半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2022年01月27日

ポケット版・会社早わかり
京セラ株式会社
21年3月期は減収減益。自動車向け部品などがコロナ影響受ける
京セラの2021年3月期決算の総括と戦略計画

京セラの2021年3月期の連結決算は、売上高1兆5,269億円(前年同期比4.5%減)、営業利益706億円(同29.5%減)、税引前利益1,176億円(同21.0%減)で減収減益となった。主力の部品事業の売上高は、自動車関連市場の低迷の影響を第1四半期に大きく受けたものの、M&Aの貢献及び半導体や5G関連市場における需要増により微増の9,278億円(同1.7%増)となった。一方、機器・システム事業の売上高は総じて減少し、6,129億円(同13.0%減)となった。これらに加え、積極的な設備投資を継続したことによる減価償却費の増加、スマートエナジー事業における一時損失の計上もあり、営業利益、税引前利益、親会社の所有者に帰属する当期利益のいずれも減益となった。2021年4月には、外部環境の変化に適合し多様な要素技術を活かすため、事業部門を三つのセグメントに集約する組織再編を実施。具体的には、16の事業部門・子会社を、新たに「コアコンポーネント」「電子部品」「ソリューション」の三つのセグメントに集約、組織間の横の交流を進め、縦割りの打破と連携強化を加速させる狙いである。同時に、管理部門も「コーポレート」部門へ統合した。それぞれに担当役員を任命するとともに、それぞれに経営トップの権限を大幅に委譲、既存の枠組みを超えた迅速かつダイナミックな経営判断を遂行し、京セラグループを新たな成長軌道に乗せ、高成長・高収益企業の実現を目指す。


戦略や業績をより深く分析するには「戦略200+・企業活動分析」をご利用下さい


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.