日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
株式会社 三井住友フィナンシャルグループ(2018年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
三井住友フィナンシャルグループの2018年3月期決算の総括と戦略計画

三井住友フィナンシャルグループの三井住友フィナンシャルグループの2018年3月期決算は、経常収益5兆7,642億円(前期比12.3%増) 、経常利益1兆1,641億円(同15.7%増)、当期純利益7,344億円(同3.9%増)と増収増益となった。主な要因はリテール向け運用商品販売の好調や、クレジットカードビジネス・海外ビジネスが堅調であったこと、持ち分法による投資損益が東亜銀行有限公司の子会社売却益計上等により増益となったことが挙げられる。その結果、ホールセール事業部門は粗利益7,729億円(同0,5%減)、業務純益4,787億円(同0.3%増)。リテール事業部門は粗利益13,117億円(同0.2%減)、業務純益2,996億円(同5.2%増)。国際事業部門は粗利益6,320億円(同11,6%増)、業務純益3,982億円(同9.6%増)。市場事業部門は粗利益3,562億円(同2.7%増)・業務純益3,198億円(同4.9%増)となった。2017年度~2019年度の中期経営計画では収益性の向上を目標としており、グループの総合力の結集によって達成を目指す。


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品
強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品

2020年はコロナ禍の巣ごもり消費でチョコレートの需要が伸びた。今回の調査では、前回同様に「チョコレート効果」(明治)が複数項目で首位を獲得、強さを見せつけた。チョコレートの一大需要期であるバレンタイン商戦も、今年はステイホームやECへのシフトなどで大きく様変わりする可能性が高い。生活環境が大きく変化する中での競争の行方が注目される。

消費動向速報 平均消費性向上昇と消費復活の予兆
消費動向速報 平均消費性向上昇と消費復活の予兆

平均消費性向は、低下トレンドから上昇トレンドへ転換している。家計黒字の金額の前年同月差は、一貫してプラスを保ってきたが、足許でマイナスに転じている。家計黒字幅の減少の影響は、主に、預貯金の取り崩しという形で顕在化している。平均消費性向上昇への転換と預貯金取り崩しの動きからは、支出意欲の復活の兆しが垣間見える。

盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区
盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区

2019年度のカップめんの生産量は、ほぼ横ばいの39億7,021万食となった。今回の調査でも前回同様、「カップヌードル」が盤石の強さを見せつけた。2位以下では「赤いきつね/緑のたぬき」と「どん兵衛」が僅差でしのぎを削っている。コロナ禍の巣ごもり消費でカップめんの需要は伸びているが、拡大した市場で今後どのようなヒット商品が生まれるかに注目だ。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.