半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
クラウド(コンピューティング)




 クラウドとは、「クラウドコンピューティング」を略したものです。「cloud(クラウド)=雲」というように、インターネットをベースとしたコンピュータネットワークのイメージ図を「雲」のような図で表現することが多いため、それが由来となったとも言われています。

 具体的には、従来はユーザー(企業、個人など)が自分のパソコンやスマートフォン、携帯電話のハードウェアに、ソフトウェアや作業データなどを保存・管理していました。それが、インターネットに接続できる環境さえあれば、自宅、会社、学校はもちろん、ネットカフェや交通機関での移動中など、さまざまな環境からでもデータを閲覧、編集、アップロードすることができます。

 現在、有名なクラウドサービスは三つあります。

  1. SaaS(サース、Software as a Service 参照:マーケティング用語集 SaaS:Software as a Service)
    インターネットを経由してソフトウェアパッケージを提供します。電子メール、グループウェア、CRMなどで、具体的なサービスとして、マイクロソフト「Microsoft Online Services」、Google「Google Apps」があげられます。
  2. PaaS(Platform as a Service)
    インターネットを経由してアプリケーション実行用のプラットフォームを提供します。仮想化されたアプリケーションサーバやデータベースなどに、ユーザーが自分のアプリケーションを配置して運用できます。具体的なサービスとして、Google「Google App Engine」、マイクロソフト「Windows Azure」があげられます。
  3. IaaS(Infrastructure as a Service)またはHaaS(Hardware as a Service)
    インターネットを経由してハードウェアやインフラを提供します。サーバ仮想化やデスクトップ仮想化、共有ディスクなどです。ユーザーが自分でOSなどを含めてシステム導入・構築できるもので、Amazon.com(参照:企業活動分析 アマゾン・ドット・コム・インク)「Amazon EC2」や「さくらのクラウド」などがあげられます。

 この仕組みであれば、ユーザーが用意すべきものは最低限の接続環境(パソコンや携帯情報端末などと、その上で動くブラウザとインターネット接続環境など)を整備し、クラウドサービスの利用料金を支払うのみです。企業の場合、パソコン本体およびサーバなどネットワークの購入やその管理運営費用、蓄積されるデータ管理の手間が大幅に軽減されるメリットがあります。

 一方で、多くのデメリットも抱えているのも事実です。ユーザー側からすると、その仕組みにおいてブラックボックスな点も多く、カスタマイズすることができません。そうなると、同じ環境にあった場合、サービス品質の差別化が難しくなります。また、提供企業側の突然の倒産やサービス終了という事態も発生しています。最後に、様々な業種の企業が参加するため、それが大規模になるほどハッカーの攻撃を受けて顧客情報や経営情報などが漏えいするリスクも大きくなります。

 こうしたメリットとデメリットのせめぎ合いも含め、「雲のように」つかみどころがない=よくわからないことが多いことが、現状「クラウド」の普及にドライブがかからない理由といえるでしょう。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」
暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」

豊島区は「公園が街を変える!」というスローガンのもと、池袋周辺の四つの公園の整備を行ってきました。それが、まるでコロナ禍を予期していたかのように屋外を活かしたものになっているのです。今回は、そんな公園を中心とした再開発にスポットを当てた安心安全な街づくりに注目します。

「消滅可能性都市」から緑豊かな「国際アート・カルチャー都市」へ!池袋は今、魅力爆上がりタウンに大変身中!(前編)
「消滅可能性都市」から緑豊かな「国際アート・カルチャー都市」へ!池袋は今、魅力爆上がりタウンに大変身中!(前編)

何かとカオスでダークなイメージがつきまとう街、池袋。しかし2014年、豊島区が「消滅可能性都市」に選ばれたことをきっかけに、官民挙げての再開発プロジェクトが発足。今回は新たに「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」へと生まれ変わった池袋を訪ねました。

強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品
強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品

2020年はコロナ禍の巣ごもり消費でチョコレートの需要が伸びた。今回の調査では、前回同様に「チョコレート効果」(明治)が複数項目で首位を獲得、強さを見せつけた。チョコレートの一大需要期であるバレンタイン商戦も、今年はステイホームやECへのシフトなどで大きく様変わりする可能性が高い。生活環境が大きく変化する中での競争の行方が注目される。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.