日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
ゲートキーパー




ゲートキーパーとは

 ゲートキーパー(gatekeeper)」とは、直訳すれば「門番」のことですが、経営学では組織や企業の境界を越えて、その内部と外部を情報面からつなぎ合わせる人のことを指します。組織内の誰とでも何らかの形で接触しており、外部との接触も極めて多い人間である、と言うことができます。


ゲートキーパーの概念の成り立ち

 ゲートキーパーの概念は、1970年代にアメリカの経営学者Allenによって提唱されました。ある研究開発組織内での実際のコミュニケーションの状況を分析したところ、組織の多くのメンバーからコミュニケーションのパスを受け取り、メンバーに有効な情報を効果的に伝える役割を担っている研究者が存在していることが発見されました。その人をゲートキーパーと呼びました。

 ゲートキーパーは、顧客の要望を把握しながら市場の動きを探り、研究開発部門や販売部門との交渉を進めることが可能です。

 たとえば、製品や技術の開発の際に、組織や企業の境界を超えてコミュニケーションをとり、必要な情報をつなぎ合わせる役割を果たす専門知識を持った人のことを指します。また、金融の分野では世間に広く明かされていない優良企業の取り組みについての情報を提供し、投資を促進する役割を担う人のことを指します。


ゲートキーパーの役割

 一般的に、組織には特有の文化や考え方、用語などが存在し、それがコミュニケーションを妨げる要因になっています。ゲートキーパーは組織の内外と接触する機会がきわめて多く、かつ高度な専門知識を持っているため、関連する情報をわかりやすく伝え、コミュニケーションを円滑にすることができます。 

 一方、ゲートキーパーは、組織内外にある大量の情報に精通しており、組織内外の関係者の情報を操作する権限が備わっていることも多いです。そのため、自分に都合の良い情報を流したり、意図的に誤った情報を流したりといった、操作の悪用も可能です。

 製品の開発には多くのプロセスが必要であり、コミュニケーションの面からさまざまな部門を結びつけるゲートキーパーの存在が、新規事業を成功させる要因のひとつとなっている場合もあります。近年は、グローバル化にともなって、関連部署や部門が遠隔地で機能しているケースも珍しくありません。製品や技術の開発の際に、多数の情報源に接触し、膨大な情報量を効率的に処理するゲートキーパーの役割が、ますます重要になってくるでしょう。



おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>2018年、印象に残ったもの
消費者調査データ
2018年、印象に残ったもの

毎年恒例、2018年はどんな一年だったのか。地震や豪雨、台風などの自然災害、安室奈美恵の引退、大谷翔平や大坂なおみの活躍――。今年起こった出来事や人物、歌、商品などから、印象に残ったものを当社モニターに聞いた結果をランキング形式で発表!

消費者調査データ<br>スナック菓子<br>カルビーの王座揺るがず。PBは再購入意向で上位に
消費者調査データ
スナック菓子
カルビーの王座揺るがず。PBは再購入意向で上位に

成長基調にあるスナック菓子市場。今回の調査では、前回までと同様に「ポテトチップス」(カルビー)が全項目で首位を獲得。再購入意向を除く6項目で「かっぱえびせん」「じゃがりこ」が2位、3位を占め、カルビーが強さを見せつけた。一方再購入意向では「セブンプレミアム」や「ローソンセレクト」といったコンビニPBが上位に食い込んでおり、今後NBとPBの間での激しい競争が予想される。

消費者調査データ<br>シャンプー<br>人気のモイストダイアン、ボタニカルは新たな定番に定着できるか
消費者調査データ
シャンプー
人気のモイストダイアン、ボタニカルは新たな定番に定着できるか

2017年のシャンプー市場は横ばいまたは微増とみられている。今回の調査では、過去2回の調査と同様、「ラックス」「パンテーン」「メリット」の3ブランドが上位を占めた。一方で再購入意向では男性向けの「サクセス薬用シャンプー」、オーガニックやボタニカルをうたう「モイストダイアン」「ボタニカルシャンプー」など、はっきりと特徴を打ち出した商品が上位にランクインした。商品の入れ替わりが激しい市場で、これらが定番となれるかに注目したい。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.