日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



ポケット版・会社早わかり
京セラ株式会社(2017年)
より詳しい解説は戦略200+・企業活動分析をご利用下さい
無料サンプル はこちらから
京セラの2017年3月期決算の総括と戦略計画

 京セラの2017年3月期の連結決算は、売上高1兆4,228億円(前年同期比3.8%減)、営業利益1,045億円(同12.8%増)、経常利益1,378億円(同5.3%減)であり、減収増益という結果となった。事業セグメント別には、主力の部品事業部門では売上高8,569億円(同1.5%減)、利益859億円(同0.6%増)であった。ファインセラミック部品及び半導体部品の売上は増加したものの、ソーラーエネルギー事業の減収を主因としたファインセラミック応用品の売上減により全体では微減となった。また、円高の影響はあったものの、原価低減により利益は横ばいとなった。機器事業部門では売上高4,697億円(同7.4%減)、利益292億円(29.3%増)という結果となった。売上高は通信機器での製品戦略の見直しに伴う販売台数の減少により減収となったが、利益は通信機器における高耐久モデルへの移行及び生産・開発拠点の集約等の構造改革効果に加え、情報機器でのコスト低減により増益となった。2017年4月より代表取締役に谷本秀夫氏が就任、新経営体制の下、成長ステージに向けて重点市場での事業拡大を図る。そのひとつにソーラーエネルギー事業があり、現在、日本最大の水上設置型の太陽光発電システムの設置など、積極的な投資を展開している。徹底した原価低減による既存事業の拡大と社内外との連携強化による新規事業の創出により、売上高2兆円の早期実現を目指す。


おすすめ新着記事

MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案<br>―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?
MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案
―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?

どうしたら会社が持続的に成長できるのか。経営者にとって最大の悩みだ。当社独自の分析では、直近10年間で成長していたのは大手企業よりもむしろ中堅企業であった。つまり、中堅企業は大手よりも優れた成長戦略を採ったということだ。では、どのような戦略で「壁」を突破し再成長を遂げたのか、事例を交え解説する。

消費者調査データ 日焼け止め<br>ビオレ、アネッサ、ニベアサン、ヒートアップする日焼け止め市場
消費者調査データ 日焼け止め
ビオレ、アネッサ、ニベアサン、ヒートアップする日焼け止め市場

サンケア関連市場は10年連続で拡大中の成長市場だ。今回の調査でも、複数項目で花王「ビオレUV 日焼け止め」が首位を獲得、ブランドの強さを示した。日焼け止め市場は男性や若年層を取り込みながら、美白などの機能性を強化した商品を投入し成長を続けている。需要の最盛期を迎え、ますます過熱する市場から目が離せない。

戦略ケース<br>キリン「タップ・マルシェ」はクラフトビールの支配者となれるか
戦略ケース
キリン「タップ・マルシェ」はクラフトビールの支配者となれるか

飲食店にとって、クラフトビールの導入はコスト的な障壁が高い。しかし、メニューの差別化・付加価値化のための導入ニーズもまた強い。そんな中、急速に普及しているのがキリンの「タップ・マルシェ」だ。導入店舗は18年末時点で7千店舗超。キリンのサポートや販路などを活用できることは、飲食店、ブルワリー双方にとってメリットが大きい。一方で規模拡大につれ、ブルワリーにとっては「キリン色」がマイナス面になりつつある。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.