日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.304
シャンプー(2019年11月版)
上位を独占する定番ブランド、次のヒットの芽は?





本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください..

 2018年のシャンプー市場は出荷数量、金額ともに減少となった(経済産業省「生産動態統計調査」より)。

 今回は、当社が任意に選んだシャンプー38ブランドについて、「知っている(認知率)」、「使ったことがある(経験率)」、最近3ヶ月以内における「広告・記事を見たことがある(広告接触)」「店頭などで見たことがある(店頭接触)」、「3ヶ月以内に買って使った(3ヶ月内購入)」、さらに「今後(も)使いたいと思う(今後意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、前回(2018年11月版)前々回(2017年11月版)と同様に再購入意向を除く6項目で、「ラックス(ユニリーバ)」、「パンテーン(P&G)」「メリット(花王)」の3ブランドが上位を独占した。「メリット」は認知、購入経験、3ヶ月内購入などで首位、「パンテーン」は広告接触、「ラックス」は今後の意向で首位を獲得したが、どれも差はわずかだ。4位以下には「TSUBAKI(資生堂)」「アジエンス(花王)」「ダヴ(ユニリーバ)」などがランクインした。

 再購入意向では、首位は「サクセス薬用シャンプー(花王)」が獲得した。2位から4位は、母数が22から42と小さいものの、植物由来の成分配合を訴求した「ボタニカルシャンプー(ボタニスト)」、育毛に特化した「スカルプD(アンファー)」、オーガニックオイル配合の「モイストダイアン(ストーリア)」と商品コンセプトのはっきりした商品がランクインした。

 シャンプー市場はノンシリコン、ボタニカル、エイジングケア、オイルシャンプーなどのトレンドをリードするヒット商品を生み出してきたが、現在はトレンドの端境期的な状況ともみえる。一方、水を使わないドライシャンプーや、スマートフォンを利用したパーソナライズシャンプー、髪質やなりたいイメージで選ぶオーダーメイドのシャンプーなど新しいトレンドの芽もみられる。市場の次の動向が注目される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示38ブランド】
  • h&s(P&G)
  • ヘアレシピ(P&G)
  • ハーバルエッセンス(P&G)
  • パンテーン(P&G)
  • ダヴ(ユニリーバ)
  • モッズヘア(ユニリーバ)
  • ティモテ(ユニリーバ)
  • ラックス(ユニリーバ)
  • クリア(ユニリーバ)
  • アジエンス(花王)
  • エッセンシャルダメージケア(花王)
  • セグレタ(花王)
  • メリット(花王)
  • サクセス薬用シャンプー(花王)
  • キュレル(花王)
  • TSUBAKI(資生堂)
  • TSUBAKI お部屋でシャンプー(資生堂)
  • 水分ヘアパック(資生堂)
  • スーパーマイルド(資生堂)
  • マシェリ(資生堂)
  • シーブリーズ(資生堂)
  • PROTEC 頭皮ストレッチ(ライオン)
  • オクト(ライオン)
  • 薬用毛髪力(ライオン)
  • サラ(カネボウ化粧品)
  • いち髪(クラシエ)
  • 海のうるおい藻(クラシエ)
  • ジュレーム(コーセー)
  • ビオリス(コーセー)
  • ルシード薬用シャンプー(マンダム)
  • サンスタートニックシャンプー(サンスター)
  • スカルプD(アンファー)
  • モイストダイアン(ストーリア)
  • ボタニカルシャンプー(ボタニスト)
  • レヴール(ジャパンゲートウェイ)
  • アミノレスキュー(アクアノア)
  • サボリーノ髪を洗いまスプレー(BCL)
  • ビオチン+スカルプ シャンプー(スーパーフードラボ)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年10月11日(金)~10月16日(水)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,015サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ ファーストフード<br>「マクドナルド」全項目首位 グルメバーガーブームの次のトレンドは?
消費者調査データ ファーストフード
「マクドナルド」全項目首位 グルメバーガーブームの次のトレンドは?

今回の調査では「マクドナルド」が全6項目で首位を獲得、2位以下に大差をつけた。マックは昨今、メニューを頻繁に入れ替えたり、スマホアプリ決済を導入するなど顧客満足度の向上に努めてきたが、こうした取組が評価されたと考えられる。一方でグルメバーガー系は下位に沈んでおり、ブームには一服感もみられる。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>新型コロナウイルスのインパクト! コロナは購買行動にどのような影響を与えた!?
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
新型コロナウイルスのインパクト! コロナは購買行動にどのような影響を与えた!?

⽇本酒全体の出荷量は2012年以降減少している。しかし、⼤都市圏では、⽇本酒の品ぞろえを多くして、話題になっている飲⾷店も増えているようだ。調査の結果、日本酒初回飲用時にポジティブな印象があるほど、また食意識の高い人ほど日本酒に好意的な傾向がみられた。

成長市場を探せ 納豆(2020年版)
成長市場を探せ 納豆(2020年版)

「健康に良い」「免疫力を高める」などのイメージを持つ納豆が売れている。市場規模は2018年までに7年連続のプラスと成長を続けている。最近では納豆菌の研究が進み、免疫機能を高めるとされる菌株を使った商品も好調だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内感染が報じられてからは、予防に効果があるというフェイクニュースが流れたことも記憶に新しい。健康意識の高まりを背景に、今後も持続的な成長が期待できそうだ。






会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.