半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2017年09月21日



ポケット版・会社早わかり
株式会社社コロワイド
17年3月期は大幅減益。市場環境の悪化で

コロワイドの2017年3月期決算の総括と戦略計画

コロワイドの2017年3月期の連結決算は、売上高2,344億円(前期比0.2%増)、営業利益41億円(同40.4%減)と増収減益となった。外食産業は、食材価格や人材費の高騰、競合の激化など外部環境の厳しさが伺われた一年であったが、その中で、主要業態のブランド力の強化を図るとともに、業態コンセプトのブラッシュアップ、「お値打ち感」のあるメニューの提供やサービスの一層の向上などに取り組んだ。店舗運営では、コールセンターやインターネットの活用を進め、予約獲得の機会損失の縮小を図った。またコストに関しては、メニューの見直しによる使用食材の絞り込み、タレ・ソースをはじめとする各種加工製品の内製化の推進、食材の仕入れおよび配送の効率化がなされた。目立った動きとして、北米での「牛角」事業のM&A、(株)フレッシュネスの全株式取得などのM&Aを積極的に行ったことや、かっぱ寿司の再生へ向けた取り組み、MD業務の機能の強化・効率化の注力があげられる。また、海外展開では、中東や東南アジアの展開を拡大している。今後は、財務体質及び収益構造の強化を継続して行い、グループ全体としての効率化・シナジーの最大化に努め、グループ各社の機動的な共同購入による調達力の向上や、各取引先との連携をより一層強めていく。次年度は、売上収益2,485億円、営業利益83億円を目指す。


戦略や業績をより深く分析するには「戦略200+・企業活動分析」をご利用下さい


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.