日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
ゲーミフィケーション(Gamification)




 ゲーミフィケーション(Gamification)とは、ゲームの考え方やデザイン・メカニクスなどの要素を、ゲーム以外の社会的な活動やサービスに利用することと定義されています。「日常生活の様々な要素をゲームの形にする」という意味の単語「ゲーム化(Gamify)」から派生しています。2010年ごろから使われ始めたようですが、「スマホ元年」とされる2011年から急速に浸透していきました。スマートフォンの普及が拡大し、さらにSNSが日常的なメディアになることで、成立したと言えるでしょう。

 ユーザーが日常的に利用する、つまり継続利用を促すための手段と言い換えてもよいと思います。結果として、ユーザーが楽しんでもらうことでより好意が高まっていく状態を作り出すことです。わかりやすい説明として、ゲーミフィケーションを採用しているWeb上のサービスには、以下の三つくらいの要素が存在することが多いとされています。

  1. 課題(クエスト、ミッション、ランキング、難易度設定など)
  2. 報酬(バッジ、経験値、レベルアップ、クーポン、ポイントなど)
  3. 交流(チャット、対戦、アバター、ソーシャル、アンケート、GMなど)

 「1.課題」というよりは、ゲームやネットの世界では「クエスト」や「ミッション」という方が通りがよいでしょう。つまり与えられた「課題」をクリアすることでユーザーは達成感を得て、また次のステージに進もうとします。またランキングが上昇したり、ステージをクリアすることも同じです。簡単すぎても、難しすぎてだめで、加減の設定が問われます。

 「2.報酬」は、クリアすることで得られる「対価」です。多くはネット上ですからリアルな物的なものではないでしょうが、例えばそこでしか使えないポイントであったり経験値の積み重ねとレベルアップというようなことです。これもまた、ユーザーに対して適度に満足感を与えるような「対価」になっている必要があります。

 「3.交流」とはユーザー間もそうですし、開発者などサービスの提供者との交流も含まれます。単純に他者とつながっている感を求める人もいるでしょうし、ゲームなどで対戦したり、協力したりということを通じて、互いの関係を適度に深めていきます。

 日本では様々なWebサービスが登場していますが、米国で生まれた「foursquare」などは浸透度が高いものだと思われます。位置情報に基づくSNSで、GPS機能を持った携帯電話やスマートフォン用のウェブサイトとモバイルアプリケーションです。

 いずれにせよ、ゲームの社会的活用そのものは新しい現象ではないことは周知のとおりですが、機器の進化やライフスタイルの変化などで、周期的に盛り上がる現象と言うことで注目されます。



おすすめ新着記事

成長市場を探せ 中食(2019年版)
成長市場を探せ 中食(2019年版)

拡大する食市場のなかでも、著しい伸びをみせているのが中食だ。中食市場は2018年までに10年連続で成長し、10年間の伸び率は約27%に達する(一般社団法人日本惣菜協会)。拡大の背景には、女性の社会進出や、少子高齢化、少人数世帯の増加などによる食の簡便化、個食化がある。今後もこうした流れは続くとみられ、中食市場もさらなる拡大が予想される。

成長市場を探せ ミネラルウォーター(2019年版)
成長市場を探せ ミネラルウォーター(2019年版)

拡大を続けるミネラルウォーター市場。2018年の国内生産量は前年比12.4%増と、18年連続の伸長となった。背景には消費者の健康志向に加えて、災害備蓄としてのニーズがある。特に、無糖ありながら飲みやすいフレーバーウォーターは今後も伸びが期待されている注目カテゴリだ。

成長市場を探せ たれ類(2019年版)
成長市場を探せ たれ類(2019年版)

たれの市場が伸びている。2015年までは踊り場状態だったが、2016年に前年比9.8%増と大きく拡大、以降3年連続の増加となっている。背景にあるのは「肉ブーム」だ。2006年に肉と魚の摂取量が逆転、「肉フェス」の開催もブームに拍車をかけた。その後も赤身肉、熟成肉、固まり肉などが注目され、肉の消費量が伸びている。これを追い風に焼き肉のたれなどのたれ類も伸びている。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.