半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
クープマン目標値


クープマン目標値とは

 ランチェスターの法則を研究したアメリカの数学者B.O.クープマンによって導き出された「ランチェスター戦略モデル式」により作られた市場シェア理論のことです。この理論により、市場でのポジションの意味付けと、優劣の判断をすることができます。


六つのシェア目標値

  • 独占的市場シェア:73.9%
    「独占的寡占型」と呼ばれ、首位が絶対安全かつ優位独占の状態をさします。
  • 安定的トップシェア:41.7%
    実質3社以上の戦いの場合、41.7%以上のシェアを取れば業界における強者となり、安定した地位を確保できます。この目標値は、一般的には「40%目標」等といって用いられることが多く、トヨタ自動車が「シェア40%の安定的な確保」にこだわっているのはこのためと言われています。
  • 市場影響シェア:26.1%
    この値を上回ると、激戦の競争状況から一歩抜け出した状態と判断されます。つまり、この値が強者と弱者を決定付ける基準値となります。一般にはこのレベルで業界トップであることも多く、またシェア2位であったとしても、この基準にあれば市場に影響力をもつことが可能となります。
  • 並列的競争シェア:19.3%
    複数企業で拮抗している競争状態の時に多いシェアで、安定的トップの地位をどの企業も得られていない状況です。この場合は、競合他社に先んじて市場影響シェアである26.1%を獲得することが目標となります。
  • 市場認知シェア:10.9%
    生活者において純粋想起がなされるレベルのシェアです。このレベルになると、市場において競合他社からも存在を認められるようになります。
  • 市場存在シェア:6.8%
    生活者において、助成想起が可能なレベルです。市場において、ようやく存在が許されるレベルとして位置付けられます。


携帯電話市場でのシェア競争

 2017年9月時点での携帯電話各社のシェア(電気通信事業者協会調べ)をみると、

  • NTTドコモ   :46%
  • au(KDDI)   :30%
  • ソフトバンク  :24%

となっています。

 ここで、au(KDDI)のシェアをクープマン目標値でみると、市場影響シェア(26.1%)を超えています。また、1位のNTTドコモは安定的トップシェアを超える強者であることや、3位のソフトバンクが自社と拮抗する市場影響シェア(26.1%)に近いことも見て取れます。auとしては、自社に接近しつつあるソフトバンクを叩く必要がありそうです。圧倒的に差がある強者・NTTと直接競争するのは得策ではないと考えられます。



参照コンテンツ

関連用語


おすすめ新着記事

成長市場を探せ ペーパータオル(2021年版)
成長市場を探せ ペーパータオル(2021年版)

化粧室などでの手洗いや掃除に使われるペーパータオル(タオル用紙)。販売金額は2016年から5年連続で拡大、2020年の伸び率は前年比113.8%に達した。2021年に入っても、前年同月比を上回る月が続いている。新型コロナに対応する生活様式は定着しつつあり、足元での伸びは鈍っているものの、今後もペーパータオルの需要は堅調に推移するとみられている。

「アクエリアス」「ポカリスウェット」が上位独占
「アクエリアス」「ポカリスウェット」が上位独占

2020年のスポーツドリンク等の市場は前年を下回った。今回の調査では、複数の項目で「アクエリアス」「ポカリスウェット」が追う形となった。首都圏などの地域では「緊急事態宣言下での夏」となる中、マスク着用における水分補給の重要性も周知されてきている。今までとは違った形での市場の再成長がなされるのかが注目される。

経験率は4割 内食化と健康志向が後押しする手作り保存食
経験率は4割 内食化と健康志向が後押しする手作り保存食

コロナ禍の巣ごもり消費で、自宅での保存食づくりが広がっている。これまで自分で作ったことがある人は5割、2020年以降に限ってみても4割弱おり、多くの人が保存食づくりに取り組んでいることがわかった。属性別に今後の取り組み意向をみても、年配層だけでなく男女の学生・独身社会人や子育て層で高く、市場の広がりも期待できそうだ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.