日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
AR(拡張現実)


AR(拡張現実)とは

 AR(拡張現実)とは「Augmented Reality」の略で、現実世界をコンピューターにより拡張する技術である。実例としては、レンズを通じて映し出されたモノの情報を文字で表示する透過型レンズなどがある。


「ポケモンGO」で一気に注目される

 ごく一部の人々にしか認知されていなかったAR技術を、ゲームに取り入れることで一気に身近なものへと変えたのが、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」である。

 ポケモンGOの場合、2種類のAR技術を使っている。ひとつは、グーグルマップをベースにした全地球測位システム(GPS)による「位置情報」技術。もうひとつがスマホ内蔵のカメラを使った技術だ。ポケモンGOが全世界で大きな話題となったひとつの理由が、この現実世界と重ね合わせたAR映像の魅力にあることは間違いない。アプリには、ポケモンが登場した状態をスクリーンショット(画面イメージ)として撮影する機能が付いている。ツイッターやフェイスブックなどの交流サイト(SNS)にユーザーが撮影した写真が投稿されたことで、口コミを通じてポケモンGOの魅力は急速に広まった。


VR(Virtual Reality:仮想現実)との違い

 ARは「拡張」という言葉が指すとおり、現実世界で人が感知できる情報に「何か別の情報」を加え、現実を「拡張」表現する技術やその手法のことだ。

 一方で、VRはバーチャル(仮想)という言葉から、架空の世界を連想させるが、空想の世界を作り上げ体験することだけがVRではない。バーチャル(仮想)も含めたあらゆる空間表現を、「まるで現実(リアリティ)であるかのように」体験するための技術や取り組みである。

 2016年は「VR元年」と言われ、HTC Vive Pre、Oculus Rift VR 、PlayStation VRなどの主要なHMD(Head Mount Display)が出揃い、様々なソフトが体験できるようになった。

 また、CGなどで作られた人工的な仮想世界に現実世界の情報を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた世界をつくる技術を活用したMR(Mixed Reality:複合現実)という技術もある。



おすすめ新着記事

暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」
暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」

豊島区は「公園が街を変える!」というスローガンのもと、池袋周辺の四つの公園の整備を行ってきました。それが、まるでコロナ禍を予期していたかのように屋外を活かしたものになっているのです。今回は、そんな公園を中心とした再開発にスポットを当てた安心安全な街づくりに注目します。

「消滅可能性都市」から緑豊かな「国際アート・カルチャー都市」へ!池袋は今、魅力爆上がりタウンに大変身中!(前編)
「消滅可能性都市」から緑豊かな「国際アート・カルチャー都市」へ!池袋は今、魅力爆上がりタウンに大変身中!(前編)

何かとカオスでダークなイメージがつきまとう街、池袋。しかし2014年、豊島区が「消滅可能性都市」に選ばれたことをきっかけに、官民挙げての再開発プロジェクトが発足。今回は新たに「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」へと生まれ変わった池袋を訪ねました。

強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品
強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品

2020年はコロナ禍の巣ごもり消費でチョコレートの需要が伸びた。今回の調査では、前回同様に「チョコレート効果」(明治)が複数項目で首位を獲得、強さを見せつけた。チョコレートの一大需要期であるバレンタイン商戦も、今年はステイホームやECへのシフトなどで大きく様変わりする可能性が高い。生活環境が大きく変化する中での競争の行方が注目される。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.