半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
ハイパーマーケット
ハイパーマーケットとは

 1963年ヨーロッパに出現した大規模な総合ディスカウントストア(カルフールのハイパーマーケット1号店)を起源としており、1966年に業界紙によって命名されたと言われています。

 フランスでの定義によれば、売り場面積2,500m2以上で、食品にウエイトを置きつつ、雑貨、衣料、住関連用品など生活に必要な商品をすべて網羅する豊富な品揃えと価格訴求力を持つ大型のセルフサービス業態のことをハイパーマーケットとしています。

 カルフールがこの業態を展開する代表企業ですが、最近のカルフールのハイパーマーケットの標準売り場面積は1万m2規模、1,000台以上を収容できる駐車場を完備、商品点数も5万点を超えるなど大型化しています。

 日本進出1号店の幕張店については、店舗面積は2万9,941m2、直営部分だけでも1万7,000m2、品目数は6万品目にのぼっています。ただし、競合との差別性の弱さや欠品の多さなどから業績は伸び悩み気味で、2001年には、品揃えの方針を転換し、フランス色を強める政策を採用しましたが、業績は改善せず、2005年、イオンに譲渡されたのち、2010年には国内でのカルフールブランドは消滅しました。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ
カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ

2020年のスナック菓子市場は小売金額ベースで前年比1.8%増と、堅調な動きを続けている。今回の調査では、認知、購入経験でカルビーの「ポテトチップス」が圧倒的な強さをみせた。店頭接触や3ヶ月以内購入などでは「かっぱえびせん」「ポテトチップス(湖池屋)」が高い評価を得ているが、再購入意向では流通PBが上位に食い込んできた。

広く浸透する食品PB、高まる品質評価
広く浸透する食品PB、高まる品質評価

近年、多くの流通企業がプライベートブランドを拡大してきた。今回は、食品を中心としたPBが生活者にどのように捉えられているのか調査を行った。その結果、1年以内の購入率が9割を超えるなど生活に広く浸透していること、ナショナルブランドと比較しても品質に遜色がない一方、お得感があるなどの評価を得ていることがわかった。

離島の玄関口「竹芝」がオシャレなウォーターフロントに大変身!
離島の玄関口「竹芝」がオシャレなウォーターフロントに大変身!

近年、再開発によって大変貌を遂げている竹芝エリア。ウォーターズ竹芝や東京ポートシティ竹芝などの商業施設が相次ぎ開業し、文化と芸術のエリアといった側面も見せている。また、東京ポートシティ内のローソン、セブン-イレブンでは、AIやロボットを活用した取り組みも体感できる。小売業のこれからのマーケティングを考える上でも非常に重要な街といえるだろう。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.