日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
トクホ(特保)




 トクホとは、特定保健用食品の通称です。特保とも表現されますが、カタカナの方がポピュラーです。実験データに基づいて審査を受け、消費者庁長官の許可を得て保健の効果を表示することができる食品のことを指します。

 その歴史は意外に古く、1991年に導入された制度ですが、第1号商品は1993年まで待たねばなりません。第1号商品は資生堂の低アレルゲン米「ファインライス」で1992年10月に申請し、1993年5月に取得されています。
 トクホ市場の認知拡大ということでは良くも悪くも花王の存在を抜きにはできません。1999年に発売された「健康エコナクッキングオイル」は食用油として初めてトクホの許可を受けました。その後エコナシリーズは拡大し、マヨネーズやドレッシングへと品揃えが拡充されます。しかし、2009年に発がん可能性成分を指摘され、安全性の問題から、関連製品の販売を中止・自主回収し、許可の失効届けを提出しています。また、2003年に発売された「ヘルシア」ブランドは緑茶から始まり、2013年には初の缶コーヒーまで登場しています。
 2013年末の段階では1,020品目あり、総取得数が最も多い企業は東洋新薬で、その数は235にも及びます。2位はヤクルト本社で51、花王は29で7位ですからその圧倒的な多さがうかがえます。これまで多くのヒット商品が生まれている一方で、その市場規模は頭打ちになっており、その制度の在り方も岐路を迎えていると言えます。



おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>入浴剤(2018年12月版)<br>強いロングセラー、アロマ系、炭酸系で強いロイヤリティ
消費者調査データ
入浴剤(2018年12月版)
強いロングセラー、アロマ系、炭酸系で強いロイヤリティ

堅調に推移する入浴剤市場。バブ、バスクリンといった強いロングセラーが激しい首位争いを展開、3項目ずつで首位を分け合う。一方アロマ系、炭酸系の商品は価格帯が高いこともあり、ユーザー数は少ないがロイヤリティが高い。冬の本格的な需要期を迎え、市場がどのように動くのかが注目される。

消費者調査データ<br>2018年、印象に残ったもの
消費者調査データ
2018年、印象に残ったもの

毎年恒例、2018年はどんな一年だったのか。地震や豪雨、台風などの自然災害、安室奈美恵の引退、大谷翔平や大坂なおみの活躍――。今年起こった出来事や人物、歌、商品などから、印象に残ったものを当社モニターに聞いた結果をランキング形式で発表!

消費者調査データ<br>スナック菓子<br>カルビーの王座揺るがず。PBは再購入意向で上位に
消費者調査データ
スナック菓子
カルビーの王座揺るがず。PBは再購入意向で上位に

成長基調にあるスナック菓子市場。今回の調査では、前回までと同様に「ポテトチップス」(カルビー)が全項目で首位を獲得。再購入意向を除く6項目で「かっぱえびせん」「じゃがりこ」が2位、3位を占め、カルビーが強さを見せつけた。一方再購入意向では「セブンプレミアム」や「ローソンセレクト」といったコンビニPBが上位に食い込んでおり、今後NBとPBの間での激しい競争が予想される。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.