日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
モーダルシフト(Modalshift)




1.モーダルシフトとは

 物流の輸送方法を変更するという意味であるが、より、環境への負荷が小さい方法に変更する対策を総称してモーダルシフトと言います。
 1997年の京都会議で地球温暖化対策として、CO2(二酸化炭素)を、2010年前後には1990年比で6%程度削減することが決定しました。日本全体のCO2排出量の約20%は、運輸部門が占めています。また、そのうち約90%は自動車が占めており、物流輸送の主流を占める、所謂トラックによる輸送を、「地球に優しく、大量輸送が可能な海運または鉄道に転換」することを、現在はモーダルシフトと呼んでいます。管轄する国土交通省では、特に長距離雑貨輸送について、海運・鉄道の比率を現在の40%から2010年に約50%に向上させることを目標としています。国土交通省の掲げるモーダルシフトの主な狙いは、CO2排出量抑制、エネルギー消費効率の向上、そして、道路混雑問題の解消と交通事故の防止効果の三つがあげられています。


2.環境への取り組み

 環境保全意識の高まりを受け、企業においても、商品の製造から廃棄に至る全ての局面で、環境負荷削減に向けた取り組みがされ始めています。この中で、モーダルシフトを社会的責任(CSR)と位置付けて取り組むケースも増えてきています。国土交通省では、こうした流れを加速させるため、モーダルシフトに関する相談を各地方運輸局の物流振興施設課で受け付ける他、モーダルシフト等の成功事例を紹介するモーダルシフト事例公表制度も設けています。
 環境報告書でこうした取り組みを公表する企業も増えており、輸送業務のプロセス短縮や物流コスト削減という自社の物流上の課題と環境への負荷軽減という両面を睨んだ活動が求められています。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区
盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区

2019年度のカップめんの生産量は、ほぼ横ばいの39億7,021万食となった。今回の調査でも前回同様、「カップヌードル」が盤石の強さを見せつけた。2位以下では「赤いきつね/緑のたぬき」と「どん兵衛」が僅差でしのぎを削っている。コロナ禍の巣ごもり消費でカップめんの需要は伸びているが、拡大した市場で今後どのようなヒット商品が生まれるかに注目だ。

運動習慣のある人は内側もケアしてる!?ニーズ高まる保健機能食品
運動習慣のある人は内側もケアしてる!?ニーズ高まる保健機能食品

トクホや機能性表示食品などの保健機能食品が注目を集めている。コロナ禍で健康志向が高まっているためだ。今回は、保健機能食品がどのように利用されているのか、またウォーキングやエクササイズなどの運動との関連について調査を行った。

強いカルビー「ポテトチップス」、リピート意向上位に新顔、PBも
強いカルビー「ポテトチップス」、リピート意向上位に新顔、PBも

2019年のスナック菓子市場は小売金額ベースで前年比2.6%増と、堅調な動きを続けている。今春の緊急事態宣言などで在宅時間が増加した際、スナック菓子の需要は大幅に伸びた。人気の中心は定番商品だったが、需要が拡大するなかでコストパフォーマンスに優れたPBや、健康志向を背景にしたギルティフリーを訴求したブランドのリピート意向の高まりもみられる。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.