日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
TQC・TQM




1.TQCとは

 TQCとは Total Quality Control の略です。文字どおり全社的な品質管理の推進を行うもので、品質管理に関するさまざまな手法を総合的に、かつ、全社的に展開して適用し、従業員の総力を結集してその企業の実力向上を目指すものです。
 TQCは1960年頃から、製品やサービスの品質を維持し、不良品をなくすための管理活動として導入され、日本製品の品質向上に貢献してきました。TQCは具体的にはQCサークル(数名からなる小集団)による活動として展開されます。


2.TQCからTQMへ

 1990年代に入って、奇跡的復活を遂げた米国産業界の変貌は、ひとえにTQM(Total Quality Management)によるといわれました。TQMとは、TQCを発展させた、業務・経営全体の質向上管理ということになります。その成果は日本でも研究され、日本企業にも導入されました。
 1996年4月、TQCの総本山である(財)日本科学技術連盟も、世の中の情勢に呼応するかたちで、従来のTQCをTQMに変更することを表明しました(21世紀を目指すTQM-TQCからTQMへ)。TQMは、製品の品質はもとよりサービス業務の質、経営の質など品質の向上を追求する「品質管理」の方法と定義されています。


3.TQC、TQMの持つ問題点とISO9000シリーズ

 TQC、TQMとは、基本的には、企業の内部において適用されるもので、顧客からはその企業の品質管理手法や品質保証体制がどのようなものであるかは分からないし、どの程度の水準であるのかも分かりません。言い替えれば、企業から見た企業のためのツールです。
 それに対して、ISO9000シリーズ(マーケティング用語集「ISO」参照)は、企業の品質システムを、国際的に定められた基準によって客観的に評価するものです。製品やサービスの品質の保証を、どのような方針の下で、どのような管理体制によって行なっているのかを客観的に評価するものであり、企業から見た顧客のためのツールといえます。
 TQC、TQMは品質システムを向上させるためのツールであり、ISO9000シリーズは品質システムを一定に維持していくためのツールです。従って、両者を組み合わせて実践することで、より強力な品質管理体制ができあがるものと考えられます。



おすすめ新着記事

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
在宅時間の増加で増えるおうちカフェこだわり派

在宅勤務や外出自粛で自宅で過ごす時間が増える中、コーヒーやお茶の飲み方にも"ある変化"が起きている。今回は在宅時間の増加に着目して、コロナ前後でのコーヒーや日本茶の飲み方の変化を探った。その結果、在宅勤務をしている人ほど豆から挽いたコーヒーや茶葉から淹れた日本茶の飲用が増えていることがわかった。コロナ禍で、手間ひまかけて丁寧にコーヒーやお茶を淹れることにより、おうち時間を大切に過ごしたいという意識が垣間見える。

消費者調査データ 日焼け止め<br>盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」
消費者調査データ 日焼け止め
盤石「ビオレUV」、ロングセラーひしめく上位に定着する「スキントーンアクア」

今回の調査では複数項目で「ビオレUV」が首位を獲得した。一方「スキントーンアクア」が再購入意向で首位など、ロングセラーひしめく上位で存在感を増している。10年連続で拡大してきたサンケア市場だが、今年は新型コロナウイルスの影響でインバウンド需要が激減。需要最盛期を前に先行き不透明感が続いている。

企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ベーコン(2020年版)
企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ ベーコン(2020年版)

ベーコンは、伸び率こそ低いものの、生産量は9年連続で拡大している。肉ブームや食の簡便化志向による加工品の伸びにつられる形でのゆるやかな拡大だ。新型コロナウイルスの影響で巣ごもり消費が拡大している。手軽に使えて、精肉よりも保存期限が長く、麺類や加工食品のトッピングなどにも合わせやすいベーコンも、拡大の可能性は高い。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
会員登録のご案内
消費社会白書2020
研修テキストに使える!コンテンツパッケージ販売のご案内
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.