半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費経済レビュー Vol.28(2017年4月号)
タイトル 発行日 一括ダウンロード
消費経済レビュー Vol.28(2017年4月号)
New! 2017.04.12
2017年4月 ◆ 圧縮ファイル
(zip形式 3.2MB)

◆ 一括表示
(PDF 5.4MB)

 2016年に入って以降、日本経済では、バブル期に匹敵する雇用環境の良さが続き、収入環境も堅調さを保っています。しかしながら、消費は、消費税増税の悪影響から抜け出し切れず、依然として水面下での低迷状況が続き、伸び悩みが鮮明となっています。消費回復の足取りも相変わらず鈍いままです。

 2017年1月よりスタートした米国のトランプ新政権に対し、政権公約実現への期待感がはげ落ちていく一方、政権運営能力に対する疑義も高まりつつあります。トランプ新政権は、国内での政治的な苦境を脱する手段として、保護主義的な通商政策の行使を強めていきそうです。その上、他の海外諸国・地域での政治的並びに経済的な波乱への懸念も重なり、マーケットでは、再反転した円高・株安の流れが更に加速しつつあります。

 今後の日本経済の見通しとして、2017年度は、輸出と設備投資の回復を前提に、個人消費に対する見方によって、シナリオが分かれていきそうです。現状では、個人消費も含め内外需の好転により景気が全面回復していくシナリオの方が、若干優勢です。ただし、米国での保護主義的な通商政策の実施や、欧州での政治的動揺の拡がり、更には、中国での輸出の大幅な下振れなどで、グローバル規模での経済不振に見舞われる可能性が高く、今後、外需の不振が長引けば、日本の景気と消費は失速する可能性が高いでしょう。


 今号の概要は以下のとおりです。

 「2017年度の消費の展望-環境改善により消費は浮上する可能性」では、前号が発刊された2016年4月以降の消費をとりまく状況を概観します。消費は依然として水面下での低迷状況が続いてはいますが、2016年の前半期を底に回復への兆しが見えつつあります。支出全般では減少意向が優勢ですが、カテゴリーレベルでは増加意向の強まりが認められ、意識面からも消費への前向きな姿勢が垣間見えます。日本経済の先行きについて、弊社では、外需は低迷するものの、雇用・収入環境は良好さを保ち、個人消費も堅調さを保つと予想しております。ただし今後、外需の不振が長引けば、雇用収入環境は崩れ、景気と消費はともに失速の恐れが高いと考えられます。

 「消費は回復するか-目的的貯蓄による、マイナス8%の消費下押し圧力」では、バブル期に匹敵する雇用環境の良さにも関わらず、消費は足許で伸び悩みが目立っている要因として、老後資金や教育資金のための目的的貯蓄による、中長期的な消費押し下げ効果に焦点を当てています。老後資金準備や教育資金準備の両面から、その準備のための貯蓄行動や目標貯蓄額と、実際の貯蓄水準や貯蓄意欲との関連を明らかにするとともに、そうした目的的貯蓄による消費押し下げの効果を、具体的な金銭規模で試算しています。


 2017年盛春、日本経済の底流で生起しつつある変化の予兆を捉えて、一歩先を見据えた戦略的判断と行動の一助となることを企図して、「消費経済レビュー」第28号を実務家のみなさまにお届けいたします。


●構成●(クリックで要旨を閲覧できます)
 2017年度の消費の展望-環境改善により消費は浮上する可能性
 消費は回復するか-目的的貯蓄による、マイナス8%の消費下押し圧力


お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.06.21

消費者調査データ ビール系飲料(2024年6月版) 首位「スーパードライ」、キリンの新ビール「晴れ風」にも注目

2024.06.20

24年4月の「広告売上高」は、5ヶ月連続のマイナス

2024.06.19

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 縮小する野菜ジュース市場 値上げ下でブランド継続は4割

2024.06.18

24年4月の「商業動態統計調査」はふたたびプラスに

2024.06.17

企業活動分析 資生堂の23年12月期は国内欧米好調も中国等減少で減収減益

2024.06.17

企業活動分析 花王の23年12月期は、構造改革費用等計上で減収減益に

2024.06.14

成長市場を探せ コロナ禍の「癒し」契機に急拡大するフレグランス(2024年)

2024.06.13

24年4月の「消費支出」は2ヶ月連続のプラス

2024.06.12

24年4月の「家計収入」は19ヶ月連続のマイナス

2024.06.11

24年5月の「景気の現状判断」は3ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.11

24年5月の「景気の先行き判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.06.10

企業活動分析 ロレアル(L'Oreal S.A.)23年12月期は増収増益、過去最高を記録

週間アクセスランキング

1位 2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

3位 2017.09.19

MNEXT 眼のつけどころ なぜ日本の若者はインスタに走り、世界の若者はタトゥーを入れるのか?

4位 2013.04.16

戦略ケース 勝者なきセルフ式コーヒーチェーン店の競争

5位 2022.03.11

女性が生み出す6.9兆円の市場―アフタヌーンティーは都心高級ホテルを救えるのか 第1回

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area