半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
NSC(ネイバーフッドショッピングセンター)


NSC(ネイバーフッドショッピングセンター)とは

 食品スーパーを核とし、ドラッグストアやホームセンターなどのテナントを持つ、近隣住宅街などの小商圏をターゲットとしているSC(ショッピングセンター)のことです。この形態を取るSCは、現在では日本のSC全体の半数近くにのぼるといわれています。

 近年、SCはおもに三つの形態に分類されています。NSC以外では、ディスカウントストアを核とするCSC(コミュニティショッピングセンター)や、GMSを核とする大型モールとして展開するRSC(リージョナルショッピングセンター)などがあります。


NSC型出店のメリット

 NSCは駐車場を取り囲むように建物が並び、顧客が目的とする店舗の近くに駐車できるオープンモール形式をとっているため、建物の費用が安く、また、顧客の歩行距離が短く短時間で買い物が出来るというメリットがあります。これは、建物が敷地の中心部に作られ、建物の中にさまざまなテナントが入店しているエンクローズドモールと比較すると明らかです。

 ただし、建物が敷地内に独立して建てられているため、豪雪地域など気候条件が厳しい地域では、オープンモール形式は不向きとされています。


NSC拡大を牽引するイオングループ

 NSCの出店をもっとも進めているのが、イオングループです。核となるSM「マックスバリュ」を中心とした展開を進めており、その数は約300ヶ所といわれております。

 近年では、フジ(愛媛県)、ヨークベニマル(福島県)、原信(新潟県)、ヤオコー(埼玉県)も積極的に出店を進めており、イトーヨーカ堂(東京都)も、2005年3月に三井物産と「株式会社モール・エスシー開発」を設立し、NSCやRSCの出店に注力し始めました。

 近年SMやGMSといった業態では既存店売上の不振が続いています。特に独立型店舗の既存店の落ち込みが激しいとみられており、各企業共に出店戦略の見直しが急務となっています。その対策として、既存店をNSCという形態切り替え出店することで、お客さまの利便性を高め、集客力を向上させる取り組みが盛んになっていると考えられます。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

「東京エディション虎ノ門」日本上陸!マリオットの最高級ホテルは富裕層の心を掴むか
「東京エディション虎ノ門」日本上陸!マリオットの最高級ホテルは富裕層の心を掴むか

東京五輪に向けて都心での開業ラッシュが続くホテル。そのほとんどがラグジュアリー向けです。トレンドは、宿泊だけでなく、食べる、遊ぶ、集うなどをトータルに提案するライフスタイル型ホテルです。今回は、富裕層向けの中でもハイエンドに位置する「東京エディション虎ノ門」を訪れました。NYのナイトクラブを源泉とするこのブランドの独特なコンセプトと、実際に滞在して感じた空気をお伝えします。

首位争いは「オールフリー」「ドライゼロ」、再購入意向は健康系商品
首位争いは「オールフリー」「ドライゼロ」、再購入意向は健康系商品

2020年のノンアルコール飲料市場は、前年比1%増の2,266万ケースと7年連続で堅実な成長を続けている。コロナ下で飲食店での酒類提供が制限され、代替としても注目を集めるノンアルコール飲料。さらに健康志向の強まりも存在感を後押ししている。今まではノンアルコール飲料といえばビールテイスト飲料がその8割以上をビールテイストが占めていたが、昨今はバラエティ化の動きがみられる。認知や購入ではサントリーの「オールフリー」とアサヒビールの「アサヒ ドライゼロ」が首位争いを繰り広げたが、再購入意向では、別の傾向がみられる。

コロナ禍で存在感放つプレミアム系ビール
コロナ禍で存在感放つプレミアム系ビール

コロナ禍で飲食店での酒類提供が制限されるなど、ビール各社にとって苦しい状況が続いている。その一方、宅内需要取り込みのための競争も激化している。今回の調査では、外での飲酒が減った人が、宅内での飲酒を増やしていることがわかった。中でも、伸びているのが「プレモル」「エビス」などのプレミアム系だ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.