日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
トレーサビリティ




1.トレーサビリティとは

 トレーサビリティ(Traceability)とは「Trace(追跡)」と「ability(可能)」から成る語で、「追跡可能性」を意味します。製品に関するトレーサビリティとしては、対象物に関する生産、加工、流通の情報の追跡と遡及が可能であることを指し、主に食品、郵便や宅配物、家電リサイクル、医療などの領域で求められているシステムです。


2.食品トレーサビリティ

 特に関心が高くなっているのが食品分野でのトレーサビリティです。農林水産省の定義によれば、「生産・処理・加工・流通・販売のフードチェーンの各段階で、食品とその情報を追跡し、遡及できること」ということになります。そもそも「トレーサビリティ」という概念が一般に広まったのは、BSE問題を受け、2004年に「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」(牛肉トレーサビリティ法)が施行されたことからです。さらに、遺伝子組み換え作物や偽造表示などの問題をきっかけに、消費者の食の安全への意識は近年非常に高まっています。このような背景があり、食品分野において、トレーサビリティシステムの確立は重要な課題となっています。


3.トレーサビリティのメリット・デメリット

 トレーサビリティは消費者にとって安全性や利便性といったメリットがある一方で、事業者にとって負担となることは否めません。しかし、社会的な要請は高まっており、政府主導でもその整備は求められています。一方、事業者にとってもメリットはあります。例えば、製品に問題が生じた場合、確立されたトレーサビリティのもとでは、対象物と原因の特定を迅速に行うことができるため、その損害を最小限で抑えることができます。さらに、消費者から信頼を得ることにもつながり、製品や企業の価値を高めることができるというのも大きなメリットです。


4.トレーサビリティの今後

 現在は製品の個別認識に二次元バーコードで管理しているのが一般的ですが、将来的にはユビキタス・コンピューティングによるICタグを用いた、より高度な管理への期待があります。今後、高度な情報ネットワークが形成されたユビキタス社会の到来により、社会的基盤としてトレーサビリティシステムが整備されることが予想されます。



おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>コーヒー飲料<br>クラフトボス、ジャパンクラフトマン。ペットボトルコーヒー躍進
消費者調査データ
コーヒー飲料
クラフトボス、ジャパンクラフトマン。ペットボトルコーヒー躍進

2017年のコーヒー飲料市場は前年比2.8%増で、特にペットボトルコーヒーの成長が著しい。今回のランキングでも「BOSS」が6項目で首位を獲得、それを「ジョージア」が追う展開となった。17年4月に発売された「クラフトボス」は前回から大きく評価を上げ、再購入意向では首位に躍り出た。後発のペットボトルコーヒーも健闘しており、新たな飲用シーンを開拓したコーヒー市場から目が離せない。

消費者調査データ<br>無糖茶<br>緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか
消費者調査データ
無糖茶
緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか

2017年の茶系飲料市場は、無糖茶が市場の伸びを牽引している。今回の調査でも伊藤園の「お~いお茶 緑茶」が複数項目で首位を獲得、僅差でサントリー「伊右衛門」が続く結果となった。しかし、再購入意向ではコンビニPB3商品が上位に入るなど躍進。18年夏の記録的な猛暑が影響し、熱中症対策として安価なPBが選ばれた結果だと考えられる。

消費者調査データ<br>レトルトカレー<br>強い定番、ロイヤル層を掴む複数パック
消費者調査データ
レトルトカレー
強い定番、ロイヤル層を掴む複数パック

カレールウの市場規模を抜いたとされるレトルトカレー。今回の調査では、7項目中5項目で「ククレカレー」が首位を獲得した。だが2位との差は小さく、「銀座カリー」「ボンカレー」などロングセラーブランドが激しい闘いを繰り広げている。一方再購入意向では「インドカリー(新宿中村屋)」などのプレミアムブランドが上位にランクインするなど様相は異なる。単身世帯の増加や少子高齢化でますますの需要増が見込まれるレトルトカレー市場。今後の行方に注目したい。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.