日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2019年03月20日


消費者調査データ No.290
メニュー用調味料(2019年3月版)
盤石Cook Do、追う丸美屋の麻婆豆腐の素



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください..

 和洋中の定番・人気メニューが簡単にできるレシピ専用の合わせ調味料が人気だ。2013年から2015年にかけて急成長、市場規模は800億円にのぼるとみられている。

 今回は、当社が任意に選んだ24のメニュー調味料(専用鍋調味料を含む)について、「知っている(認知率)」「3ヶ月以内に広告を見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭でみた(店頭接触)」「買って使ったことがある(購入経験)」「3ヶ月以内に買って使った(3ヶ月以内購入)」「今後(も)買って使いたい(購入意向)」「購入経験者ベースの今後の購入意向(再購入意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回のランキングでは、7項目中再購入意向を除く6項目で、味の素の「Cook Do」が首位を獲得した。「Cook Do」は、2位以下に、認知や広告接触では10ポイント以上、店頭接触、購入経験、今後の意向では5ポイント以上の差をつけており、1978年に発売のロングセラーで、メニュー用調味料のパイオニアともいえるだけに、盤石な強さを示している。

 「Cook Do」に購入経験や3ヶ月内購入、購入意向で迫るのが丸美屋の「麻婆豆腐の素」である。こちらも1971年発売のロングセラーで、麻婆豆腐の素では圧倒的なシェアをもつ。

 3位以下をみると、2月という調査時期の関係もあり、「鍋キューブ(味の素)」「 プチッと鍋(エバラ)」などの鍋専用調味料が、3ヶ月内購入や今後の意向で上位に挙がってきている。

 それを追うのは、和食用のメニュー用調味料である「キッコーマン うちのごはん(キッコーマン)」や、和食・洋食用の「Cook Do きょうの大皿(味の素)」である。

 上記にあげたブランドは、3ヶ月内使用率こそ、首位の「Cook Do」でも3割を切っているが、利用者の再購入意向はいずれも6割以上と高く、固定ファンを掴んでいるといえる。

 メニュー用調味料は、共働き世帯や高齢者世帯の増加を背景に、簡便化、食べきりのニーズをつかんで2015年ころまで急成長した。ここ1~2年はやや足踏み状態ではあるものの、2018年にはトップブランドの「Cook Do」がリニューアル、ミツカンがカップ容器のメニュー用調味料「CUPCOOK」を新発売など、メーカー各社も有望な市場として注力している。簡便志向を追い風に一段の成長が期待される市場のゆくえが注目される。


本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示24ブランド】
  • Cook Do(味の素)
  • Cook Do きょうの大皿(味の素)
  • キッコーマン うちのごはん(キッコーマン)
  • デルモンテ 洋ごはんつくろ(キッコーマン)
  • 野菜がはいったおかず調味料(カゴメ)
  • トマトでおいしいごはんのおかず(カゴメ)
  • ごちうま(グリコ)
  • できたて革命(グリコ)
  • 三ツ星食感(ハウス食品)
  • グラタンのもと(ハウス食品)
  • だしとスパイスの魔法(にんべん)
  • だしが世界を旨くする"料理の素シリーズ"(にんべん)
  • おうち食堂(丸美屋)
  • 麻婆豆腐の素(丸美屋)
  • 麻婆豆腐の素(永谷園)
  • 新宿中村屋本格四川(新宿中村屋)
  • セブンプレミアム フライパンクッキング(セブン&アイ)
  • トップバリュ パッと簡単おかず!(イオン)
  • 鍋キューブ(味の素)
  • プチッと鍋(エバラ)
  • こなべっち(ミツカン)
  • 洋風炒めごはんの素(グリコ)
  • 炒飯の素(ハウス食品)
  • プチッとごはんズ(エバラ)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年2月13日(水)~19日(火)
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,041サンプル
サンプル構成(%)






参照コンテンツ


おすすめ新着記事

新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調
新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調

2010年をピークに2015年までダウントレンドにあった2紅茶飲料の生産量は、2016年に反転。2019年は119万8,600Kℓで、4年連続の拡大、過去最高を記録した。今年4、5月は新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ペットボトル飲料は全体として低迷したが、紅茶飲料の市場は、トレンドのフルーツティーの新製品やリニューアルで活気をみせている。

伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル
伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル

直売所だけでなく、ネットでの取り扱いの増加などで、地域ブランドの農産物を目にする機会が増えてきている。実際に今回の調査でも、全体の半数を超える人が、最近1年以内に地域ブランド農産物を購入したことがあると答えた。今後の購入意向も高く、多少高くても買いたいと考える人も多い。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ネットチャネルでの購入も増加。加えて消費者の食・健康意識の高まりを背景に、今後も成長余地は大きいとみられる。

消費者調査データ ミネラルウォーター類<br>20年ぶり前年割れも上位ブランド盤石
消費者調査データ ミネラルウォーター類
20年ぶり前年割れも上位ブランド盤石

2019年のミネラルウォーター類の生産量は、20年ぶりの前年割れとなった。今年3月には新型コロナの感染拡大で備蓄需要が伸びたものの、4月は外出自粛などの影響で売上が減少、厳しい状況が続いている。潜在的な成長力は高いこの市場をけん引するのは、2大ブランド「サントリー天然水」「い・ろ・は・す」だ。






コロナ経営危機を乗り越える!中堅ビジネス向け無料オンライン相談
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.