半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費経済レビュー Vol.21(2013年6月号)
タイトル 発行日 一括ダウンロード
消費経済レビュー Vol.21(2013年6月号)
New! 2013.05.29
2013年6月 ◆ 圧縮ファイル
(zip形式 6.5MB)

◆ 一括表示
(PDF 6.5MB)

 為替相場は1ドル100円の壁を突破し、株価は年初来高値を更新し続けるなど、安倍内閣の下で急速に進んだ円安・株高の流れは、その勢いに拍車がかかっています。アベノミクスへの期待感は高まっていますが、大胆な金融政策や機動的な財政政策の効果が実体経済に現れてくるのはまだ先です。成長戦略の中身は固まっておらず、マーケットの期待通りの結果となるかもなお未知数です。
 公表されている経済指標を見ると、景気の失速には歯止めがかかったものの、海外の実体経済も弱含みで推移する中で、外需の先行きには不透明感がつきまといます。企業マインドには改善が認められますが、投資判断での慎重姿勢は依然崩しておらず、設備投資は先行き抑制気味です。在庫調整には進展がみられますが、生産の回復の鈍さからその足取りは重いようです。
 今後の日本経済の見通しとして、2013年度は景気の鈍化傾向が続き、2014年度は個人消費を中心に内需がスランプに陥り外需への依存を深める、といったシナリオが主流です。アベノミクスの当初の目論見通りに、今夏に向けて、外需と個人消費が回復していくかどうかで、景気の先行きは分かれそうです。
 回復の勢いと裾野の広がりの両面で、消費にもようやく明るい材料が出始めてはいますが、その中身は依然として、マインド主導・資産効果頼みの域を出てはおりません。収入の先行きにも明るい材料が出てきてはいますが、雇用環境と収入環境のいずれも、改善への動きに立ち遅れが目立っております。収入環境が冴えない中で、足許での消費の動きは、消費者自身の貯蓄の取り崩しで支えられているのが実情です。マインドと支出余力がともに限界を迎える前に、消費者の可処分所得が回復しなければ、これまで続いてきた消費回復の動きも息切れし、景気の腰折れ・失速も顕在化する恐れも皆無ではありません。

 今号の概要は以下のとおりです。
 「Economic Outlook for Japan-マインド主導で反転回復する景気と消費」では、前号が発刊された2013年1月以降の経済情勢を整理し、消費マインドの急回復と株価上昇による資産効果などを追い風に回復の動きをみせる日本経済の見通しと、今後の消費の読み方を提示します。
 「アベノミクス下での消費の行方-動き出す潜在購買力」では、弊社による独自調査の結果をもとに、消費者のマインドと支出意欲の観点からアベノミクスがもたらしているインパクトを評価するとともに、今後の消費の行方を左右する要因として、現状の支出規模並びに支出につながる潜在購買力としての金融資産規模に着目しつつ、その両面で圧倒的存在感を示すミドルとシニアの富裕層の消費行動に焦点をあてた分析・考察を行います。

2013年初夏、日本経済の底流で生起しつつある変化の予兆を捉えて、一歩先を見据えた戦略的判断と行動の一助となることを企図して、「消費経済レビュー」第21号を実務家のみなさまにお届けいたします。
●構成●
 Economic Outlook for Japan -マインド主導で反転回復する景気と消費
 アベノミクス下での消費の行方 -動き出す潜在購買力

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.07.11

24年5月の「消費支出」はふたたびマイナスに

2024.07.10

24年5月の「家計収入」は20ヶ月ぶりのプラス

2024.07.09

24年4月の「現金給与総額」は28ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.07.08

企業活動分析 大塚HD 23年12月期は売上は過去最高を記録、医療事業の減損損失で減益に

2024.07.08

企業活動分析 小林製薬の23年12月期は、R&Dや宣伝広告への積極投資を行い増収減益に

2024.07.05

成長市場を探せ 初の6,000億円超え、猛暑に伸びるアイスクリーム(2024年)

2024.07.04

24年5月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は悪化

2024.07.03

MNEXT コロナ禍の前中後の内食もどりはあったのか? -食欲望の現在-

2024.07.03

24年6月の「乗用車販売台数」は6ヶ月連続で前年割れに

2024.07.02

24年5月の「新設住宅着工戸数」は再びマイナスに

2024.07.01

企業活動分析 サントリーHD 23年12月期は二桁の増収増益、2年連続売上利益ともに過去最高を達成

2024.07.01

企業活動分析 サッポロHD 23年12月期は、業務用回復や北米の売上好調を背景に増収増益

2024.06.28

消費からみた景気指標 24年4月は8項目が改善

2024.06.27

月例消費レポート 2024年6月号 消費は改善の動きが続いている-引き続き消費回復の裾野の更なる広がりに期待

2024.06.27

24年5月の「ファーストフード売上高」は39ヶ月連続のプラスに

2024.06.27

24年5月の「ファミリーレストラン売上高」は27ヶ月連続プラス

2024.06.26

24年5月の「全国百貨店売上高」は27ヶ月連続のプラス、気温上昇で夏物商材が好調

2024.06.26

24年5月の「チェーンストア売上高」は既存店で15ヶ月連続のプラス、全店売上高はマイナス

週間アクセスランキング

1位 2024.06.19

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 縮小する野菜ジュース市場 値上げ下でブランド継続は4割

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2019.09.10

戦略ケース プラットフォームビジネスで急拡大するウーバーイーツ

4位 2013.04.16

戦略ケース 勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争

5位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area