日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


レポートダウンロードサービス
消費社会白書2018
顧客接点のメルティングとアイデンティティ消費



最新データの分析から、これからの消費動向を予測し、企業の戦略立案に役立つ切り口を紹介する「消費社会白書」の2018年版が、お手軽なPDFダウンロードでご利用いただけます。

今回注目したのは、消費を牽引する「20代女子」「共働き子育て層」「60才以上の高資産層」や、「コンビニ」「食品スーパー」「Amazon」が三強となっている小売の状況などです。

特に「20代女子」は、「スマホ」「海外旅行」「Instagram」が三種の神器で、様々な商品やサービスを利用していることが特徴です。

そのほか、「ピンボール」のように様々な情報を行き来し、購入を決定する購買行動にも着目。食事の内容や調理ステップなどから、現代人の食生活についても詳しく調査しました。

マーケティング戦略を構築するためのエッセンスが満載の「消費社会白書2018」PDFダウンロードは、章ごとに順次公開してまいります。

PDFのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
※会員のご登録はこちらをご覧ください。


消費社会白書2018 構成

「消費社会白書2018」のポイント(MNEXT)

第1章 世界と日本についての見方-近代的価値の揺らぎと階層意識公開中
第2章 情報ネットワークと社会関係の世代断裂公開中
第3章 「昭和的価値意識」の転換と「アインデンティティ」志向
第4章 消費回復を支える「自己ブランディング」と世代交代
第5章 家族団らんから「ひとり最適化」が進む食生活
第6章 情報化がもたらす買い物行動の「メルティング」
第7章 消える業態垣根とロングテール化する小売業
第8章 リスク資産運用を迫られる預貯金偏重の資産選択行動

補遺


PDFダウンロード

第1章 世界と日本についての見方-近代的価値の揺らぎと階層意識

【要旨】
世界情勢の先行き不透明感から、過半数が紛争への危機意識を持っている。自国産業に対する保護の意識が過半数を超え、自由競争、市場原理主義といった競争的な意識は大勢とはなっていない。日本国内では階層化が進み、生活スタイルや財の所有にも階層間の差が表れている。
ダウンロード

第2章 情報ネットワークと社会関係の世代断裂

【要旨】
スマートフォンの所有は世代によって開きはあるものの、拡大しており、情報源の数が増える一方で、接する情報源の種類には大きな世代差がある。リアルな社会関係のあり方も世代によって異なり、情報源と社会関係の世代間で断裂が生まれている。
ダウンロード

第3章 「昭和的価値意識」の転換と「アインデンティティ」志向

【要旨】
社会のあり方の変化によって理想や夢、あたたかな家庭といった昭和的価値意識が退潮しつつある。一方で世代交代によって「自己実現」「悠々私的」の意識が強まろうとしている。同調圧力下でのアイデンティティ志向も確認され、今後一層の個人を重視した意識の上昇が予想される。
近日公開

第4章 消費回復を支える「自己ブランディング」と世代交代

【要旨】
改善する雇用・収入環境を背景に消費は堅調に推移している。アイデンティティ志向を背景にした、「自己ブランディング消費」が台頭している。堅調な消費を支える牽引役は、20代女子、子育て共働き層、60代高資産層の三層である。
近日公開

第5章 家族団らんから「ひとり最適化」が進む食生活

【要旨】
ファミリーでも「イエ食」「ひとりメシ」が定着し、女性シングルでは「サラダメイン」の食事が生まれている。各々の生活に合わせて、食へのこだわりを満たすため、家族団らんの食事から自分が好きなものを食べる、「ひとり最適化」の兆しがみえる。
近日公開

第6章 情報化がもたらす買い物行動の「メルティング」

【要旨】
急速に進む情報化により、購入の意思決定プロセスにさまざまな情報が介在するようになっている。従来の段階的な購買行動モデルでは説明できず、情報を行ったり来たりする「ピンボール」型の様相を呈している。
近日公開

第7章 消える業態垣根とロングテール化する小売業

【要旨】
流通業界では、業態の垣根を越えた競争が激化している。特に食品スーパー、コンビニエンスストア(CVS)、ECの3者間競争が加速しているが、未だ覇者はみえていない。競争の行方を、生活者のニーズも踏まえて俯瞰する。
近日公開

第8章 リスク資産運用を迫られる預貯金偏重の資産選択行動

【要旨】
「収入の崖」の存在により、主体的な老後生活のためのリスク資産運用の必要性が高まっている。リスク資産保有を妨げる要因はリスク回避姿勢の根強さ、金融知識の不足にある。
近日公開

補遺

近日公開


おすすめ新着記事

MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案<br>―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?
MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案
―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?

どうしたら会社が持続的に成長できるのか。経営者にとって最大の悩みだ。当社独自の分析では、直近10年間で成長していたのは大手企業よりもむしろ中堅企業であった。つまり、中堅企業は大手よりも優れた成長戦略を採ったということだ。では、どのような戦略で「壁」を突破し再成長を遂げたのか、事例を交え解説する。

消費者調査データ 日焼け止め<br>ビオレ、アネッサ、ニベアサン、ヒートアップする日焼け止め市場
消費者調査データ 日焼け止め
ビオレ、アネッサ、ニベアサン、ヒートアップする日焼け止め市場

サンケア関連市場は10年連続で拡大中の成長市場だ。今回の調査でも、複数項目で花王「ビオレUV 日焼け止め」が首位を獲得、ブランドの強さを示した。日焼け止め市場は男性や若年層を取り込みながら、美白などの機能性を強化した商品を投入し成長を続けている。需要の最盛期を迎え、ますます過熱する市場から目が離せない。

戦略ケース<br>キリン「タップ・マルシェ」はクラフトビールの支配者となれるか
戦略ケース
キリン「タップ・マルシェ」はクラフトビールの支配者となれるか

飲食店にとって、クラフトビールの導入はコスト的な障壁が高い。しかし、メニューの差別化・付加価値化のための導入ニーズもまた強い。そんな中、急速に普及しているのがキリンの「タップ・マルシェ」だ。導入店舗は18年末時点で7千店舗超。キリンのサポートや販路などを活用できることは、飲食店、ブルワリー双方にとってメリットが大きい。一方で規模拡大につれ、ブルワリーにとっては「キリン色」がマイナス面になりつつある。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.