日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



マーケティング用語集
オープンハウス




1.オープンハウスとは

 企業の生産設備や工程、生産にかかわる人や開発チームなどを、得意先やユーザーに知ってもらうことで、企業理念を顧客(取引先業者・エンドユーザー)に浸透させる役割を担っています。項目的には、

  1. 企業理念の理解
  2. 商品理解の促進
  3. メーカーと顧客のコミュニケーション
  4. 流通業者の話題性を高める

などを目的としています。


2.オープンハウスの効果

 得意先やユーザーとのコミュニケーションは様々な場面で繰り返されていますが、販売を目的とした情報が中心で、企業理念や技術情報などの情報は、なかなか理解、浸透されないのが普通です。
 オープンハウスという手法を用いることによって、体験的に企業自体の理解を促進することが出来ます。まさに、家を見てもらい、家族を紹介することによって、得意先やユーザーとフレンドリーなお付き合いを可能にするのです。


3.オープンハウスの企画

 成功の要因は、いかに効果的に情報を伝達するかがポイントです。

  1. オープンハウスを目的とした施設設計をしておくこと
  2. 企業理解を前提として、専任のプレゼンテーション社員を配置すること
  3. マーケティング全般について説明できる社員が同席し、質疑応答に応えられること
  4. 商品サンプルや、企業の歴史などのビジュアルなプレゼンテーションを行うこと
  5. 継続的に、地域住民とのコミュニケーションの場をしておくこと

 近年では、海外に生産拠点をもつことが増えています。キャンペーンの一環として、生産拠点のある海外旅行を企画し、当選者に海外工場をみていただくというケースが増加しています。



おすすめ新着記事

マスク生活で熱中症危険度は高止まり?注目集まる「塩」入り飲料
マスク生活で熱中症危険度は高止まり?注目集まる「塩」入り飲料

今年上期の清涼飲料市場は、外出自粛などの影響を受け前年比10%程度のマイナスとなった。6月以降は回復の兆しがみられ、特に8月は東京都心の猛暑日が1875年の統計開始以来最多を記録するなど、マスク着用とあいまって例年以上に熱中症リスクが増加。メーカー各社も熱中症対策の周知に注力している。(2020.09.16)

新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調
新製品投入やフルーツティーなどで伸びる紅茶飲料、コロナ禍でも好調

2010年をピークに2015年までダウントレンドにあった2紅茶飲料の生産量は、2016年に反転。2019年は119万8,600Kℓで、4年連続の拡大、過去最高を記録した。今年4、5月は新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ペットボトル飲料は全体として低迷したが、紅茶飲料の市場は、トレンドのフルーツティーの新製品やリニューアルで活気をみせている。

伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル
伸びる地域ブランド農産物 拡がる購入チャネル

直売所だけでなく、ネットでの取り扱いの増加などで、地域ブランドの農産物を目にする機会が増えてきている。実際に今回の調査でも、全体の半数を超える人が、最近1年以内に地域ブランド農産物を購入したことがあると答えた。今後の購入意向も高く、多少高くても買いたいと考える人も多い。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ネットチャネルでの購入も増加。加えて消費者の食・健康意識の高まりを背景に、今後も成長余地は大きいとみられる。






マーケティング用語集

【ポップアップ広告】モニター登録
コロナ経営危機を乗り越える!中堅ビジネス向け無料オンライン相談
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.