半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
LINE




LINEとは

 LINEとは、韓国最大のIT企業「NHN」の日本法人「LINE株式会社」が提供しているスマートフォン、フィーチャーフォン(携帯電話=ガラケー)、パソコンに対応したコミュニケーションアプリケーション(アプリ)である。2011年6月にサービスが開始されたこのアプリはユーザー同士であれば国内・海外、さらには通信キャリア問わず、無料で音声通話・メールが楽しめる。2014年2月末時点では世界230カ国、3億7千万人以上のユーザーが登録しており、2014年中には5億人に達すると予測されている。ちなみに日本のユーザー数は2013年8月時点で世界一の4,700万人と発表されており、5,000万人前後と推測される。

 LINEの拡大の背景には、シンプルな設定と適度な閉鎖的コミュニケーションという特徴がある。現在、LINEと並ぶ日本の3大SNSとして「Twitter」「Facebook」があげられるが、そのふたつと比較するともっとも閉塞的である。匿名登録が可能で、友達登録も承認不要のため自由にフォローできる(または、される)「Twitter」、実名登録のため友達登録の承認など公開範囲の設定に悩まされる「facebook」は、いずれもオープンな世界で不特定多数の人とつながる可能性がある。対して「LINE」は、電話やメールの登録済みの人のみに限定でき、交流も原則1対1で他者の目にさらされることがなく、クローズドな環境で利用することができる。オープンさでいえば「Twitter」>「Facebook」>「LINE」ということで、オープンなSNSに疲れた、または馴染めないユーザーにとっては、もっとも適度なツールといえる。

 2014年2月には、LINEアプリ上から国内外の固定電話・携帯電話に低料金で電話がかけられる「LINE電話」、LINEユーザーが自分でスタンプを作成して販売できる「LINE Creators Market」、LINE公式アカウントの機能をAPIとして提供し、企業がカスタマイズして活用できる「LINEビジネスコネクト」、の三つの新サービスが発表された。

 ユーザーからすると、前者のふたつは魅力的なサービスである。「LINE電話」は、初期費用や月額基本料などが不要で、ケータイやスマホへは1分6.5円、固定電話への通話料が1分2円など、業界最低水準の料金を実現するだけに、既存の通信キャリアにとっての脅威となっている。また、ユーザーなら作製したスタンプを誰でも自由に販売できる「LINE Creators Market」のプラットフォームもさらなるユーザー拡大とビジネス規模拡大が期待される。

 「LINE株式会社」の売上高は2013年通期(2013年1-12月期)で518億円。LINE事業は343億円で全体の67%を占めている。売上構成比は、ゲーム課金が約60%、スタンプ課金が約20%。そのほか公式アカウントやスポンサードスタンプとなっているが、新サービス導入により、2014年度は売上高拡大と構成比の大きな変動が予想される。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

王者「コカ・コーラ」、固定ファン多い無糖炭酸
王者「コカ・コーラ」、固定ファン多い無糖炭酸

2020年の炭酸飲料の生産者販売金額は前年割れとなった。今回のランキングでは、再購入意向を除く6項目で「コカ・コーラ」が首位、2位以下もロングセラーの有糖炭酸が目立つ結果となった。しかし再購入意向では上位10位内のうち7ブランドが無糖炭酸水だ。在宅勤務中のリフレッシュなどの「巣ごもり需要」が支えているとみられ、今後の伸びが期待される分野である。

「東京エディション虎ノ門」日本上陸!マリオットの最高級ホテルは富裕層の心を掴むか
「東京エディション虎ノ門」日本上陸!マリオットの最高級ホテルは富裕層の心を掴むか

東京五輪に向けて都心での開業ラッシュが続くホテル。そのほとんどがラグジュアリー向けです。トレンドは、宿泊だけでなく、食べる、遊ぶ、集うなどをトータルに提案するライフスタイル型ホテルです。今回は、富裕層向けの中でもハイエンドに位置する「東京エディション虎ノ門」を訪れました。NYのナイトクラブを源泉とするこのブランドの独特なコンセプトと、実際に滞在して感じた空気をお伝えします。

首位争いは「オールフリー」「ドライゼロ」、再購入意向は健康系商品
首位争いは「オールフリー」「ドライゼロ」、再購入意向は健康系商品

2020年のノンアルコール飲料市場は、前年比1%増の2,266万ケースと7年連続で堅実な成長を続けている。コロナ下で飲食店での酒類提供が制限され、代替としても注目を集めるノンアルコール飲料。さらに健康志向の強まりも存在感を後押ししている。今まではノンアルコール飲料といえばビールテイスト飲料がその8割以上をビールテイストが占めていたが、昨今はバラエティ化の動きがみられる。認知や購入ではサントリーの「オールフリー」とアサヒビールの「アサヒ ドライゼロ」が首位争いを繰り広げたが、再購入意向では、別の傾向がみられる。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.