日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
サムスン電子株式会社(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年12月期決算の総括
サムスン電子の2017年12月期決算は、売上高239.6兆ウォン(前年同期比18.7%増)、営業利益53.7兆ウォン(同84.0%増)、純利益42.2兆ウォン(同86.0%増)と増収増益、営業利益は過去最高を記録した。半導体事業では、サーバーおよびモバイルストレージ用の高性能メモリ製品の受注が好調であったことから成長。ディスプレイパネル事業では、プレミアム・スマートフォン向けのOLEDパネル出荷が増加したが、秋冬にかけて鈍化し、売上高やASPが低下したために収益性は低下した。IT&モバイル通信事業では、スマートフォンのローエンドモデルのラインナップ最適化により出荷台数は低下したものの、Galaxy Note8などの主要製品の出荷数は前期から増加した。ネットワーク事業では、顧客のLTE投資が上半期に集中したため、下期には低迷した。コンシューマーエレクトロ二クス事業では、超大型およびQLEDモデルを含むプレミアム製品の売上が増加したことから、テレビの収益は増加した。また、家庭電化製品については、北米および欧州のハイエンド洗濯機およびオーブンの需要が増加した。2018年度も半導体の好況が持続、スマートフォン(スマホ)や家電などの収益改善も寄与し、業績は好調に推移する見込みだが、それ以降に向けては、ハーマン買収を最後に競争力の確保に向けたM&Aが事実上途切れていることなど、不安要素も大きい。

【最新版 2019.05.09 更新】
サムスン電子
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年 18年
- -
戦略200+・企業活動分析「サムスン電子」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ 衣料用洗剤<br>発売半年、「アタックZERO」が6項目で首位獲得
消費者調査データ 衣料用洗剤
発売半年、「アタックZERO」が6項目で首位獲得

衣料用洗剤の市場は全体では縮小しているが、液体・ジェル状洗剤は拡大を続けている。今回の調査では「アタック ZERO」が7項目中6項目で首位を獲得。2019年4月発売の新商品にも関わらず、積極的なマーケティング展開が奏功し使用経験は2割を超えた。今後の購入以降でも僅差ながら首位を獲得しており、ヒット商品の実力を見せつけたかたちだ。

戦略ケース 快進撃続くTHREE―「ブルーオーシャンターゲティング」で第3の価値創造
戦略ケース 快進撃続くTHREE―「ブルーオーシャンターゲティング」で第3の価値創造

ポーラ・オルビスグループの育成ブランド「THREE」の快進撃が止まらない。売上高は100億円を突破し、営業利益率も10%と収益性を向上させた。成功の要因は、競合が入り込めない、「ブルーオーシャンターゲティング」の発見にある。ケミカルコスメとオーガニックコスメのニーズが交差する部分にユーザーがいることを、THREEは発見したのである。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>健康意識を背景に受容層広がるゼリー飲料
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
健康意識を背景に受容層広がるゼリー飲料

ゼリー飲料市場が伸びている。2018年の生産量は8万5,593リットルと、前年から10.5%増加している。飲用率は世代や性別で差がみられ、高いのは男性、女性ともにバブル後世代であった。飲用理由では全体ではもっとも高かったのは「短時間で栄養を補給するため」であり(27.6%)、次いで「短時間で食事を済ませるため」であったが、ヘビー層とライト層では理由が異なり、ヘビー層ほど具体的なベネフィットを求める結果となった。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.