半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

ビジュアルコミュニケーションの極意
【Step 2-2】
 第5回 「レイアウトの基本(2)」
 第4回では、「Step2 基本グラフを組み合わせてプレゼンテーション資料を作る」の1回目、レイアウトの基本(1)としてファイル設計やページレイアウトの基礎についてご案内しました。第5回では配色の基本と図形の操作や配置などの PowerPoint を使った作図の基礎についてご案内していきます。

第5回の構成
(1) 配色の基本
 1) 配色の原則
 2) 色の特徴と組合せ
(2) 図形の操作と配置
 1) 図形の特徴
 2) 図形のエフェクト
 3) 図形をつなぐ

(1) 配色の基本
 1) 配色の原則

 色には「人の目を引く」「識別しやすい」「イメージを伝える」という特徴があり、プレゼンテーションを作成する上で、大きな役割を果たします。しかし、配色を誤ると、「ポイントが定まらない」「分かりにくい」などマイナスの印象を与えかねません。
 効果的なプレゼンテーション作成のためには、以下のようなことに配慮する必要があります。
図表5-1 配色選択の目安
  • 基本色を決める
    => コーポレートカラーや商品の
      イメージカラーを使うことが多い
  • 意味的な統一感をもたせる
    => 自社と競合、正と負など同じ意味を
      もつものは全体を通じて同じ色を使う
  • 使用する色の系統の数は少なくする
    => 基本は三色以内、多くとも五つ
      までにする
 図表5-1では、プレゼンテーションで使用する背景、基本色、補助色、強調色、文字色などについての選択上の目安をまとめています。これらはあくまでも原則ですが、いかなるときも受け手の見やすさ、理解しやすさを促すような色の選択をすることが重要です。

 色数を減らすためには、白、灰色、黒などの無彩色を用いたり、同系色のグラデーションを利用するなどの方法があります。
 ここでは、基本色として濃い青を用いたグラフを例に、色数の減らし方についてご説明します。
 下の図表5-2Aでは、「競合A社」と「自社」のシェア比較を目的としています。自社には基本色の濃い青を用います。自社と同程度のシェアをもつ競合A社には、「対立」を表す強調色(この場合は赤)を用います。自社よりシェアの低いB社以下は注目をひく必要がないので灰色を用いて色数を減らしています。
 図表5-2Bでは、新製品と既存商品の比率を問題にしています。新製品Aには基本色の濃い青を用い、既存商品は一括して薄い青を用い、新製品と既存商品合計の比率を見せるとともに色数を減らしています。

図表5-2A 灰色を利用して色数を減らす 図表5-2B 同系色を利用して色数を減らす


 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツ会員ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員、コンテンツ会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
コンテンツ会員の方は、下記をクリックして購入画面にお進みください。


  構 成

第1回 ビジネスコミュニケーションとしてのプレゼンテーション(一般公開中)
第2回 グラフの選択と基本グラフの作成
第3回 応用的なグラフ
第4回 レイアウトの基本(1)
第5回 レイアウトの基本(2)
第6回 メッセージを伝える
第7回 動きのあるプレゼンテーション
第8回 イメージの表現:対比型・交差型
第9回 イメージの表現:循環型・展開型
第10回 イメージの表現:要因分解型・収斂型
第11回 イメージの表現:イメージ型
第12回 プレゼンテーションを仕上げる


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.05.24

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

2024.05.23

24年3月の「商業動態統計調査」は37ヶ月ぶりのマイナスに

2024.05.22

戦略ケース 三越伊勢丹の復活は本物か

2024.05.22

24年3月の「旅行業者取扱高」は19年比で94%に

2024.05.21

24年4月の「景気の現状判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.05.21

24年4月の「景気の先行き判断」は6ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.05.20

企業活動分析 日清製粉グループの23年3月期は二桁の増収増益

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

2024.05.17

24年3月の「消費支出」は13ヶ月ぶりのプラス

週間アクセスランキング

1位 2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

3位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

4位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

5位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area