半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


消費者調査データ No.300
スポーツドリンク・熱中症対策飲料(2019年9月版)
アクエリアス、ポカリスエットの2強、再購入意向が高い熱中症対策飲料



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください..

 2019年の夏は梅雨明けが遅れたことから、7月中は清涼飲料の出足が鈍く厳しいスタートとなったが、8月に入り一転、全国的な気温上昇・猛暑によりミネラル分を補うスポーツドリンクや熱中症対策飲料が伸びた。

 今回は、当社が任意に選んだスポーツドリンク、熱中症対策飲料30ブランドについて、「知っている(認知率)」「飲んだことがある(経験率)」最近3ヶ月以内における「広告・記事を見たことがある(広告接触)」「店頭などで見たことがある(店頭接触)」「3ヶ月以内に買って飲んだ(3ヶ月内購入)」さらに「今後(も)飲みたいと思う(今後意向)」と「購入経験者における今後の購入意向(再購入意向)」という7項目について、インターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査でも、前回(2018年8月版)と同じく7項目中6項目で「アクエリアス(日本コカ・コーラ)」が首位、「ポカリスエット(大塚製薬)」が2位となった。3位以降は「GREEN DA・KA・RA(サントリー)」や「アクエリアス ゼロ(日本コカ・コーラ)」などがランクインしているが、「アクエリアス」「ポカリスエット」と3位との差は大きく、飲用経験では36.2ポイント、今後の購入意向では23.5ポイントも引き離すなど、別格の存在感を見せつけた。

 一方、ユーザーのロイヤリティの指標である再購入意向では、母数は小さいながら、上位3位がすべて熱中症対策飲料で占められた(1位から順に、「アクエリアス 経口補水液(日本コカ・コーラ)」「GREEN DA・KA・RA 塩ライチ&ヨーグルト(サントリー)」「アクエリアス ピーチ(日本コカ・コーラ)」)。昨年の猛暑を機に熱中症対策の周知がすすんだことで、水分と塩分などのミネラル分を訴求した熱中症対策飲料への注目の高まりが後押しした。気温に需要が大きく左右される市場だが、メーカー各社は乳酸菌や梅、レモンやライチなど工夫をこらし、新しいヒットの芽を探っている。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。




【提示30ブランド】
  • アクエリアス(日本コカ・コーラ)
  • アクエリアス ゼロ(日本コカ・コーラ)
  • アクエリアス ピーチ(日本コカ・コーラ)
  • アクエリアス 経口補水液(日本コカ・コーラ)
  • ポカリスエット(大塚製薬)
  • ポカリスエット イオンウォーター(大塚製薬)
  • 経口補水液オーエスワン(大塚製薬)
  • アミノバリュー(大塚製薬)
  • DAKARAフレッシュスタート(サントリー)
  • GREEN DA・KA・RA 塩ライチ&ヨーグルト(サントリー)
  • GREEN DA・KA・RA(サントリー)
  • ビタミンウォーター(サントリー)
  • 塩のはちみつレモン(サントリー)
  • キリン ラブズスポーツ(キリン)
  • アミノバイタル(キリン)
  • キリン サプリ(キリン)
  • キリン ソルティライチ(キリン)
  • アサヒスーパーH2O(アサヒ飲料)
  • バヤリース スポーツオレンジ(アサヒ飲料)
  • 塩JOY(エンジョイ)サポート(ポッカサッポロ)
  • スポーツウォーター(ポッカサッポロ)
  • ヴァームウォーター(明治)
  • 明治 アクア ボディ(明治)
  • miu プラススポーツ(ダイドードリンコ)
  • 日本の果実(伊藤園)
  • ライフガード(チェリオ)
  • 熱中対策水(赤城化成)
  • セブンプレミアムスポーツドリンク
  • トップバリュ スッキリ飲みやすいスポーツドリンク(イオン)
  • みなさまのお墨付きスポーツドリンク(西友)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年8月2日(木)~8月7日(水)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,017サンプル
サンプル構成(%)







おすすめ新着記事

都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション
都心主要ラグジュアリーホテルのリバイバル戦略と行動直結プロモーション

シティホテルの9月の客室稼働率は34.5%(前年同月差-44.8%)と、コロナ前と比べると危機的だ。固定費を圧縮し、助成金などの借り入れで延命するしかない。日本のような支援のないニューヨークでは、ホテルの20%が閉業し、2025年までの回復は難しいと言われている。まさに、業界は「産業衰退死」の段階を迎えている。

錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国
錦糸町 千葉県民が支える大人の桃源郷は、いま大注目の消費王国

錦糸町といえば、都内屈指の歓楽街。場外馬券場や風俗店などディープなイメージのこの街が、いま若者の人気を集めている。理由のひとつが、JR総武線によるアクセスの良さ。千葉県民の東京デビューの"関所"としても知られ、コロナ禍もあいまって千葉の若者で溢れかえっているのだ。再開発も進み、人口増加中の錦糸町は、エリアマーケティングを行う上でも重要なエリアとなっている。

本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」
本当?日本人の魚離れ 8割以上が「魚を食べたい」

水産庁の「水産白書」によると、国民1人当たりの魚介類消費量は2001年をピークに減少している。魚離れともいわれる昨今、魚が実際にどのように食べられているのか調査を行った。全体として魚を食べる頻度はやや減ってはいるものの、今後の魚食意向については8割の人が「食べたい」と答えいることからも、潜在的支持基盤は大きいと考えられる。本調査ではこのほか、年代や食意識、魚食意向といった属性別に調理頻度や食べる理由、食べない理由などを深堀りしていく。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.