日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2018年09月27日

戦略200+・企業活動分析
ザ コカ・コーラ カンパニー
17年12月期は二桁の減収減益。健康志向の高まりで需要低迷
2017年12月期決算の総括

ザ コカ・コーラ カンパニーの2017年12月期連結決算は、売上高354億ドル(前年同期比15.4%減)、営業利益75億ドル(同13%減)であった。地域別売上は欧州・中東・アフリカ地域、中南米地域北米地域で伸びたものの、アジア地域では売上を落とした。営業利益は中南米地域が増益となったものの、その他の地域ではマイナスとなった。2008年に策定された「Vision2020」(2020年までに売上を2倍にする)は現在も継続中だが、アメリカや他の先進国で消費者の健康志向から炭酸飲料が避けられる傾向が高まったことなどから、2012年度をピークに売り上げが減少傾向にあり、業績面ではやや苦戦している。ただし、 2017年度は当初目標を上回る業績を達成、既存事業は通年で3%の増収、9%の増益(税引前実質利益)となった。「コカ・コーラ ゼロシュガー」など糖分ゼロ製品の拡充、成功事例の他国への迅速な展開、新興ブランドの買収、短いサイクルでの実験的なマーケティング、身軽で合理的な組織への再編など、成長のために多岐にわたる方策を実施した。2018年度もこれらの取り組みを継続しつつ、売上高と1株当たり利益(EPS)の成長加速を目指す。

企業活動分析レポートのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
レポートでは企業の戦略や活動を当社独自のフレームに沿って時系列で整理しています。競合比較や業界分析などに幅広くご活用いただけます。

分析レポートのサンプルを見る

分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

酒税改正でどうなる!?家呑みカテゴリー間競争
酒税改正でどうなる!?家呑みカテゴリー間競争

10月1日に酒税が改正され、ビールは減税、発泡酒は増税となった。この改正が、アルコール飲料の飲み方にどのような影響を与えているのか。今回の調査では、カテゴリー別の飲用頻度の増減など、お酒の飲み方の変化を探った。

「アタックZERO」、全項目でトップに
「アタックZERO」、全項目でトップに

今回の調査では、「アタックZERO(花王)」が全項目で首位を獲得した。2位とは広告接触で13.3ポイント差、店頭接触で13.7ポイント差となっており、積極的な広告出稿や店頭露出が発売後1年半にして68.8%という高い認知に結びついていると考えられる。「アタックZERO」の2020年9月中旬までの累計出荷本数は、1億5,000万本以上(本体ボトル換算)と大ヒットを記録しており、高い洗浄力や、1プッシュが1回分など、わかりやすい特徴が受け入れられているとみられる。

「UNIQLO TOKYO」「和光本館」「SEIKO MUSEUM」...新名所登場で賑わい取り戻す銀座の今
「UNIQLO TOKYO」「和光本館」「SEIKO MUSEUM」...新名所登場で賑わい取り戻す銀座の今

銀ブラの象徴、ホコ天が再開したのは6月中旬。徐々に賑わいが戻ってきたところに相次ぎオープンしたのが「UNIQLO TOKYO」と「和光本館」「セイコーミュージアム」でした。今回はそんな新スポットを訪ね、活気を取り戻した銀座の"今"をお伝えします。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.