日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
オープンハウス
オープンハウスとは

 オープンハウスは、企業の生産設備や工程、生産にかかわる人や開発チームなどを、得意先やユーザーに知ってもらうことで、企業理念を顧客(取引先業者・エンドユーザー)に浸透させる役割を担っています。項目的には、

  1. 企業理念の理解
  2. 商品理解の促進
  3. メーカーと顧客のコミュニケーション
  4. 流通業者の話題性を高める

などを目的としています。


オープンハウスの効果

 得意先やユーザーとのコミュニケーションは様々な場面で繰り返されていますが、販売を目的とした情報が中心で、企業理念や技術情報などの情報は、なかなか理解、浸透されないのが普通です。

 オープンハウスという手法を用いることによって、体験的に企業自体の理解を促進することが出来ます。まさに、家を見てもらい、家族を紹介することによって、得意先やユーザーとフレンドリーなお付き合いを可能にするのです。


オープンハウスの企画

 成功の要因は、いかに効果的に情報を伝達するかがポイントです。

  1. オープンハウスを目的とした施設設計をしておくこと
  2. 企業理解を前提として、専任のプレゼンテーション社員を配置すること
  3. マーケティング全般について説明できる社員が同席し、質疑応答に応えられること
  4. 商品サンプルや、企業の歴史などのビジュアルなプレゼンテーションを行うこと
  5. 継続的に、地域住民とのコミュニケーションの場をしておくこと

 近年では、海外に生産拠点をもつことが増えています。キャンペーンの一環として、生産拠点のある海外旅行を企画し、当選者に海外工場をみていただくというケースが増加しています。



おすすめ新着記事

盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区
盤石「カップヌードル」、「きつね」と「どん兵衛」和風麺は激戦区

2019年度のカップめんの生産量は、ほぼ横ばいの39億7,021万食となった。今回の調査でも前回同様、「カップヌードル」が盤石の強さを見せつけた。2位以下では「赤いきつね/緑のたぬき」と「どん兵衛」が僅差でしのぎを削っている。コロナ禍の巣ごもり消費でカップめんの需要は伸びているが、拡大した市場で今後どのようなヒット商品が生まれるかに注目だ。

運動習慣のある人は内側もケアしてる!?ニーズ高まる保健機能食品
運動習慣のある人は内側もケアしてる!?ニーズ高まる保健機能食品

トクホや機能性表示食品などの保健機能食品が注目を集めている。コロナ禍で健康志向が高まっているためだ。今回は、保健機能食品がどのように利用されているのか、またウォーキングやエクササイズなどの運動との関連について調査を行った。

強いカルビー「ポテトチップス」、リピート意向上位に新顔、PBも
強いカルビー「ポテトチップス」、リピート意向上位に新顔、PBも

2019年のスナック菓子市場は小売金額ベースで前年比2.6%増と、堅調な動きを続けている。今春の緊急事態宣言などで在宅時間が増加した際、スナック菓子の需要は大幅に伸びた。人気の中心は定番商品だったが、需要が拡大するなかでコストパフォーマンスに優れたPBや、健康志向を背景にしたギルティフリーを訴求したブランドのリピート意向の高まりもみられる。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.