半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年12月20日

月例消費レポート 2021年12月号
消費は一部で改善の兆しも好不調差が残る
主任研究員 菅野 守

※図表の閲覧には会員ログインが必要です。

 消費は一部で改善の兆しもうかがわれるが、カテゴリー間での好不調の格差は、依然として残ったままだ。不振のカテゴリーでは、低迷が長引きつつある。
 収入環境では改善が続いているが、雇用環境は方向感が定まらず、消費マインドも改善の動きに一服感が出始めている。消費を取り巻く環境は、盤石とまでは言い切れない。

 JMR消費INDEXは、2021年10月時点で60.0となり、前月よりも上昇している。近似曲線も、上昇トレンドを維持している(図表1)。

 INDEXを構成する個々の変数をみると、支出関連3指標のうち、平均消費性向は3ヶ月連続で悪化となっている。他方、消費支出はマイナスを脱し、預貯金も取り崩しの動きがみられる。販売関連10指標(チェーンストア売上高除く)は2021年10月時点で、前月と同様、改善と悪化とが拮抗している(図表2)。

 2021年10月と、コロナ前の一昨年同月にあたる2019年10月時点とを比較すると、INDEXの全15指標中、改善は食料品売上(同:113.2%)、ファーストフード売上(同:107.3%)、家電製品売上(同:106.9%)、消費支出(一昨年同月比伸び率:102.8%)、新設住宅着工戸数(同:101.2%)、衣料品売上(同:100.1%)、家具・インテリア売上(同:100.1%)、の計7指標である。

 一昨年同月比でプラスとなった指標の数は、前月よりも大きく増えている。ただ、比較の時点である2019年10月は、消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減が現れた時期である。そのため、この結果から「コロナ前の水準を回復した」とみるのはまだ早計であろう。

 消費支出の伸びは名目と実質ともに、ほぼ横ばいとなっている(図表4)。一昨年同月比では、名目と実質ともに6ヶ月ぶりにプラスに転じた。

 10大費目別では、2021年10月も、名目と実質ともにマイナスの側が優勢である。名目と実質のいずれでも、マイナスが7費目に対しプラスが3費目であり、前月よりもマイナスの費目数が増えている(図表5)。

 販売現場では、小売業全体の売上が、3ヶ月ぶりに改善した。チャネル別でも、前年同月比で、コンビニエンスストアはわずかにマイナス(前年同月比伸び率:99.8%)となったが、残りの百貨店、スーパー、家電大型専門店、ホームセンター、ドラッグストアは全てプラスである(図表9図表10)。

 外食売上は、全体では3ヶ月連続でマイナスとなっている。業態別でも、ファーストフードはプラスを保っている一方で、ファミリーレストランとパブ・居酒屋はマイナスが続いている点は、前月と同様である(図表18)。こうした状況は、一昨年同月比でみても変わらない。

 新車販売では、乗用車(普通+小型)の伸びは3ヶ月連続のマイナス、軽乗用車の伸びも6ヶ月連続のマイナスである(図表11)。

 一昨年同月比でも、乗用車(普通+小型)と軽乗用車ともに、前月と同じくマイナスが続いている。

 家電製品出荷では、AV機器のうち4K対応薄型テレビやBDレコーダは前月と同様、マイナスが続いている。白物家電は、総じてマイナスとなっている。情報家電では、スマートフォンも5ヶ月ぶりにマイナスに転じている。また、ノートPCはマイナスが続いている(図表12図表13図表14)。

 新設住宅着工戸数は、全体では8ヶ月連続でプラスとなっている。持家と分譲住宅・一戸建てはプラスを保っている一方、分譲住宅・マンションはマイナスが続いている点は、前月と同様である(図表15)。

 三大都市圏別の推移をみると、持家では、首都圏、近畿圏、中部圏、その他など全ての地域で7ヶ月連続プラスとなっている。一昨年同月比でも、全ての地域で3ヶ月連続のプラスである。他方、マンションでは、首都圏、近畿圏、中部圏、その他など全ての地域で、前年同月比と一昨年同月比ともに、マイナスとなっている(図表16図表17)。

 雇用環境については2021年10月時点で、完全失業率は改善となったが、有効求人倍率は悪化しており、方向感が定まっていない(図表6)。

 収入環境は、改善傾向を保っている。2021年10月時点で、所定内給与額の伸びはわずかにマイナスとなったが、現金給与総額と超過給与の伸びは前月と同様、プラスを保っている(図表7)。

 消費マインドは回復の勢いが鈍化している。2021年11月時点で、消費者態度指数は横ばいとなっている。景気ウォッチャー現状判断DIは3ヶ月連続で上昇しているが、上昇幅は顕著に縮まっている(図表8)。

 総合すると、消費は小売販売を中心に一部で改善しているが、カテゴリー間での好不調の格差は、依然として残ったままだ

 消費支出の伸びはゼロ近傍で推移している。小売販売では、全体でもチャネル別でも、改善の動きがみられた。新設住宅着工戸数は、持家を中心に引き続き好調が続いている。ただし、外食売上は全体でマイナスが続き、業態間の格差も依然残っている。新車販売や家電製品出荷は、不振が長引きつつある。

 収入環境では改善が続いているが、雇用環境は足許で方向感が定まらず、消費マインドも改善の動きに一服感が出始めている。消費を取り巻く環境は今のところ、盤石とまでは言い切れない。


図表を含めた完全版を読む

完全版を読むには無料の会員登録が必要です。

参照コンテンツ


おすすめ新着記事

星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例
星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例

都心再開発の多くが完工する2030年頃にかけて、人の流れが大きく変化します。「豊島区大塚」もそのひとつで、官民一体の街づくりによって新たな観光スポットに生まれ変わりました。そもそも大塚といえば、良く言えば下町レトロ、、悪く言えばちょっといかがわしい街のイメージ。それが、2018年の星野リゾート進出によって一変しました。エリアマーケティングでは、大塚のような官民一体型の地域活性策も重要になってくるでしょう。

コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」
コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」

2年連続で大幅縮小したサンケア市場。今年は、コロナ禍での規制緩和により外出機運も高まっており、再成長が期待されている。今回の調査も、過去同様「ビオレUV」が6項目で首位を獲得、盤石の強さをみせた。唯一首位を譲ったのが再購入意向で、「スキンアクア」が87%と圧倒的支持を獲得。各社も花粉ブロックやホワイトニングなど付加価値製品を投入しており、夏を目前にあつい戦いが予想される。

値上げの時代の生き残りマーケティング
値上げの時代の生き残りマーケティング

2022年は経済の大きな転換期になりそうです。ようやく新型コロナのエンデミック化かと思えば、ウクライナ侵攻、値上げと、経済へのマイナスインパクトが続いています。これらは表面的な現象であり、根底は新たな経済、新しいグローバルな経済秩序への転換です。日本経済に大きな影響を与えるのは、利上げ、サプライチェーン寸断、コロナ、ウクライナ侵攻の四つです。これらの要因が供給と物価に影響を与え、需要をシュリンクさせ、消費市場を減少させることになります。この状況に、マーケティングとしてどう対応したらよいか、ということをお伝えします。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.