半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2019年07月25日

戦略200+・企業活動分析
日本ハム株式会社
18年3月期は減益、人件費増加や海外事業における損失などで
2018年3月期決算の総括

日本ハムの2018年3月期の連結決算は、売上高1兆2,692億円(前年同期比5.6%増)、営業利益492億円(同8.5%減)、税引き前当期純利益505億円(同2.7%減)と、増収減益となった。加工事業本部におけるハム・ソーセージ部門の売上は、コンシューマ商品はTVCMの投入など販促を積極的に実施した「シャウエッセン」が堅調に推移したことに加え、「豊潤あらびきウインナー」の店頭販促を強化したが、「彩りキッチン」が伸び悩み、前年並みとなった。加工食品部門の売上は、コンシューマ商品は、アイテムの拡充や既存品を強化した「とろける4種チーズのハンバーグ」、「天津閣」が伸長したが、「中華名菜」、「石窯工房」が競争激化により伸び悩み、前年を下回った。利益面では、加工部門の運賃の高騰や製造部門における人手不足を背景とした人件費の増加、米国・チリ・豪州が苦戦した海外事業が営業損失47億4200万円を計上したことなどもあり、営業利益は減益となった。 「新中期経営計画パート5」の最終年度である2017年度は連結売上高・営業利益ともに目標を下回り、収益力強化に課題を残す結果となった。2018年4月からは、長期的な成長を見据えて「中期経営計画2020」をスタート、2021年3月期までの中計期間をニッポンハムグループの「あり たい姿」の実現に向けた「未来につなげる仕組み作り」の時期とし、持続可能な社会の実 現に貢献できる企業となるための仕組み作りに注力する。

企業活動分析レポートのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
レポートでは企業の戦略や活動を当社独自のフレームに沿って時系列で整理しています。競合比較や業界分析などに幅広くご活用いただけます。

分析レポートのサンプルを見る

分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.