日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
LCC(格安航空会社)




LCC(格安航空会社)とは

 LCCとは、(Low-Cost Carrier)の略で、効率的な運営により、低価格の運賃で簡素化された航空輸送サービスを提供する「格安航空会社」のことです。
 低価格を実現するビジネスモデルとしては、運航機種をより集約したり、大都市周辺の地方の中小空港に乗り入れるなど「運航コストの低減」が代表的です。他には、運航乗務員を中途採用するなど「人件費の削減」、機内食や飲料を有料販売するなど「機内サービスの簡略化」、インターネットやE-チケットによる直接予約での「航空券販売コストの低減」などがあげられます。

 日本では、1998年に「スカイマーク(当時社名:スカイマークエアラインズ)」、「AIRDO(エアドゥ・当時社名:北海道国際航空)」など低運賃の新規航空会社の参入がありましたが、当時はLCCを名乗ってはいませんでした。2000年代後半からセブ・パシフィック航空(フィリピン)、ジンエアー(韓国)、春秋航空(中国)など外資系LCCの国際線参入がありましたが、LCCという言葉はほとんど認識されていませんでした。
 「日本のLCC元年」は「Peach Aviation」「ジェットスター・ジャパン」「エアアジア・ジャパン」の3社が新規参入した2012年といえるでしょう。日経トレンディ誌が2012年ヒット商品で3位にあげるなど、メディアへの露出の影響もありますが、一気にその認知が広まったことは記憶に新しいところです。

 拡大しているLCCですが、その一方で資本力のある既存の大手航空会社との競争、また同じLCC競合とのし烈な低価格競争に陥り、欧米では事業停止や経営破綻に追い込まれる企業も出ています。日本でもジェットスターはJAL、Peach AviationはANAの資本が入っているように、親会社との顧客の奪い合いも想定されます。需要が飛躍的に伸びない限り、早々に再編と淘汰の段階に入ることが確実視されています。

 LCCで着目すべきは、生活への波及効果です。旅行や帰省など長距離移動への影響が考えられます。定着すればより長距離移動が増えるという半面、新幹線など他の交通路線との競合も懸念されます。いずれにせよ、黎明期の日本のLCCが今後どのように浸透していくか注目されます。



参照コンテンツ


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>缶詰<br>水産缶詰人気。まぐろ缶詰、さば缶詰が上位独占
消費者調査データ
缶詰
水産缶詰人気。まぐろ缶詰、さば缶詰が上位独占

缶詰市場はダウントレンドにあるが、サバやイワシなどの水産缶詰は伸長している。中でも今年はイワシ缶が急拡大し、注目を集めている。今回のランキングでは、マグロ缶が全項目で首位を獲得、続くサバ缶も全項目で2位となった。サバ缶は健康志向や価格が安定していることなどから人気に火がつき、前年同期比で約5割シェアを伸ばしている。今後もサバやイワシといった青魚の缶詰を中心に、市場の活性化が期待される。

消費者調査データ<br>コーヒー飲料<br>クラフトボス、ジャパンクラフトマン。ペットボトルコーヒー躍進
消費者調査データ
コーヒー飲料
クラフトボス、ジャパンクラフトマン。ペットボトルコーヒー躍進

2017年のコーヒー飲料市場は前年比2.8%増で、特にペットボトルコーヒーの成長が著しい。今回のランキングでも「BOSS」が6項目で首位を獲得、それを「ジョージア」が追う展開となった。17年4月に発売された「クラフトボス」は前回から大きく評価を上げ、再購入意向では首位に躍り出た。後発のペットボトルコーヒーも健闘しており、新たな飲用シーンを開拓したコーヒー市場から目が離せない。

消費者調査データ<br>無糖茶<br>緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか
消費者調査データ
無糖茶
緑茶飲料が上位独占も、むぎ茶ブームは定着するか

2017年の茶系飲料市場は、無糖茶が市場の伸びを牽引している。今回の調査でも伊藤園の「お~いお茶 緑茶」が複数項目で首位を獲得、僅差でサントリー「伊右衛門」が続く結果となった。しかし、再購入意向ではコンビニPB3商品が上位に入るなど躍進。18年夏の記録的な猛暑が影響し、熱中症対策として安価なPBが選ばれた結果だと考えられる。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.