半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:1999年01月01日

シリーズ「崖っぷちからの復活」第5回
マツダ株式会社
-フォード流キャッシュフロー経営で復活したマツダ
戦略分析チーム

全文の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインして全文をご利用ください。

 フォード流の経営再建によって収益構造を大きく変え、利益を出せる体質に生まれ変わったマツダを取り上げる。

 世界的な業界再編の流れの中で、欧米大企業との提携あるいは傘下に収まることで生き残りを模索するか。右肩上がりの成長が望めない中でいかに利益の出る体質を作り上げるか。今後多くの企業が直面するであろう試練を体験し、世界標準の経営を受け入れたマツダの復活のヒストリーは生きた教科書ともいえるものだ。

 あわせて次回ではシリーズのまとめの意味も込めて、ここで取り上げた5社(シティバンク、シートゥーネットワーク、アイワ、丸井、マツダ)の事例から学べる企業再生の条件、逆境下での新しい経営の視点について、改めて確認してみたい。


大幅赤字で経営危機に直面

 1999年度決算では経常利益497億円と最高益を更新したマツダだが、1994年3月期には441億円もの赤字をだし、経営危機に瀕していた。

 マツダのつまずきの原因としては、1989年に「マツダ」「アンフィニ」「オートラマ」の3チャネルだった販売網に「ユーノス」「オートザム」を追加してトヨタなみの5チャネルに拡大し、1992年には最新設備の工場建設に600億円の建設費を投じるなど、過大投資に走ったことがあげられる。これらの投資に伴う減価償却費負担が経営を一気に悪化させ、バブル崩壊に直撃された結果の赤字転落である。この間、国内販売台数も1990年の142万台をピークに1995年には77万台まで落ち込んでいる。

 マツダとフォードとの提携の歴史は長く、1979年に遡るが、1993年にはさらに関係強化、1996年5月にはフォードの出資比率を25%から33.4%に引き上げ、フォードから社長の派遣を受け入れるなど、米国フォードの実質子会社となっている。その意味で、マツダの復活は、フォードが実質的な経営権を掌握して以来のフォード流経営再建の成功ヒストリーでもある。


図表 マツダの売上と経常利益の推移
図表



財務主導でフォード流経営改革のスタート

 フォードからの社長派遣に先立つ約2年前の1994年からフォード流経営改革はスタートしている。1994年2月のフォード出身役員が着任(ヘンリー・ウォレス前社長、ゲーリー・ヘクスター財務統括専務が常任顧問として着任)後まず手を着けたのは、財務改善5カ年計画の作成と目標に明示であり、とくに強調されたのはバブル期の拡大戦略の結果巨大化した有利子負債の削減である。有利子負債の増加は多額の支払利息を必要とし、収益を圧迫する。さらには企業の信用低下につながり、資金調達を困難にする。いくどかの不況をくぐり抜け、過大な有利子負債の危険性を十分に知っているフォードなればこそである。

 有利子負債の返済原資確保のために行ったことは、設備投資の大幅削減であり、資産効率の悪いもの、自動車事業と関係のない資産の大胆な切り捨てである。その結果、1994年に5,800億円あった有利子負債は1998年3月末には3,940億円に減少している。

 しかし、この間、マツダの業績は単独では1994年、1995年3月期が赤字、連結では1998年3月期まで赤字が続いている。一般には、赤字になると通常は赤字分だけ外部資金の注入が必要になる。貸し渋り対策として手元流動性はなるべく厚く、というのが常識だ。にもかかわらずの有利子負債削減である。当然のことながら設備投資の削減くらいで追いつく話ではなく、様々な角度から検討され、実現されていくことになる。


続きを読む
「販売部門の見直し、合理化」

続きを読むには有料の会員登録が必要です。


自動車業界の戦略を読む


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

2024.04.22

JMR生活総合研究所 ゴールデンウイーク期間中の営業のお知らせ

新着記事

2024.04.24

24年3月の「チェーンストア売上高」は既存店で13ヶ月連続のプラス、食料品がけん引

2024.04.24

24年3月の「コンビニエンスストア売上高」は4ヶ月連続のプラスに

2024.04.23

24年2月の「旅行業者取扱高」は19年比で78%に

2024.04.23

24年2月の「広告売上高」は、3ヶ月連続のマイナス

2024.04.22

企業活動分析 カルビーの23年3月期は需要堅調もコスト高吸収できず減益に

2024.04.22

企業活動分析 亀田製菓の23年3月期は国内外好調で増収もコスト増で減益着地

2024.04.22

企業活動分析 大正製薬の23年3月期はOTCなど好調で増収増益

2024.04.19

企業活動分析 森永製菓の23年3月期は、「inゼリー」等好調で2年連続最高益更新

2024.04.18

24年2月の「商業動態統計調査」は36ヶ月連続のプラスに

2024.04.17

24年3月の「景気の現状判断」は14ヶ月ぶりに50ポイント割れに

週間アクセスランキング

1位 2024.04.12

成長市場を探せ ビスケット市場、4年連続プラスで初の4,000億超えに(2024年)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

4位 2019.09.10

戦略ケース プラットフォームビジネスで急拡大するウーバーイーツ

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area