半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2003.10)
低アルコール飲料 
-健康志向新ブランドで一人好調の本生アクアブルー
 
 詳細データ(単純集計表・クロス集計表)(LZH形式・有料会員サービス)
 今年の夏は冷夏のためにビール・発泡酒を飲む機会が例年より少なく、物足りなさを感じながら秋を迎えた人も多いことでしょう。各社は夏場の最需要期に新アイテムを投入しましたが、6月~8月の出荷量は前年同期比11%減(ビール酒造組合発表)となり市場を活性化させるには至りませんでした。しかし9月には出荷が5ヶ月ぶりに前年比増加となり、ビール・発泡酒に復調の兆しが見えてきました。
 今回は、ビール・発泡酒、チューハイ・サワーといった低アルコール飲料について、当社のインターネットモニターに行った調査結果をランキング形式でお届けします。

 今回のランキングではアサヒ・スーパードライ(以下スーパードライ)が認知率、飲用経験、1ヶ月以内購入経験、最頻飲用、飲用意向、1ヶ月以内購入経験者ベース今後意向の六つのランキングで1位となり、前回にも増して(03年3月実施、五部門で1位)、圧倒的な強さをみせた。内容を比べてみても、1ヶ月以内購入では6ポイント(30%→36%)、最頻飲用では3ポイント(12%→15%)アップを果たした。
 各ランキングからは、アサヒビール(以下アサヒ)とキリンビール(以下キリン)のブランド競合が見てとれる。ここで注目したいのは、両社がそれぞれの定番発泡酒ブランド、「麒麟淡麗」、「アサヒ・本生」のサブブランドとして発売した「淡麗グリーンラベル」(以下グリーンラベル)と「アサヒ・本生アクアブルー」(以下アクアブルー)である。認知率ではグリーンラベルが上回っているものの、五つのランキングでアクアブルーの方が上位となっている。今年7月発売という目新しさもあるだろうが1ヶ月以内購入では22%で3位、飲用経験ベースの今後意向では41%で5位となり、20位のグリーンラベルに10ポイント以上も差をつけている。
 ビール・発泡酒以外では、キリンの「キリンチューハイ氷結」が強く、飲用経験ベースの今後意向では55%で1位、全てのランキングで上位10位以内に入っている。
 昨今の低アルコール市場の特徴は、上記のアクアブルーをはじめ、各社が「健康志向」「機能性」を訴求したアイテムを発売していることである。(アサヒ「アクアブルー」(糖質オフ、海洋エキス使用)、キリン「グリーンラベル」(糖質オフ、酵母エキス使用)・「淡麗アルファ」(プリン体カット)、サッポロビール「北海道生搾りハーフ&ハーブ」(カロリーオフ)・「北海道生搾りファイバー」(食物繊維入り)、サントリー「カロリ。」(カロリーオフ))
 しかし、今回のランキングを見ても分かるように、上位に入っているのはいわゆる定番ブランドである。アクアブルーが健闘しているのは、「健康志向」「機能性」という面よりも、本ブランド「本生」が市場に浸透していることを前提とした上で「ブルーの本生」(本生の缶の赤色に対して)、「本生の新製品」としてアピールしたことが消費者に受け入れられた結果ではないか。この秋は各社が秋限定アイテムなどで今までの落ち込みの盛り返しをはかっている。熱い戦いに注目したい。


サンプル構成(%)
男女別年代比率(%)
【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2003年9月18日~19日
調査対象者:当社インターネットモニター 20~49歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:635サンプル

 本コンテンツのグラフは無料会員サービス、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスへのご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員の方は、下記をクリックしてグラフ・詳細データをご利用ください。






お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

2024.05.17

24年3月の「消費支出」は13ヶ月ぶりのプラス

2024.05.16

24年2月の「現金給与総額」は26ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.05.16

24年3月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は改善

2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2024.05.14

24年3月の「新設住宅着工戸数」は10ヶ月連続マイナスに

2024.05.08

企業活動分析 マルハニチロの23年3月期は、売上高初の1兆円超えで増収増益に

2024.05.13

企業活動分析 伊藤ハム米久HDの23年3月期は価格改定で増収もコスト増響き減益に

週間アクセスランキング

1位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

4位 2024.05.08

企業活動分析 ニッスイの23年3月期は売上高過去最高も原材料高や円安で減益に

5位 2009.06.26

【マーケティングFAQ】「需要の価格弾力性」とは

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

採用情報 J-marketing活用法

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area