半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2019年09月05日



ポケット版・会社早わかり
株式会社マンダム
18年3月期は売上・利益ともに過去最高。好調なインドネシア市場

マンダムの2018年3月期決算の総括と戦略計画

マンダムの2018年3月期の連結決算は売上高814億円(前年同期比5.2%増)と8期連続で過去最高を更新、また営業利益85億円(同11.8%増)、経常利益93億円(同13.4%増)ともに過去最高となった。国内市場ではコアブランド「ギャツビー」が夏季の天候不順の影響で苦戦したものの、ミドル男性向けブランドである「ルシード」が順調に実績を拡大したのに加え、女性ブランドの「ビフェスタ」、「バリアリペア」が好調に推移した。インドネシア市場においては、実績を拡大してきた「ギャツビー」の「スタイリングポマード」が好調を維持、女性コスメティックブランドの「ピクシー」も若年層をターゲットとした「リップクリーム」がアイテム追加もあり実績を拡大した。効率的なマーケティング活動に伴う販売費減少も影響し、インドネシアにおける営業利益は12億円(同27.7%増)となった。中期経営計画「MP-12」の2年目である2018年度は、VISION2027の達成に向けた企業基盤の整備を進めるとともに、成長エンジンである海外事業を中心に引き続き積極的なマーケティング投資を行い、経営のグローバル化と企業価値向上を目指す。


戦略や業績をより深く分析するには「戦略200+・企業活動分析」をご利用下さい


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

チャネルの見極めとメーカーとの信頼関係づくり 元ヤオコー常務、大塚明氏に聞く
チャネルの見極めとメーカーとの信頼関係づくり 元ヤオコー常務、大塚明氏に聞く

新型コロナの感染拡大は、消費者の購買行動を一変させました。実店舗での買い物は、近場で時間をかけずにすませる作業のようなものに変わりました。CVSは苦戦する一方、ドラッグストアやSMは好調です。しかし、アフターコロナは好調な業態を含めて激しい淘汰が進むと考えています。今回は、ヤオコーの元常務で、コーネル大学RMPジャパンのプログラム・ディレクター大塚明氏へのインタビューから、今後の成長チャネルを見極めるヒントをご紹介します。

市場脱皮期の富裕層開拓マーケティング―価格差別化戦略
市場脱皮期の富裕層開拓マーケティング―価格差別化戦略

コロナ禍で、「ワンランク上」の高級品が売れている。30年ぶりの株高も加わり、「バブル」消費の再来を思い起こさせる。「上」へ昇っていく市場だ。他方でホテルや外食など「下へ」降りていく市場もある。このように転換期にある2021年の市場を、昇降する「エレベーター」のような「市場衰退期」の「脱皮期」と予測する。コロナ禍からの脱出を見据え、品質差別化のマーケティングを提案したい。

コロナ下でも高ロイヤリティ維持する「ハーゲンダッツ」
コロナ下でも高ロイヤリティ維持する「ハーゲンダッツ」

2019年度の冷菓の市場規模は微減、2011年からの7年連続の拡大がストップした。今回の調査では、「ハーゲンダッツ」が認知率を除く6項目で首位を獲得、再購入意向も高く、相変わらずの強さをみせた。在宅時間の増加でアイスを食べるシーンも多様化、従来とは違う切り口でヒットを記録した商品もみられた。需要の最盛期を控え、市場から目が離せない。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.