半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費者調査データ No.273
カップめん(2018年7月版)
カップヌードルが君臨する市場。マルちゃん クッタは定着するか



本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2017年のカップめんの市場は前年実績を上回り、堅調に推移しています(生産金額ベース 日本即席食品工業協会)。

 今回は、当社が任意に選んだ28ブランドのカップめんについて、「知っている(認知率)」「3ヶ月以内に広告を見た(広告接触)」「3ヶ月以内に店頭でみた(店頭接触)」「買って食べたことがある(購入経験)」「3ヶ月以内に買って食べた(3ヶ月以内購入)」「今後(も)買って食べたい(利用意向)」「購入経験者ベースの今後の購入意向(再購入意向)」などの項目についてインターネットモニターに対して行った調査結果をランキング形式でお届けする。

 今回の調査では、「カップヌードル(日清食品)」が全項目で、2位以下に5ポイント以上の差をつけて首位を獲得した。3ヶ月内店頭接触、購入経験では2位の「赤いきつね/緑のたぬき(東洋水産)」に20ポイント以上の、3ヶ月内購入では13.3ポイント、今後の意向では17.8ポイントの大差である。また、認知は92.1%、購入経験は72.8%、3ヶ月内購入で33.2%と、まさに国民的なブランドといえる。

 2位は、6項目で「赤いきつね/緑のたぬき」が獲得したが、どれも3位の「日清のどん兵衛(日清食品)」との差は小さいが、逆に4位以下とは、3ヶ月内購入、今後の意向などの項目で差が開いており、上位のロングセラーブランドが非常に強い市場といえる。

 そんな中で注目されるのが、対照的なターゲット設定の2ブランド、昨年3月発売の「MARUCHAN QTTA(マルちゃん クッタ)(東洋水産)」と2016年4月発売の「カップヌードルリッチ」である。「MARUCHAN QTTA」は、上の世代に比べてカップめんの喫食率が低いとされる若年層(10~20代)をメインターゲットにした商品で、広告接触で4位に食い込んだほか、3ヶ月内購入で10位に食い込んでおり、広告認知をフックに購入に結び付けていることがわかる。一方の「カップヌードル リッチ」は、シニア層に向けたプレミアム感のある仕立てが特徴で、広告接触、3ヶ月内購入ともに15位ながら、再購入意向では8位に入っており、リピーターを獲得していることがうかがえる。

 食品の総需要がダウントレンドにあるなか、カップめん市場は数少ない成長市場であり、メーカー各社が注力する激戦市場でもある。新たな商材の投入が今後の持続的な市場拡大につながるか、今後の展開が注目される。

本コンテンツのグラフ、詳細データは有料会員サービスでのご提供となります。
【グラフ・詳細データのご利用はこちら】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。






【提示28ブランド】
  • カップヌードル(日清食品)
  • カップヌードルライト(日清食品)
  • カップヌードルリッチ(日清食品)
  • チキンラーメンどんぶり(日清食品)
  • 日清ラ王カップ(日清食品)
  • 日清麺職人(日清食品)
  • スープヌードル(日清食品)
  • マルちゃん正麺カップ(東洋水産)
  • MARUCHANQTTA(マルちゃんクッタ)(東洋水産)
  • 麺づくり(東洋水産)
  • チャルメラどんぶり/カップ(明星食品)
  • 明星低糖質麺(明星食品)
  • サッポロ一番カップめん(サンヨー食品)
  • サッポロ一番カップスター(サンヨー食品)
  • スーパーカップ1.5倍(エースコック)
  • ニュータッチヌードル(ヤマダイ)
  • ヤマダイ凄麺(ヤマダイ)
  • カップSUGAKIYAラーメン(寿がきや)
  • セブンゴールド「日清名店仕込みシリーズ」(セブン&アイ)
  • セブンプレミアムのカップめん(セブン&アイ)
  • トップバリュのカップめん(イオン)
  • ローソンセレクトのカップめん(ローソン)
  • ファミリーマートコレクションのカップめん(ファミリーマート
  • みなさまのお墨付きのカップ麺(西友)
  • コープヌードル(日本生協連)
  • 日清のどん兵衛(日清食品)
  • 日清のごんぶと(日清食品)
  • 赤いきつね/緑のたぬき(東洋水産)


【調査設計】
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2018年6月8日~12日
調査対象者:当社インターネットモニター 20歳~69歳
        全国の男女個人
有効回収サンプル数:1,031サンプル
サンプル構成(%)



おすすめ新着記事

花王「アタックZERO」、前回に引き続き全項目で首位
花王「アタックZERO」、前回に引き続き全項目で首位

2020年の国内の衣料用洗剤市場は微減となり、特に粉末洗剤で落ち込みが大きい。今回の調査では、昨年の調査に続き、花王「アタックZERO」が全項目で首位を獲得。前回特徴的だった広告接触と店頭接触の高さに代わって、3ヶ月以内購入と再購入意向の高さが目立った。広告、店頭戦略からトライアル、継続使用に結び付けた好例といえるだろう。

キャッシュレス決済、続く「PayPay」の快進撃
キャッシュレス決済、続く「PayPay」の快進撃

2020年のキャッシュレス決済比率は29.7%で、2015年から一貫して拡大を続けている。今回の調査では、「PayPay」の躍進が目立った。これまで行ったすべての調査で「PayPay」は広告接触で一貫して1位、認知や利用経験などその他の項目も上昇基調となっている。特に利用経験は2年間で約30ポイント、3ヶ月以内利用は約25ポイントも上昇。昨年と比べた利用増加率でも、「PayPay」のみが22.7%と2桁をマークしており、急速なユーザー層の広がりがうかがえる。

EVが変える市場と競争-「拡・自動車市場」への脱成熟と自動車メーカーの脱皮
EVが変える市場と競争-「拡・自動車市場」への脱成熟と自動車メーカーの脱皮

脱炭素の鍵を握る次世代車として、EV(電気自動車)が有望視されている。毎日のように関連する報道が流れ、日本の自動車産業を危ぶむ論調が多い。一方で、EVが市場をどう変えるのかといった、消費者側の視点は一切ない。本稿では、消費者視点に立って、EVが市場をどのように変えるのか、そして顧客にどのような価値をもたらすのかについて、明らかにする。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.