半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費経済レビュー Vol.13
消費者による新政権の政策評価

 政権交代の実現により新たに誕生した鳩山内閣は国民からの熱い期待を追い風に船出したが、政権誕生後の失策の積み重ねと時間の浪費のうちに政権発足当初の熱狂はもはや過ぎ去り、逆風にさらされ続ける中で期待感も大きくしぼみつつある。
 政権交代の時期を挟んで生じた消費者における政策スタンスの特徴的変化として、「大きい政府」志向への転換、財政健全化重視姿勢の強まり、増税反対から増税許容への転換の三つが確認できる。鳩山内閣の経済政策運営は、「大きい政府」志向と合致し財政健全化重視姿勢への配慮もなされるなど、消費者の政策スタンスの変化に沿ったものとなっているが、消費税増税の先送りはいずれ財政健全化重視姿勢と相容れなくなるのを見越して、消費者が増税許容姿勢を強めている可能性を見落としてはならない。
 マニフェストに掲げた政策の多くは、財政による直接的な補助により消費者の需要を刺激するものである。だが、目玉となる子ども手当と配偶者控除・扶養控除廃止にともない予想される、カテゴリー別の支出行動の変化をみると、政策によって消費のプラス効果が発生するカテゴリーは子供の教育費だけであるが、受け取った手当の一部は預貯金に流れてしまい、その他大多数のカテゴリーにとってはこの政策はマイナス効果をもたらすものでしかない。子ども手当と配偶者控除・扶養控除廃止による経済全体の消費刺激効果を試算すると、子ども手当による経済全体での支出増加額は合計で3.85兆円に対し、配偶者控除と扶養控除の廃止による経済全体での支出減少額は、子ども手当の対象家計で-2.43兆円、子ども手当はもらえず配偶者控除・扶養控除廃止の影響のみを受ける家計で-2.35兆円。子ども手当の対象家計では、差し引き1.42兆円が消費支出金額の増加分となるが、子ども手当はもらえず配偶者控除・扶養控除廃止の影響のみを受ける家計による消費支出金額の減少分をふまえると、経済全体でみた消費刺激効果は、差し引き0.93兆円のマイナスになると見込まれる。最も注目されている子ども手当ですら消費刺激効果に乏しく、マニフェストで打ち出されているその他の目玉政策を含め、短期的な消費浮揚を望むことは覚束ない。
 鳩山内閣は新成長戦略として環境・エネルギー関連分野、医療・介護・健康関連分野、農林水産分野などを重視する姿勢を打ち出している。消費者自身も、経済成長重視層が多数派である。消費者が描く日本経済の成長イメージをみると、最も重視すべき産業として、鳩山内閣の成長戦略と適合する環境・エネルギー関連産業、医療・介護関連産業、農林水産業の3分野への支持は、従来型の成長産業に類する自動車産業や電機産業など現在の主力輸出産業と半導体や液晶部品などの電子デバイス産業の2分野よりも強いものの、現状ではコンセンサスを得るに至っていない。鳩山内閣の新成長戦略が今後、国民全体のコンセンサスとして定着し実現されていくには、まずは成長戦略のイメージを描ききれず判断を留保している層をターゲットに説得的な成長への道筋を示し、その他の層も含めて成長ビジョンの転換と共有を進めることが必要となろう。
(2010.02)


消費経済レビューの本文をご覧になるには、プレミアム会員にご入会下さい。
消費経済レビューは、プレミアム会員限定コンテンツとなっています。
プレミアム会員は、当社メンバーシップサービスの全てのコンテンツに加えて、
「情報家電産業のリバイバル戦略 -エンド価値志向の多層化戦略-」ほか、
当社のオリジナル研究レポートのご利用が可能なプレミアムサービスです。
この機会に是非プレミアム会員へのご入会をご検討ください。

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.07.11

24年5月の「消費支出」はふたたびマイナスに

2024.07.10

24年5月の「家計収入」は20ヶ月ぶりのプラス

2024.07.09

24年4月の「現金給与総額」は28ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.07.08

企業活動分析 大塚HD 23年12月期は売上は過去最高を記録、医療事業の減損損失で減益に

2024.07.08

企業活動分析 小林製薬の23年12月期は、R&Dや宣伝広告への積極投資を行い増収減益に

2024.07.05

成長市場を探せ 初の6,000億円超え、猛暑に伸びるアイスクリーム(2024年)

2024.07.04

24年5月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.07.03

MNEXT コロナ禍の前中後の内食もどりはあったのか? -食欲望の現在-

2024.07.03

24年6月の「乗用車販売台数」は6ヶ月連続で前年割れに

2024.07.02

24年5月の「新設住宅着工戸数」は再びマイナスに

2024.07.01

企業活動分析 サントリーHD 23年12月期は二桁の増収増益、2年連続売上利益ともに過去最高を達成

2024.07.01

企業活動分析 サッポロHD 23年12月期は、業務用回復や北米の売上好調を背景に増収増益

2024.06.28

消費からみた景気指標 24年4月は8項目が改善

2024.06.27

月例消費レポート 2024年6月号 消費は改善の動きが続いている-引き続き消費回復の裾野の更なる広がりに期待

2024.06.27

24年5月の「ファーストフード売上高」は39ヶ月連続のプラスに

2024.06.27

24年5月の「ファミリーレストラン売上高」は27ヶ月連続プラス

2024.06.26

24年5月の「全国百貨店売上高」は27ヶ月連続のプラス、気温上昇で夏物商材が好調

2024.06.26

24年5月の「チェーンストア売上高」は既存店で15ヶ月連続のプラス、全店売上高はマイナス

週間アクセスランキング

1位 2024.06.19

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 縮小する野菜ジュース市場 値上げ下でブランド継続は4割

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2019.09.10

戦略ケース プラットフォームビジネスで急拡大するウーバーイーツ

4位 2013.04.16

戦略ケース 勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area