半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


これからどうなる?47都道府県の経済天気図
「これからどうなる? 47都道府県の経済天気図」 要約
 本書は、地域経済の過去を少々振り返り、現在の課題に焦点をあて、未来を展望し、短期及び長期の地域経済の「天気予報」を試みたものです。
 日本を九つのブロックに分けて、47の都道府県別に143の都市エリアに焦点をあてて、都市エリア毎に所得水準、成長率や産業集積のグローバルな競争力などをまとめて天気予報を試みました。
 方法としては、統計データの延長推計にのみ依拠するものではなく、一個人の経験による主観に基づくものでもありません。大手の消費財メーカーのマーケティングリサーチをベースにした地域営業や経営についてのアドバイスの実務、主に、地域経済の典型的な課題を持つ岩手県の経済を分析してきた経験、そして、両者の分析や問題解決に必要なマーケティング、経営や経済学の蓄積、そして、執筆メンバーによる顔をつきあわせての議論にもとづく経験科学的な方法をとっています。

 全国を概況すると、1970年代の高度経済成長時代のような全国的な経済天気の快晴は期待できません。各種統計データを検討した結果、90年代後半から地域間経済格差は拡大しており将来に渡ってその拡大傾向が持続すると結論づけられます。地域間格差が拡大するのは、人口減少と産業集積のふたつが要因となって、地域経済の核となる都市エリアの分化を促すからです。

 現在、強い産業集積が形成されて経済成長の中核となっていくであろうグローバル都市地域が七つあります(東京都心拠点エリア、横浜・川崎連携エリア、名古屋エリア、四日市(亀山)エリア、京滋エリア、広島・関門エリア、関門・福岡エリア)。一方で都市インフラを維持する人口規模を維持できない衰退エリアが55あります。その間に60の成熟都市地域、今後の高成長が期待される21の発展途上地域があるのです。

図表1.日本経済地図
 こうした都市エリアの栄枯盛衰の結果、将来の経済規模を基にした日本地図は、大きく塗り替えられます。ひとつは、未来の経済地図には、巨大な首都ブロックが誕生し、それを支えるように中部ブロックが現れます。ふたつめは、衰退に歯止めがかからない近畿ブロックと踏ん張る福岡を中心とした九州ブロックの姿があります。三つめは、北海道、東北、中国、四国ブロックでは自然共生地域が拡大し、一般の地図に比べて経済地図の大きさは相対的に小さくなっています。

 本書は、地域経済格差の現実を糊塗するのではなく、厳しい地域経済の現実を提示しています。それは地域経済の衰退が固定的なものではなく、地域経済再活性化の方法はあると考えているからです。終章では地域経済の悪循環を断ち切るための新たな戦略主体とその方策が述べられています。
 まず地域経済の悪循環を断ち切るためには、「重点」「集中」「傾斜」した予算配分を行い政策を実行していく経済主体が必要ですが、県、市町村などの地方自治体は有効な政策を実現することができない状況にあります。政策立案単位として中央政府レベル、道州制レベルのブロック、都市エリア単位に腑分けして新しい戦略主体を創出していくことを提言しています。
 さらに方策のひとつとして、都市への再集中が提示されています。多くの人々が集まることによって、多様な製品サービスが提供され、多様な製品サービスは人々に多くの効用を与えることになります。するとさらに人々が集まる、というような累積的な効果があります。
 最後に民間企業のマーケティングの実務に関わる方々に注目して欲しいことは、地域経済格差が拡大することにより、業態間格差よりもエリア格差が拡大し、成長する拠点都市への集客の集中など、これまでの10年のマーケティングの枠組みのままでは成長チャンスに対応できず、資源配分の不効率を生む可能性があるということです。まず長期の地域経済の展望を持つことでビジネスの足下を見直す必要があります。

 本書では、143の都市エリアの分析の上で、47都道府県、九つのブロック毎に、現在と未来の空模様が提示されております。ビジネスのためにも、また、ご自身がお住まいの地域や、出身地がどのように予想されているか、をみてみるのもおもしろいと思います。

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.07.19

企業活動分析 ライオン株式会社(2023年12月期) 増収も土地譲渡益の反動等で減益に

2024.07.19

企業活動分析 ユニリーバ(Unilever)(2023年12月期) 減収減益、事業部門の業績格差受け、新成長戦略を修正へ

2024.07.19

24年6月の「景気の先行き判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.07.18

24年6月の「景気の現状判断」は4ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.07.17

MNEXT 円安は歓迎すべきかー過熱する円安論争

2024.07.16

企業活動分析 山崎製パン株式会社 23年12月期は大幅な増収増益で過去最高益に

2024.07.12

消費者調査データ スポーツドリンク・熱中症対策飲料(2024年7月版) 首位「ポカリスエット」、追い上げる「アクエリアス」

2024.07.11

24年5月の「消費支出」はふたたびマイナスに

2024.07.10

24年5月の「家計収入」は20ヶ月ぶりのプラス

2024.07.09

24年4月の「現金給与総額」は28ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.07.08

企業活動分析 大塚HD 23年12月期は売上は過去最高を記録、医療事業の減損損失で減益に

2024.07.08

企業活動分析 小林製薬の23年12月期は、R&Dや宣伝広告への積極投資を行い増収減益に

2024.07.05

成長市場を探せ 初の6,000億円超え、猛暑に伸びるアイスクリーム(2024年)

2024.07.04

24年5月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.07.03

MNEXT コロナ禍の前中後の内食もどりはあったのか? -食欲望の現在-

2024.07.03

24年6月の「乗用車販売台数」は6ヶ月連続で前年割れに

2024.07.02

24年5月の「新設住宅着工戸数」は再びマイナスに

2024.07.01

企業活動分析 サントリーHD 23年12月期は二桁の増収増益、2年連続売上利益ともに過去最高を達成

週間アクセスランキング

1位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

2位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

3位 2024.03.08

消費者調査データ カップめん(2024年3月版)独走「カップヌードル」、「どん兵衛」「赤いきつね/緑のたぬき」が2位争い

5位 2024.07.03

MNEXT コロナ禍の前中後の内食もどりはあったのか? -食欲望の現在-

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area