半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2019年12月19日



ポケット版・会社早わかり
森永製菓株式会社
収益基盤の強化に努め、過去最高益達成

森永製菓の2019年3月期決算の総括と戦略計画

2019年3月期の連結決算は、売上高2,054億円(前年同期比0.2%増)、営業利益202億円(同2.4%増)と増益であった。経常利益は208億円(同1.7%増)、純利益も128億円(同24.6%増)と過去最高を更新。食品業界においては食の安全・安心の徹底や、ライフスタイルの変化で簡便性や健康ニーズが高まる中、購買行動の変化とその兆しをとらえたより付加価値の高い商品作りが求められ、競争環境はいっそう厳しさを増している。このような経営環境のもと、2018年度からの3年間を対象として、「経営基盤の盤石化と成長戦略の加速」を基本方針とする中期経営計画を策定。初年度は高収益安定企業を実現すべく、主力ブランドの強化と時代の変化に合わせたウェルネス領域の訴求及び高付加価値商品の開発に注力するとともに、生産効率の向上や全社的なコスト削減等による収益基盤強化に取り組んだ。食料品製造事業の部門別には、国内の菓子食品部門において「チョコボール」新製品が好調に推移したが、「ハイチュウ」「森永ココア」が苦戦し、主力ブランド全体では昨年並みの売上となった。海外は米国、中国が好調に推移したが、インドネシアにおける合弁会社の提携解消にともなう影響で、減収(同9.2%減)となった。冷菓部門は主力ブランドが好調に推移し、売上高は微増、健康部門は猛暑による需要拡大や新製品が好調に推移し増収(同4.5%増)となった。2020年3月期は主力ブランド注力、ウェルネス領域規模の拡大、商品規格見直しや高収益ブランドへの集中などにより、売上高2,070億円、営業利益210億円を見込む。

戦略や業績をより深く分析するには「戦略200+・企業活動分析」をご利用下さい


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.