分野で注目されています。


五つのLOHAS市場

 生活者の約30%がLOHASコンシューマーだといわれているアメリカであげられているLOHASの関心領域の特徴には、おもに以下のようなものがあげられています。

  1. Sustainable economy(持続可能な経済)
    • 再生エネルギー、代替エネルギー
    • 省エネ商品
    • グリーン都市計画
  2. Healthy Lifestyle(健康的なライフスタイル)
    • オーガニック&自然食品
    • サプリメントや健康食品
    • 天然成分を使ったパーソナルケア商品
  3. Alternative Healthcare(代替ヘルスケア)
    • 自然治療やはり治療
    • 病気と同様な症状を発見させる物質を使用して治癒させるホメオバシー
    • 漢方薬やアロマセラピーなど、ホリスティックな疾病予防
  4. Personal Development(自己啓発)
    • ヨガや習い事、フィットネス
    • 能力開発や精神性の向上のための、CD、本、セミナー
  5. Ecological Lifestyle(環境を配慮したライフスタイル)
    • 環境に配慮した家やインテリア
    • エコ関連の各種商品(家庭用品、オフィス商品)


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派

在宅勤務や外出自粛で自宅で過ごす時間が増える中、コーヒーやお茶の飲み方にも"ある変化"が起きている。今回は在宅時間の増加に着目して、コロナ前後でのコーヒーや日本茶の飲み方の変化を探った。その結果、在宅勤務をしている人ほど豆から挽いたコーヒーや茶葉から淹れた日本茶の飲用が増えていることがわかった。コロナ禍で、手間ひまかけて丁寧にコーヒーやお茶を淹れることにより、おうち時間を大切に過ごしたいという意識が垣間見える。

消費者調査データ 日焼け止め<br>盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」
消費者調査データ 日焼け止め
盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」

今回の調査では複数項目で「ビオレUV」が首位を獲得した。一方「スキントーンアクア」が再購入意向で首位など、ロングセラーひしめく上位で存在感を増している。10年連続で拡大してきたサンケア市場だが、今年は新型コロナウイルスの影響でインバウンド需要が激減。需要最盛期を前に先行き不透明感が続いている。

企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ベーコン(2020年版)
企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ベーコン(2020年版)

ベーコンは、伸び率こそ低いものの、生産量は9年連続で拡大している。肉ブームや食の簡便化志向による加工品の伸びにつられる形でのゆるやかな拡大だ。新型コロナウイルスの影響で巣ごもり消費が拡大している。手軽に使えて、精肉よりも保存期限が長く、麺類や加工食品のトッピングなどにも合わせやすいベーコンも、拡大の可能性は高い。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.