半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
プレミアムキャンペーン
プレミアムキャンペーンとは

 プレミアムキャンペーンは、商品の認知や購入の促進を目的とした販促の常套的施策です。商品の購入を条件としない「オープンタイプ」と購入を条件とする「クローズドタイプ」に大別できます。

 「オープンタイプ」には、簡単なクイズなどに応募させ、豪華なプレミアムを提供して話題を喚起し、商品の認知や理解を促進する効果があります。「クローズドタイプ」は、総付け(べた付け)プレミアムや店頭抽選、応募抽選プレミアムなどがあり、購入の促進やブランドロイヤリティのアップの効果を狙うものです。


主なキャンペーンの事例

 2000年のキャンペーンを例にとると、その件数は、99年に対し、5.7%の減少となったものの、キャンペーンの大型化傾向は依然として続き、1,000万通以上の応募者を獲得したキャンペーンが3例となっています。「キリンビール」の「特別限定醸造2000年記念セット」、「アサヒビール」の「ビールの力・サーバープレゼント」、「コカコーラ」の「ジョージア・2000年の福袋プレゼント」です。

 95年に「ジョージア」の「やすらぎパーカープレゼント」が3,400万通を記録して以来、毎年1,000万通を超えるキャンペーンが見られており、TV広告と連動した「マスプロモーション」の威力は2000年も発揮されています。

 2000年に見られた新しい動きは、96年以降、減少してきた「キャンペーン実施企業数」が増加に転じたことです。片方で合理化を進めながら、「売りの確保」のためにコミュニケーションコストの比率は総じて上昇しています。

 キャンペーンタイプ別で見ると、商品購入を条件としてプレミアムやサービスが提供される「クローズドタイプ」は99年と比較して件数、構成比とも減少していますが、最寄品業種を中心としたポイント蓄積型は増加しました。先に述べた1,000万通以上の応募があった3例のキャンペーンはすべて「ポイント蓄積型」です。

 購入を条件としない「オープンタイプ」のキャンペーンのうち、顧客参加型の仕組みを取り入れたケースの増加が目立ちます。特に、これまでどちらかといえば地味なプロモーションであった「サンプリング・モニタリング」が実にヘビーになってきています。

 これまで「オープンキャンペーン」は認知率寄与のための「クイズ方式」が主流でしたが、このようなモニター、セミナー、イベントなどといった積極的な顧客との「対話」が重視されてきているといえましょう。

 また、伊藤園の企業表現のプロモーションといえる「お~いお茶」の俳句コンテストが90年の開始以来、毎年応募者数を増加させ、ついに100万人を突破するなど、企業の特徴を表現するキャンペーン、プロモーションも目立ちます


今後の動向

 景品表示法改正により、96年4月から、オープンタイプの景品上限額が100万円から1,000万円に、クローズドタイプの上限が5万円から10万円に引き上げられるなどの規制緩和があり、キャンペーンの大型化が進んでいます。

 これまでどちらかといえば「広告戦略」に付随する形での「マスプロモーション」ばかりが強調されていましたが、「広告」にはないコミュニケーションの機能として「顧客とのリレーション強化」のためのプロモーションが増加しています。それが「既存・ロイヤル顧客重視」であり、「顧客参加型」であり、「企業姿勢・体質の伝達」です。

 さらにそのコミュニケーションメディアとして「顧客ダイレクト」な「インターネットの活用」があります。

 そして、その傾向は今後も強まるものと思われます。



おすすめ新着記事

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション
都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション

シティホテルの9月の客室稼働率は34.5%(前年同月差-44.8%)と、コロナ前と比べると危機的だ。固定費を圧縮し、助成金などの借り入れで延命するしかない。日本のような支援のないニューヨークでは、ホテルの20%が閉業し、2025年までの回復は難しいと言われている。まさに、業界は「産業衰退死」の段階を迎えている。

錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国
錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国

錦糸町といえば、都内屈指の歓楽街。場外馬券場や風俗店などディープなイメージのこの街が、いま若者の人気を集めている。理由のひとつが、JR総武線によるアクセスの良さ。千葉県民の東京デビューの"関所"としても知られ、コロナ禍もあいまって千葉の若者で溢れかえっているのだ。再開発も進み、人口増加中の錦糸町は、エリアマーケティングを行う上でも重要なエリアとなっている。

本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」
本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」

水産庁の「水産白書」によると、国民1人当たりの魚介類消費量は2001年をピークに減少している。魚離れともいわれる昨今、魚が実際にどのように食べられているのか調査を行った。全体として魚を食べる頻度はやや減ってはいるものの、今後の魚食意向については8割の人が「食べたい」と答えいることからも、潜在的支持基盤は大きいと考えられる。本調査ではこのほか、年代や食意識、魚食意向といった属性別に調理頻度や食べる理由、食べない理由などを深堀りしていく。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.