半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
LINE




LINEとは

 LINEとは、韓国最大のIT企業「NHN」の日本法人「LINE株式会社」が提供しているスマートフォン、フィーチャーフォン(携帯電話=ガラケー)、パソコンに対応したコミュニケーションアプリケーション(アプリ)である。2011年6月にサービスが開始されたこのアプリはユーザー同士であれば国内・海外、さらには通信キャリア問わず、無料で音声通話・メールが楽しめる。2014年2月末時点では世界230カ国、3億7千万人以上のユーザーが登録しており、2014年中には5億人に達すると予測されている。ちなみに日本のユーザー数は2013年8月時点で世界一の4,700万人と発表されており、5,000万人前後と推測される。

 LINEの拡大の背景には、シンプルな設定と適度な閉鎖的コミュニケーションという特徴がある。現在、LINEと並ぶ日本の3大SNSとして「Twitter」「Facebook」があげられるが、そのふたつと比較するともっとも閉塞的である。匿名登録が可能で、友達登録も承認不要のため自由にフォローできる(または、される)「Twitter」、実名登録のため友達登録の承認など公開範囲の設定に悩まされる「facebook」は、いずれもオープンな世界で不特定多数の人とつながる可能性がある。対して「LINE」は、電話やメールの登録済みの人のみに限定でき、交流も原則1対1で他者の目にさらされることがなく、クローズドな環境で利用することができる。オープンさでいえば「Twitter」>「Facebook」>「LINE」ということで、オープンなSNSに疲れた、または馴染めないユーザーにとっては、もっとも適度なツールといえる。

 2014年2月には、LINEアプリ上から国内外の固定電話・携帯電話に低料金で電話がかけられる「LINE電話」、LINEユーザーが自分でスタンプを作成して販売できる「LINE Creators Market」、LINE公式アカウントの機能をAPIとして提供し、企業がカスタマイズして活用できる「LINEビジネスコネクト」、の三つの新サービスが発表された。

 ユーザーからすると、前者のふたつは魅力的なサービスである。「LINE電話」は、初期費用や月額基本料などが不要で、ケータイやスマホへは1分6.5円、固定電話への通話料が1分2円など、業界最低水準の料金を実現するだけに、既存の通信キャリアにとっての脅威となっている。また、ユーザーなら作製したスタンプを誰でも自由に販売できる「LINE Creators Market」のプラットフォームもさらなるユーザー拡大とビジネス規模拡大が期待される。

 「LINE株式会社」の売上高は2013年通期(2013年1-12月期)で518億円。LINE事業は343億円で全体の67%を占めている。売上構成比は、ゲーム課金が約60%、スタンプ課金が約20%。そのほか公式アカウントやスポンサードスタンプとなっているが、新サービス導入により、2014年度は売上高拡大と構成比の大きな変動が予想される。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.17

企業活動分析 資生堂の23年12月期は国内欧米好調も中国等減少で減収減益

2024.06.17

企業活動分析 花王の23年12月期は、構造改革費用等計上で減収減益に

2024.06.14

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

2024.06.10

企業活動分析 ユニ・チャームの23年12月期は、23年12月期は増収増益、売上高は7年連続で過去最高を更新

2024.06.10

企業活動分析 ポーラ・オルビスの23年12月期は増収増益、主力ブランドがけん引

2024.06.07

消費者調査データ 日焼け止め(2024年6月版) 首位「ビオレUV」、僅差の「ニベアUV」「アネッサ」

2024.06.06

24年4月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2024.05.29

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター なぜ今、若い男性は銭湯にハマるのか?

4位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

5位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area