半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2007.4)
No58. 2007年春のビール商戦
-ビール・発泡酒・第三のビール
 「キリン・ザ・ゴールド」発売、「スーパードライ」の牙城を崩せるか?
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 キリンビールが2007年3月20日に新製品「ザ・ゴールド」を発売しました。キリンが定番ビールの新製品を発売するのは17年ぶりです。キリンからアサヒビールへのトップシェア逆転から6年。キリンの創業100周年とアサヒ「スーパードライ」発売20周年という節目の年に、ビール2強が業界リーダーの座を懸けて激突します。
 今回は、ビール・発泡酒・第三のビール32ブランドについて、当社のインターネットモニターに行った調査結果を、ランキング形式でお届けします。

 ビール系飲料(ビール・発泡酒・第三のビール)それぞれのカテゴリー毎にその浸透状況の特徴を整理する。

【ビール】
 飲用経験・3ヶ月内飲用経験・今後飲用意向のランキングで、キリン「一番搾り」「ラガー」とアサヒ「スーパードライ」が上位3位を独占、やや引き離されてサッポロ「エビス」やサントリー「モルツ」が続いている。
 注目の「ザ・ゴールド」は、認知63%、飲用経験は2割弱だが、3ヶ月以内に話題ではトップである。しかし、今後飲用意向は14%で全体の8位であるものの、飲用者ベースの今後飲用意向では63%と現在の定番ビールと比較して低い。キリンは初年度販売目標を低めに設定しており、長期的なブランド育成の意図がうかがえる。

【発泡酒】
 認知・飲用経験・3ヶ月内飲用経験・話題・今後飲用意向のランキングで、キリンの「淡麗<生>」が他ブランドを引き離してトップとなった。また、「淡麗<生>」に続くのは「淡麗グリーンラベル」であり、アサヒ(贅沢日和)、サッポロ(生搾り)、サントリー(MDゴールデンドライ)が新製品を続々と投入しているにも関わらず、「円熟」と合わせたキリンの独壇場となっている。

【第三のビール】
 アサヒ「ぐびなま。」は、3ヶ月内飲用経験・話題でトップを獲得しているものの、今後飲用意向・飲用者ベースの今後飲用意向ではキリン「のどごし<生>」に後れをとった。特に、飲用者ベースの今後飲用意向では、「のどごし<生>」が75%、「ぐびなま。」は61%と、10ポイント以上も水をあけられている。アサヒはシェア確保のため、同カテゴリーで、「極旨(ゴクうま)」「新生3」を展開しているが、資源の分散化が懸念される。

 キリンは「ザ・ゴールド」を「ラガー」「一番搾り」とのマルチブランド戦略の一角を担う商品に育成し、18年連続1億ケース超のメガブランド「スーパードライ」の封じ込みを図る狙いだが、今回の調査でその成否を判断するのは早計であろう。
 また、今回注目したいのは、「3ヶ月内自宅飲酒者ベース・今後意向者ランキング」で上位に入った、「サントリー・ダイエット生」と「サッポロ・Slims(スリムス)」の発泡酒の2ブランドである。どちらもカロリーや糖質を大幅カットした健康訴求ブランドで、前回調査(2006年)と比べると母数が減少しているが、リピート意向率は上昇している。健康志向者を対象としたニッチ市場で、顧客固定化に成功する可能性を示した。



【提示32ブランド】
▼ビール
  • キリン・ラガービール
  • キリン・一番搾り
  • キリン・ザ・ゴールド
  • アサヒ・スーパードライ
  • アサヒ・プライムタイム
  • アサヒ・黒生
  • サッポロ・黒ラベル
  • サッポロ・エビス
  • サントリー・モルツ
  • サントリー・プレミアムモルツ
▼発泡酒
  • キリン・淡麗<生>
  • キリン・淡麗グリーンラベル
  • キリン・淡麗アルファ
  • キリン・極生
  • キリン・円熟
  • アサヒ・本生アクアブルー
  • アサヒ・本生ドラフト
  • アサヒ・贅沢日和
  • アサヒ・スタイルフリー
  • サッポロ・北海道生搾り
  • サッポロ・凄味(すごみ)<生>
  • サッポロ・雫(しずく)[生]
  • サントリー・MDゴールデンドライ
  • サントリー・ダイエット生
▼第三のビール
  • サッポロ・ドラフトワン
  • サッポロ・Slims(スリムス)
  • サントリー・スーパーブルー
  • サントリー・ジョッキ生
  • アサヒ・新生(しんなま)3
  • アサヒ・ぐびなま。
  • アサヒ極旨(ゴクうま)
  • キリン・のどごし<生>

サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2007年3月29日~30日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:634サンプル


 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。





新着記事

2024.03.01

現代日本の消費について何が語られたのか―目的と手段の転倒

2024.02.29

消費からみた景気指標 23年11月は10項目がプラスに

 

2024.02.29

23年12月の「広告売上高」は、3ヶ月ぶりにマイナスへ

2024.02.28

企業活動分析 キッコーマンの23年3月期は海外事業が好調で増収増益

2024.02.27

24年1月の「ファーストフード売上高」は35ヶ月連続のプラスに

2024.02.27

24年1月の「ファミリーレストラン売上高」は23ヶ月連続プラス

2024.02.26

24年1月の「全国百貨店売上高」は23ヶ月連続のプラス、インバウンドや高額商材好調で

2024.02.26

24年1月の「チェーンストア売上高」は既存店で11ヶ月連続のプラス、食料品が好調

2024.01.29

24年1月の「コンビニエンスストア売上高」は2ヶ月連続のプラスに

週間アクセスランキング

1位 2024.02.15

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 男性子育て層の約5割が利用 バンドワゴン効果で拡大する新NISA

2位 2023.12.27

2024年の日本を読み解く―24の視点

3位 2024.02.22

消費者調査データ No.402 RTD(2024年2月版) 「ほろよい」「氷結」「贅沢搾り」 熾烈なトップ争い

4位 2021.10.14

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション―産業衰退死段階の生き残り戦略【1】

5位 2016.03.16

【マーケティングFAQ】どうすればブランド力を強化できるか

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area