日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
株式会社ゼンショーホールディングス(2018年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
ゼンショーホールディングスの2018年3月期決算の総括と戦略計画

ゼンショーホールディングスの2018年3月期連結決算は、売上高5.791億円(前期比6.4%増)、営業利益176億円(同6.2%減)の増収減益であった。当期純利益は80億円(同5.2%減)となった。セグメント別にみると、主力の外食事業は、積極的な新店展開や商品政策により増収(売上高4,956億円(同4.5%増))を確保したものの、食材の価格高騰と人件費の上昇により、営業利益は(168億円(同5.1%減))減少した。外食事業の内訳では、牛丼カテゴリーの「すき家」で導入した「ロカボ牛麺」や、「シャキッとオニサラ牛丼」などの健康メニューが好評で、客単価も伸びたことから、同カテゴリーは増収。「ココス」「ビッグボーイ」「華屋与兵衛」などを擁するレストランカテゴリーでは、既存店の売上高が伸びず、売上高は1,278億円(同1.3%減)となった。はま寿司などのファストフードカテゴリーは、新店効果で1,329億(8.4%増)の増収となった。積極的なM&Aにより拡大してきた小売り事業は売上高834億円(同20.0%増)、営業利益7億円(同25.6%減)の増収減益に終わった。中期経営計画の最終年となる2018年度は、国内115店舗、海外157店舗の大量出店を継続するとともに、MMD(マス・マーチャンダイジング・システム)による商品クオリティの向上とコスト改善を継続して行い、国内売上高6.237億円、営業利益203億円の増収増益を目指す。


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

市場「アップダウン」期のマーケティング戦略―コロナ後、消費の反発力はどこへ向かう?
市場「アップダウン」期のマーケティング戦略―コロナ後、消費の反発力はどこへ向かう?

コロナ禍で、「ワンランク上」の高級品が売れている。30年ぶりの株高も加わり、「バブル」消費の再来を思い起こさせる。「上」へ昇っていく市場だ。他方でホテルや外食など「下へ」降っていく市場もある。このめまぐるしく「アップダウン」しトレンドが読めない市場を「エレベーター市場」と規定してみる。この市場転換期に、状況を見定めて、守りと攻めを明確にしたマーケティングを展開すべきだ。

料理の強い味方 増加する加工食品の利用
料理の強い味方 増加する加工食品の利用

コロナ禍で内食が増加し、加工食品の需要が伸びている。今回は、実際に加工食品が誰に、どのように利用されているのかを調査した。その結果、在宅時間の増加とともに増えた調理の時間や手間の短縮に、加工食品が貢献している実態がみえてきた。

暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」
暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」

豊島区は「公園が街を変える!」というスローガンのもと、池袋周辺の四つの公園の整備を行ってきました。それが、まるでコロナ禍を予期していたかのように屋外を活かしたものになっているのです。今回は、そんな公園を中心とした再開発にスポットを当てた安心安全な街づくりに注目します。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.