半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年10月22日

ポケット版・会社早わかり
富士フイルムホールディングス株式会社
21年3月期は減収減益も、ヘルスケア部門は伸長
富士フイルムホールディングスの2021年3月期決算の総括と戦略計画

富士フイルムHDの2021年3月期連結決算は、売上高が2兆1,925億円(前年同期比5.3%減)、営業利益は1,655億円(同11.3%減)となった。減収減益ながら、富士ゼロックスの完全子会社化による非支配持分帰属損益の改善や投資有価証券の売却益・評価益などの寄与により、株主帰属当期純利益は過去最高の1,812億円を達成した。セグメント別では、「イメージングソリューション部門」はカラーペーパー等の販売の減少や、COVID-19の影響による店舗の休業や外出規制により売上高2,852億円(同14.2%減)、営業利益156億円(同37.8%減)となった。「ヘルスケア&マテリアルズソリューション部門」ではバイオCDMO事業、医薬品事業、電子材料事業等で売上を伸ばしたことにより売上高1兆526億円(同2.8%増)、営業利益1,075億円(同16.3%増)となった。「ドキュメントソリューション部門」は、COVID-19の影響や為替の円高影響等により売上高8,547億円(同10.8%減)、営業利益733億円(同30.2%減)となった。2021年度からは「VISION2023」がスタート、事業セグメントを「ヘルスケア」「マテリアルズ」「ビジネスイノベーション」「イメージング」の四つに再編、新経営体制下で、ヘルスケア・高機能材料の成長加速と、持続的な成長を可能にする更に強靭な事業基盤の構築を目指す


戦略や業績をより深く分析するには「戦略200+・企業活動分析」をご利用下さい


参照コンテンツ

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.